« 今月観る予定の2時間ドラマスペシャル2本 | トップページ | 愚かというか、世の中を舐めているというか… »

2018年11月16日 (金)

2019年最初に観る予定の映画『クリード 炎の宿敵』

来年1月11日より公開される映画『クリード 炎の宿敵』。2015年に公開された『クリード チャンプを継ぐ男』の続編です。
前作はシルベスタ・スタローン主演の『ロッキー』シリーズのスピンオフとして制作されました。つまり『炎の宿敵』は『ロッキー』のスピンオフ第2弾ということになります。
前作『チャンプを継ぐ男』にて、ロッキー(スタローン)が育て上げた若手ボクサー、アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)の活躍を描きます。本作にてアドニスと戦う相手は、アドニスの父・アポロをリング上で殺したイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)の息子、ヴィクトル・ドラゴ(フローリアン・ムンテアヌ)という、まさに"因縁の対決"であります。

↓予告編を観る限り、前作同様に熱い戦いを繰り広げられるようです。迫力あるボクシングシーンに釘付けになりました。


1月11日公開ということで、これが2019年最初に映画館で観る映画になりそうです。
今年はなかなか映画館で洋画を観る機会がありませんでしたが、来年はいきなり洋画を観ることになるかもしれません。

観に行くからには楽しまないとなぁ

|

« 今月観る予定の2時間ドラマスペシャル2本 | トップページ | 愚かというか、世の中を舐めているというか… »

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月観る予定の2時間ドラマスペシャル2本 | トップページ | 愚かというか、世の中を舐めているというか… »