« サントラ購入から10年目にして初めて本編を観た映画 | トップページ | 追悼・桂歌丸師匠 »

2018年7月 1日 (日)

初めて観た『仮面ライダー剣』

先日、当ブログで紹介した特撮ドラマ『仮面ライダー剣』(テレビ朝日系)。このたび、初めてDVDを借りて観ました。
前回の記事で話題にした「オンドゥル語」(このドラマで生まれたインターネットスラング)目当てだったのですが、ストーリーや登場人物、特撮ならではのアクションシーンに惹かれました。「おっ、これは結構面白いじゃないか」と率直に思いましたね。
肝心のオンドゥル語は、きっかけになった「本当に裏切ったんですか!?」(ネット上では「オンドゥルルラギッタンディスカー」と表現される)以外は、普通に聞き取れました。もっとも日本語字幕付で観たからかもしれませんが
特撮ドラマとあって荒唐無稽な展開も多いのですが、そういう点も含めて楽しめます。ちなみに本放送時(2004年)はオンドゥル語が世間に広まった影響もあって、視聴者はおろか制作者側からもあまり良い評価ではなかったのですが、現在では再評価されてるそうです。

『仮面ライダー剣』のDVDは全12枚あります。ということは全話を制覇するにはあと11枚観ないといけません。
毎週3枚ずつ借りていけば1ヶ月で制覇できるでしょう。今後は近日中に始まる海外ドラマ鑑賞と並行して観ていきたいと思っています。

|

« サントラ購入から10年目にして初めて本編を観た映画 | トップページ | 追悼・桂歌丸師匠 »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サントラ購入から10年目にして初めて本編を観た映画 | トップページ | 追悼・桂歌丸師匠 »