« 地元の人間が起こした暴行事件 | トップページ | 【CM】パチンコパーラードーム »

2018年11月20日 (火)

2020年公開:『Fukushima 50』

2011年3月11日といえば、言わずと知れた東日本大震災が起きた日ですが、同時に福島第一原子力発電所事故(以下、"原発事故"と呼称)が発生した日でもあります。
これまで原発事故を取り扱ったドラマやドキュメンタリーは多く制作されてますが、映画はほとんどありません。が、2020年に『Fukushima 50』として本格的に制作されることとなりました。

詳細:
https://cinema.ne.jp/news/fukushima502018112017/

主演は佐藤浩市、そして準主演が渡辺謙。佐藤は事故の現場を指揮する当直長を、渡辺は当時の原発所長だった吉田昌郎さん(故人)を演じます。
この2人が出演するということは、相当大きなスケールで描かれるのではないかと思います。他のドラマやドキュメンタリーよりも緊迫感が高いことは間違いないでしょう。
福島の原発事故に強い関心を抱いている自分にとって、ぜひ観たい映画であります。ただ、実際の公開まであと2年ぐらい待たなければならないのがちょっと辛いかな?

事故から7年経った現在も収束していない福島第一原発。すでに廃炉となることは決定していますが、それが完了するまで非常に長い年月が費やされるのです。完了したときには、この事故をリアルタイムで知ってる世代はこの世からいなくなっているかもしれません。

決して風化させてはならないですね。

|

« 地元の人間が起こした暴行事件 | トップページ | 【CM】パチンコパーラードーム »

邦画」カテゴリの記事

コメント

映画化には賛成です。
あの日何が起こったのか知りたいですね。
ヘリコプターで上から水をかけていた時、どれだけやばい状況だったか
改めて原発の事故の怖さを再認識するはずです。

投稿: ひでき | 2018年11月21日 (水) 07時49分

>ひでさん
公開されたら一緒に行きましょう。
これは日本国民として観ないといけない映画だと思ってます。
事故の模様がどこまで再現されるのかわかりませんが…。

投稿: てつ | 2018年11月21日 (水) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地元の人間が起こした暴行事件 | トップページ | 【CM】パチンコパーラードーム »