« 関西地区では急遽放送された『ザ・タイムショック』 | トップページ | 回想:某生命保険で働いていた頃② »

2018年9月27日 (木)

『相棒』レギュラー突然の訃報に深い悲しみが…

まさに青天の霹靂、驚いたとしか言いようがないニュースです。

俳優の志水正義さん死去 60歳 「相棒」シリーズで大木刑事役 がん闘病公表
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/27/kiji/20180927s00041000339000c.html

記事題名にあるように、ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)のレギュラー俳優が逝去したのです。がん闘病中であることを公表していたそうですが、全く知らなかった…。

『相棒』で志水さんが演じていた大木刑事とは、いつも特命係を覗き見している凸凹コンビの小柄な方です(大柄の方は久保田龍吉演じる小松刑事)。ほとんどセリフはないけど、ほぼ毎回登場していました。特筆すべきなのは、『相棒』の記念すべき初回であるプレシーズン1(2000年放送)から登場していたこと。実は大木刑事の上司である、組織犯罪対策第五課の角田課長(演:山西惇)より先に登場しているのです(角田課長の初登場は2001年放送のプレシーズン2)。
基本、大木刑事のセリフがあるのは特命係と第五課が合同捜査をする時ぐらいですが、唯一例外だったのはシーズン8の第15話(2010年放送)。この回では、大木・小松の両名が内村刑事部長(演:片桐竜次)と中園参事官(演:小野了)から叱責され、謝罪するシーンがあります。おそらく、内村・中園と絡んだのはこの時だけだったのではないかと思います。よく考えたら、長年同じドラマに出ているのに全く共演してないんですよね。それだけにかなり貴重なシーンだったのではないでしょうか。

志水さんは来月から始まる『相棒』シーズン17にも出演されていたようで、おそらくこれが遺作になるのでは?と思われます。
また、『相棒』の主演である水谷豊が他に主演したドラマにも志水さんは多く出演されていました。『地方記者・立花陽介』シリーズ(日本テレビ『火曜サスペンス劇場』)、『探偵事務所』シリーズ(テレ朝『土曜ワイド劇場』)などがその一例です。

『相棒』の出演者、スタッフを始め、多方面から悲しみの声が寄せられています。私もとても悲しんでます。『相棒』を支えた名脇役が亡くなったのですから…。

ご冥福をお祈りします。合掌

|

« 関西地区では急遽放送された『ザ・タイムショック』 | トップページ | 回想:某生命保険で働いていた頃② »

ニュース」カテゴリの記事

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関西地区では急遽放送された『ザ・タイムショック』 | トップページ | 回想:某生命保険で働いていた頃② »