« 帰省前に運行再開に安堵 | トップページ | Bリーグプレシーズンゲーム初観戦 »

2018年9月16日 (日)

映画『ザ・プレデター』鑑賞会

本日はなんぱパークスシネマでの映画鑑賞会でした。
観た映画は『ザ・プレデター』。人気SFアクションシリーズの最新作です。
あらすじは以下の通りです。

家に届いた箱の中に入っていたもので遊んでいた少年は、謎めいた装置を起動させてしまう。装置からシグナルが発信され、さまざまな惑星で生物をハンティングしてきた地球外生命体プレデターがやって来る。地球に到着し狩りを始めて人々を震え上がらせるプレデターに傭兵(ようへい)たちが対抗しようとするが、人知を超越した格闘や殺害のスキル、異種交配を経てきたことで遺伝子レベルであらゆる能力がパワーアップした彼らに苦戦を強いられる。
(Yahoo!映画より抜粋)

本作は1987年公開の第一作目『プレデター』の続編という位置づけです(監督のシェーン・ブラック自身が第一作目に俳優として出演しています)。そのためか、第一作目を髣髴とさせるシーンが多く、またストーリー展開も似通っているので、歴代の『プレデター』の中で特に第一作目が好きな私は大変楽しく鑑賞させてもらいました。メインテーマ曲も第一作目と同じであり、これもファンを喜ばせる要素だったと思います。
毎回、プレデターの驚異的な戦闘力に地球人が翻弄されるシーンが定番となってますが、本作でもそれは健在(?)でした。傭兵たちの銃撃にびくともしない描写は、恐怖感を非常に煽るものでした。
シリーズを重ねるごとに描写が過激になっているためか、R指定となっています。地球人がプレデターに惨殺されるシーンがその象徴と言えるでしょう。

ラストシーンを観る限り、今後も続きそうな気配です。制作元にとっても、大きな集客力を持つシリーズですから、まだまだ続けたいと思っているのでは?と勝手に決め付けていますsmile

今年に入ってからは初の洋画鑑賞でした。一応、次回も洋画を鑑賞する予定ですが、映画館はTOHOシネマズなんばになりそうです。候補の映画『デス・ウィッシュ』がパークスシネマでは公開されないようなので…。

お付き合いいただいたひでき氏に感謝すると共に、次回もよろしく!とお願いしておきますhappy01

|

« 帰省前に運行再開に安堵 | トップページ | Bリーグプレシーズンゲーム初観戦 »

洋画」カテゴリの記事

コメント

1日良い気分転換になりました。
また行きましょう。
帰省気をつけていってらっしゃい!

投稿: ひでき | 2018年9月18日 (火) 08時14分

>ひでさん
ありがとうございました。
何とか無事に帰省できそうです。
戻って来る時も無事でいたいです

投稿: てつ | 2018年9月18日 (火) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰省前に運行再開に安堵 | トップページ | Bリーグプレシーズンゲーム初観戦 »