« 新旧『ルパン三世』TVスペシャル放送 | トップページ | キャプテンスタッグカジュアルシューズ »

2018年12月26日 (水)

【回想】退社から数年後にDM送付してきたバカ会社

回想シリーズ新作です。

今回は何度も回想のネタにしている最初の所属会社・B社にまつわるエピソードを書きます。とにかくネタがいっぱいあるんですよねー、ここの会社は。

もはやブラック企業であることは間違いないB社ですが、私が退社してから数年後、自宅宛に一通の封書を送付してきました。
「とっくの昔に退社している会社から何が届いたのか?」とおそるおそる開封してみると、そこには「今度、我が社ではとてもよいサービスを始めた。良かったら使ってほしい。絶対に皆さんのスキルアップに繋がるから」という、案内文が書かれていました。いわゆるダイレクトメール(DM)だったのです。
最初にそのDMを読んだ時は、「なんじゃこりゃ?」と思わず呟いてしまいました。全く意味がわかりませんでしたので。何回も読み直してようやく理解できたのですが、怒るよりも呆れてしまいました。「退社している元社員まで利用して、自社のサービスを使うユーザーを増やしたいのか」と。
肝心のサービスは今となってはうろ覚えですが、「使用しているパソコンにファイル共有ソフト等が入ってないかを確認できる」という、ウイルス対策・駆除のソフト?だったはずです。なぜ、これがスキルアップに繋がるのかわかりませんが、とにかく使ってくれるユーザーを増やしたかったんでしょうね。だからこそ、こんな恥知らずな真似ができたのです。
言葉は悪いですが、「バカ会社」ですよ、明らかに。

というより、「元社員にもサービスの案内を送る」ことを発案した人物の顔を見てみたいです。まず考え付かないですからね、こんなことは。おそらく元社員でそのサービスの利用を希望した人間はいないと思います。
この案内を送るのに大量の封筒と切手を使っています。当然のごとく、その分の費用がかかっています。完全に無駄遣いですね。

このDM送付はもう10年近く前の話ですが、今でも記憶に残っています。というか、経験者で忘れる人は少ないでしょう。ありえない話ですから。
B社に一言言うとしたら「そこまでするか」です。現職の社員のみならず、元社員も未だにB社の奴隷と勘違いしている。DMが送られてきた時は、まさかここまでバカ会社だったとは思いませんでした。
今回の記事ではB社をとことんこき下ろしちゃいましたね

本記事が今年最後の回想シリーズです。来年も沢山書くことになると思います。まだまだネタは尽きないので

|

« 新旧『ルパン三世』TVスペシャル放送 | トップページ | キャプテンスタッグカジュアルシューズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新旧『ルパン三世』TVスペシャル放送 | トップページ | キャプテンスタッグカジュアルシューズ »