« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

一年の終わり・2018

104ee1cfdf1c51394c89ed1ead5f4f1c_s

2018年も今日で終わりです。
特に大きな出来事はなかったと思いますが、お別れがいくつかありました。一緒に仕事をした戦友が職場を離れてしまいました。うち2名は関係の深い方でしたので、お別れの時はとても寂しい思いをしました。
中には理不尽な理由によるお別れだったケースもあり、そこは今も納得してないのですが

一方で6年ぶりの資格試験合格もありました。もっとも新規ではなく、再取得ですが、これを機にまた今持っているスキルを伸ばせられればと思っています。
来年の自分の漢字は「」でしょうか。今年は「」でしたので。

最後に一言
いつもこのブログを読んでくださってる方々、本当にありがとうございます!
来年以降もよろしくお願いいたします!

               2018年大晦日 てつ

| | コメント (0)

2018年12月30日 (日)

松山千春唯一の出演映画『極道戦争 武闘派』

今年最後に手に入れたDVD『極道戦争 武闘派』。1991年11月に公開された中島貞夫監督のヤクザ映画が収録されています。
この映画には一つ大きな特徴があります。それは歌手・松山千春が俳優として出演していることです。しかも、中井貴一とのダブル主演なのです。
本映画のあらすじは以下の通りです。

九州全土を揺さぶった暴力抗争の真只中。その最前線を突っ走る若き野獣達。いつしかその若者達は“九州武闘派”と呼ばれるに至った。博多の縄張りをねらう後進の戦闘的組織・神崎会に属する沈着冷静な切れ者タイプの誠(中井)と、怖い者知らずの戦闘派タイプの勝司(千春)。タイプは違うものの共に壱岐島から出て来た幼なじみ。二人には冴子(増田恵子)という女友達がおり、彼女もまたそんな二人の愛に揺れ動くのだった。やがて神崎会は、博多を長く仕切ってきた城戸組と全面戦争を始める。

舞台が博多ということで、出演者は全員博多弁を喋っています。当然、千春も博多弁ですが、違和感がありすぎまぁ、これは仕方ないですね。とはいえ、迫力ある演技は秀逸で、博多弁で怒鳴りながら拳銃をぶっ放すシーンは、本業の俳優顔負けです。
千春は本作公開後に第15回日本アカデミー賞優秀助演男優賞・新人俳優賞を受賞しています。にも関わらず、本作以降は俳優としての活動はほとんどしていません(ドラマに2本出ただけ)。「自分の本業は歌手」というポリシーを貫いているからでしょうか。つまり、本作は千春が唯一出演している映画ということになります。

なお、本作での共演がきっかけで中井と千春は今も親交が深いそうです。

この映画は一度テレビ放送で観ていますが、全編ではなく断片的でした。よって、本格的に観たのは今回が初です。
千春ファンとしてはおさえておかないといけない映画でしょうね。何より91年当時の千春の姿を観れる貴重な映像でもありますから。
申し訳ないですが、もうかなり頭髪が薄くなっていました。実際、この映画公開から1年後に現在の髪型であるスキンヘッドにされています。

せっかくDVDとして手に入れたので、これからも繰り返し観ていきます。

| | コメント (0)

2018年12月29日 (土)

視聴する2018-2019年末年始特番 映画・ドラマ・アニメ編

昨日に続き、視聴する年末年始特番の記事です。今回は映画・ドラマ・アニメ編となります。

1/1
相棒 season 17 元日スペシャル(テレビ朝日)

1/2
ルパン三世 ワルサーP38(サンテレビ)

1/3
アナと雪の女王/家族の思い出(テレビ朝日)

1/4
釣りバカ日誌 新米社員浜崎伝助 結婚式大パニック編(テレビ東京)

1/5
新・ミナミの帝王 過去からの罠(関西テレビ)

1/6
祝!50周年イヤー突入 サザエさんお正月SP(フジテレビ)

こうして列挙してみると、よくこれまで視聴する番組が沢山あるなーと自分のことながらそう思ってしまいます。
本当、年末年始は"テレビっ子"ですね

『相棒』、『釣りバカ日誌』、『新・ミナミの帝王』については、完全に正月特番の定番となったと言えます。『相棒』は言わずもがなですが、『新・ミナミの帝王』についても、毎年1月に放送されるのが恒例ですからね。

私の仕事始めは1月4日からなのですが、その後も"テレビっ子"状態は終わらないです。あまり観すぎて眼をおかしくないよう、気をつけます!

| | コメント (0)

2018年12月28日 (金)

視聴する2018-2019年末年始特番 バラエティ編

いよいよ年末年始の始まりです。
毎年この時期は視聴するバラエティ特番が多く、テレビの前に居る時間が長いです。おかげで足が痛くなる始末
どうやら、この年末年始も視聴する特番が多いようです。以下にその対象となる特番を記載します。

12/30
うわっ!ダマされた大賞 2018年の顔に超ド級ドッキリ!マツコにも超絶ワナ!(日本テレビ)

12/31
探偵!ナイトスクープ年忘れファン感謝祭2018もう一度見たい感動の名作一挙放送(ABCテレビ)
ガキの使い!大晦日年越しSP!絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時(日本テレビ)

1/1
笑点お正月だよ大喜利祭り!(日本テレビ)
芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2019お正月SP(ABCテレビ)

1/2
芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月SP(ABCテレビ/前年度の再放送)
新春!オールよしもと初笑いスペシャル(ABCテレビ)

1/3
お正月だよ!朝も昼もよしもと新喜劇!(毎日放送)
よしもと新喜劇お正月SP「家族円満が一番い~のしし!」(毎日放送)

1/5
逃走中 ~ハンターと進撃の恐竜〜(フジテレビ)
ガキの使い!絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!完全版SP(日本テレビ)


この他にドラマと映画もあるので、更に視聴する番組が増えます。
今回も日テレとテレビ朝日(ABCテレビのキー局)の特番を中心に視聴することになりました。一方でNHKの特番は全く視聴しないことになります。

やはりピークは大晦日と元旦ですね。共に夕方から深夜帯まで、ずっとテレビの前に居ますから。
年末年始は毎日買い物に行くはずですが、それ以外は原則家にこもりきりです。どう考えても運動不足になるので、年末年始の間は毎日やっているスクワットの回数をちょっとだけ増やそうと思ってます。

| | コメント (0)

2018年12月27日 (木)

キャプテンスタッグカジュアルシューズ

通勤用として履いているカジュアルシューズがかなりボロボロになってきたので、昨日に新しいものを買ってきました。
新たに買ったのはキャプテンスタッグのカジュアルシューズ↓。少し大きめですが、自分の希望する条件とほぼ合致してました。


早速、今日から履いています。まだ慣れてないため、歩きづらく、履いた後の足の痛みもあります。慣れるまでちょっと時間かかりそうです

私が希望する靴の条件とは、防水加工されていること。これがないと、雨の日が大変です。ある靴にいたっては、靴全体がずぶ濡れ状態になったぐらいでした。
その反省から、靴は絶対に防水加工されているものを選びます。今回もそれを第一条件にして選んだのが↑の靴だったんですね。また、買ったお店が昨日と今日、靴を2割引で買えるセール期間中だったことも理由でした。要は通常時より安く靴を買えるからということです。

キャプテンスタッグの靴を履くのはおそらく初めて。こんなメーカーがあったとは知りませんでしたね。靴以外にも様々なアウトドアグッズを販売している会社だったとは…。

もしかしたら、次回もキャプテンスタッグの靴を買ってるかもなぁ。

| | コメント (0)

2018年12月26日 (水)

【回想】退社から数年後にDM送付してきたバカ会社

回想シリーズ新作です。

今回は何度も回想のネタにしている最初の所属会社・B社にまつわるエピソードを書きます。とにかくネタがいっぱいあるんですよねー、ここの会社は。

もはやブラック企業であることは間違いないB社ですが、私が退社してから数年後、自宅宛に一通の封書を送付してきました。
「とっくの昔に退社している会社から何が届いたのか?」とおそるおそる開封してみると、そこには「今度、我が社ではとてもよいサービスを始めた。良かったら使ってほしい。絶対に皆さんのスキルアップに繋がるから」という、案内文が書かれていました。いわゆるダイレクトメール(DM)だったのです。
最初にそのDMを読んだ時は、「なんじゃこりゃ?」と思わず呟いてしまいました。全く意味がわかりませんでしたので。何回も読み直してようやく理解できたのですが、怒るよりも呆れてしまいました。「退社している元社員まで利用して、自社のサービスを使うユーザーを増やしたいのか」と。
肝心のサービスは今となってはうろ覚えですが、「使用しているパソコンにファイル共有ソフト等が入ってないかを確認できる」という、ウイルス対策・駆除のソフト?だったはずです。なぜ、これがスキルアップに繋がるのかわかりませんが、とにかく使ってくれるユーザーを増やしたかったんでしょうね。だからこそ、こんな恥知らずな真似ができたのです。
言葉は悪いですが、「バカ会社」ですよ、明らかに。

というより、「元社員にもサービスの案内を送る」ことを発案した人物の顔を見てみたいです。まず考え付かないですからね、こんなことは。おそらく元社員でそのサービスの利用を希望した人間はいないと思います。
この案内を送るのに大量の封筒と切手を使っています。当然のごとく、その分の費用がかかっています。完全に無駄遣いですね。

このDM送付はもう10年近く前の話ですが、今でも記憶に残っています。というか、経験者で忘れる人は少ないでしょう。ありえない話ですから。
B社に一言言うとしたら「そこまでするか」です。現職の社員のみならず、元社員も未だにB社の奴隷と勘違いしている。DMが送られてきた時は、まさかここまでバカ会社だったとは思いませんでした。
今回の記事ではB社をとことんこき下ろしちゃいましたね

本記事が今年最後の回想シリーズです。来年も沢山書くことになると思います。まだまだネタは尽きないので

| | コメント (0)

2018年12月25日 (火)

新旧『ルパン三世』TVスペシャル放送

来年1月25日、『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)枠で放送される『ルパン三世 グッバイ・パートナー』。大人気アニメ『ルパン三世』のTVスペシャルです。
テレビスペシャル版の新作は実に3年ぶり。そのことに加え、今作での主人公・ルパンの敵は何と相棒であるはずの次元大介。この紹介文だけでも「観る価値あり!」と思えちゃいますねTVスペシャル版とあって、壮大なストーリー展開となるのは必然的です。
その前週(1/18)には前作となる『イタリアン・ゲーム』(2016年放送)が再放送され、更には元旦にサンテレビ(関西地区)にて『ワルサーP38』(1997年放送)が再放送されます。『ワルサーP38』は未視聴なので、こちらは観ておかないといけないです。
というわけで来月は新旧『ルパン』のTVスペシャルが放送される月となります。『ルパン』ファンの一人として、とても嬉しいです!

| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

北朝鮮に関する書籍では初めて読む本になるかも?

今年7月に創刊された産経NF(ノンフィクション)文庫。文字通り、ノンフィクション作品を文庫化したものとなります。
毎月1~2冊刊行されており、すでに7冊が刊行済みとなっています。そのうちの1冊である、『金正日秘録-なぜ正恩体制は崩壊しないのか』(著者:李相哲)を先日書店で見つけました。少し立ち読みしてみると、自分が知りたい北朝鮮の話が結構載ってそうな感じでしたので、これを来月読む本の候補の1冊にしようと思いました。
数年前から北朝鮮情勢(特に日本人拉致問題)に関心を寄せている私ですが、今のところ北朝鮮に関する書籍は1冊も読んでません。なので、これが最初に読む"北朝鮮本"となるはずです。
北朝鮮という国はベールに包まれている点が多いと個人的に感じています。メディアでは断片的にしか報じられないので、詳細に記されているこちらの本は知らないことを沢山知ることができるのでは?と期待しています。

考えてみると、金正日体制となってから北朝鮮情勢がメディアで取り上げられることが多くなったように思います。前任である金日成は、まだ好意的に見られることがありますが、正日および日恩は北朝鮮以外ではほぼ確実に批判されます。その理由もこの書籍を読めばわかるんでしょうね。

どうやら年明け早々、かなり重い内容の本を読むことになりそうです

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

2018年のクリスマスケーキ

一日早いですが、クリスマスケーキを買ってきました。
といっても、どうせ独り者ですから、ホールケーキなんていりませんので、ショートケーキ2つのシンプルなものです。
近所のイオンで買ってきました。大好きなチョコケーキです。

S_img_1513
夕食後にデザートとして1つ食べました。柔らかいケーキ生地と上品なチョコの甘さがVery Good!です。
残りの一つは明日食べます。

ケーキはこういう時ぐらいしか食べないものです。それだけに食べる時は存分に味わえるようにしています。が、美味しくてついつい急いで食べてしまうことも
今日も若干急いで食べてしまったので、明日はゆっくり食べるようにします!

| | コメント (2)

2018年12月22日 (土)

年末にドキュメンタリードラマ2本放送

今月25日に放送される『戦後重大事件の新事実2018』(TBS系)。文字通り、戦後に起こった数々の事件を特集したドキュメンタリーです。
三原山噴火(1986年)、全日空61便ハイジャック事件(99年)、東海道新幹線無差別殺傷事件(2018年)などが取り上げられ、それらの実録ドラマも放送されます。
更にはJR福知山線脱線事故(05年)も取り上げられるそうで、事故当時福知山沿線に住んでいた自分にとっては見逃せない番組になると思います。

予告編:


その3日後の28日には、『戦後最大の~』と同じ趣旨である『平成ニッポンの瞬間映像ランキング30』(日本テレビ系)が放送されます。
こちらでは、連続幼女誘拐殺害事件(88~89年)、秋葉原無差別殺傷事件(08年)などが取り上げ、やはり実録ドラマも放送されます。

予告編:


もうすぐ平成が終わるということで、今後もこの手の番組が多く放送されそうですね。

というわけで、この年末年始も観たい番組が目白押しです。休暇中はほとんどテレビの前に居るでしょう。運動不足になりそう

| | コメント (2)

2018年12月21日 (金)

LinuC受験チケット申し込み完了

今月末まで実施されている「LinuC受験チケット50%OFF」キャンペーン。文字通り、コンピュータOS・Linuxの資格試験であるLinuCの受験チケットが50%オフで購入できるキャンペーンです。
こちらはLinuCの前身であるLPICに合格かつ、LPICの有意性が切れているユーザー向けのキャンペーンです。私はまさにその対象です。これを利用すれば、半額で試験を再受験できます。受験料は15000円(税抜)と高価なので、このキャンペーンを利用しない手はありません。
昨日に申し込みが完了しました。あと10日で期限を迎えるわけですから、間に合ってよかったという感じです

今回申し込んだのはレベル2の201試験です。レベル2に認定されるには、201と202に合格する必要があります。
レベル2には7年前に認定されてますが、有意性の期限は5年なので、すでに切れています。だから再受験しなければならないのです。
すでに試験勉強をしている最中ですが、まぁ難しい前回もかなり苦労しましたし、一度不合格にもなっています。それだけ難しいということなんですよ。

なお、チケットを利用できる期限は来年の3月末までとなっています。前述したように難しい試験なので、ギリギリまで勉強して受けようと思ってます。

| | コメント (0)

2018年12月20日 (木)

大阪メトロCMの撮影地

先月より放送されている大阪メトロのテレビCM。
女優の本田翼をイメージキャラクターに、大阪の街が映し出されている内容がいい感じです。

そのCMのメイキング映像が公開されています。CM本編からでもわかりますが、本田が登場する場面は梅田スカイビル(大阪市北区)で撮影されています。空中庭園へ向かうエスカレーターと展望台でそのことがわかりますね。

メイキング映像:


これまでに5回ほど、空中庭園に足を運んでますが、この映像を見たらまた行きたくなりました。
ただ、行くための口実がない…。過去5回共に空中庭園で画家の個展が開かれており、それを見るために足を運びました。最近はその画家の個展は別のところで開催されるようになったので、行く用事がなくなっちゃったんですね。今後行くことはあるだろうか…。

余談を一つ。
梅田スカイビルで撮影されたCMは、大阪メトロ以外ではアサヒスーパードライがあります。



こちらは1995年に放送されました。故・山際淳司さんがスカイビルのレストランで、スーパードライを飲みほすという内容でした。
くしくもこのCMが放送されてまもなく山際さんは逝去されました。遺作と言っていいかもしれません。

| | コメント (0)

2018年12月19日 (水)

CD鑑賞記 ベストコレクション ~男の歌日記~/オール巨人

今年11月に発売されたオール巨人師匠のCD『ベストコレクション ~男の歌日記~』。ベストと題されている通り、師匠がこれまで発売してきたシングル曲を1枚のアルバムにまとめたものです。

収録されているのは全12曲で、うち7曲はすでに別のCDで音源を所持しています。よって、それ以外の5曲がお目当てでしたね。中でも「土佐堀川」、「墨絵色の街」、「瞳の中で愛せたら」、「商人」は、現時点でこのアルバムでしか聴く事のできない曲なので、初めて聴く時はワクワクしましたね「土佐堀川」を歌われた時の師匠は30代前半とあって、若さがみなぎってるなーと思いました。現在の重厚で渋みのある歌声とは、また違う味わいがありますね。
他、芸能生活40周年シングルである「天国への手紙」、NHKのラジオ深夜便で放送されて好評を博した「男の子守唄」、間奏のサックスが心地よい「大阪ロンリー・トゥナイト」もVery Good!ですね。

そして、ラストを飾る「たった独りのアンコール」は、本アルバムのために録音された曲です。師匠の盟友・やしきたかじん(故人)の代表曲のカバーであり、これも素晴らしいです。

本業は漫才師の巨人師匠ですが、歌手としての腕も一級品です。それを証明するのが本作でしょう。師匠の歌う曲はジャンルで言えば歌謡曲でしょうが、演歌も歌いこなす音域をお持ちです。実際、本作には2曲演歌が収録されています。
ぜひともまたアルバムを出してほしいものです。次回作は新曲+師匠の敬愛する曲のカバーという構成にしてくれたら…と個人的に思いました。

すでに本作発売を記念したミニライブを各地で開催されてますが、本格的なライブもやっていただきたいです。実は1年半前に京都でライブをされているのですが、都合がつかず行けませんでした。
次は行けるようにしたいです!

| | コメント (0)

2018年12月18日 (火)

【回想】似た者同士②C社長とD社長

「回想/似た者同士」シリーズの第2弾です。
今回は2番目に在籍した会社の社長(C)と3番目に在籍した会社の社長(D)について、回想します。

 

似た者同士と称するからには、どちらも共通点があります。その共通点の一つが「社員にお金をかけない」です。その事例を箇条書きにすると、以下の通りです。

・通勤定期代を支給しない
・資格取得を指示しておきながら、受験料を肩代わりしない。資格手当ても出さない
・昇給なし、賞与もなし(どちらも求人票にはあることが明記されている。明らかに虚偽)
・社長自身は経費を使いまくっている

 

当然のことながら、このような会社ですから、離職者が多かったです。結果、現在はどちらの会社も現存しておりません。Cは譲渡により会社を手放し、Dの会社は倒産しました。

 

そして、もう一つの共通点は社員を評価する指標が「長時間労働をしている・していない」のみであること。その証拠にどちらも一ヶ月の合計勤務時間に上限を設けていました。
Dの場合は、160時間を越えなければ、足りなかった分を給料から差し引くという規定でした。この規定のせいで、給料を減らされたくないがために、毎日残業しなければならず、苦痛でしたね。しかも当時は有給制度がなかったため、帰省する期間も最小限に留めていました。
Cの場合は、もともとそのような規定はなかったのですが、後に設けるようになりました。こちらは155時間を越えなければ、最低賃金しか払わないというもので、Dよりもはるかに悪質な規定でした。なぜこの規定を作ったのかというと、「IT技術者は月155時間以上働かないとスキルアップにならない」という理由らしいですが、本心は単に「給料払いたくない」というものでしょう。
このことを知った時は、「そこまでして給料払いたくないのか」と心底呆れましたね。
なお、どちらの規定も月の勤務日数に影響しません。つまり、勤務日数が少ない月ほど不利になります。CもDも正月やゴールデンウィークのある月はさぞかし喜んでいたんじゃないですかねー。

 

実はCとDは取引のある会社でした。もともとDの会社にあった規定をCが模倣したんですね。
どうせ模倣するなら、まともな規定を模倣するべきでしょうに。今思えば、悪いところばかり模倣してましたね。

 

今はC・Dお互いに縁が切れています。双方に「あんたらはお互い似た者同士だね」と言ったら、確実に「あんなのと一緒にするな」と反論されるでしょうが、双方を知っている人間からしてみれば似た者同士であることは一目瞭然です。

 

かつては経営者として、肩で風を切っている立場だったC・Dですが、今はその面影が全くないぐらい落ちぶれています。そうなってしまった原因は、「自分本位かつ他人を馬鹿にしているから」、これに尽きます。

 

やっぱり人間には謙虚さが必要なんだなーと奴らを見てそう思います。こいつらもとてもいい反面教師でした。
本当、こいつらは一回病院行った方がいいですよ、冗談じゃなく。ここまで自分本位なのは病的としか思えないし。

 

最後に一言。
毎回書いてますが、どうしても長文になっちゃいますねー。こちらのシリーズ。短くできないのが難点

| | コメント (0)

2018年12月17日 (月)

伊賀の天然水炭酸水ライム

また美味しい炭酸水を発掘しました。サンガリアより販売されている『伊賀の天然水炭酸水ライム』です。

文字通り、ライムのフレーバーが入った炭酸水です。実際に飲んでみると、「ライムチューハイから甘みとアルコールを取り去った感じかな?」と思いました。レモンやグレープフルーツの炭酸水とは違う、爽やかさがありました。
これも今後飲み続けて生きたい炭酸水の一つですねー。ただ、あまり近所に取り扱っているお店がないようです。残念

サンガリアから販売されている炭酸水はノーマル(何の風味もないもの)、レモン、グレープフルーツ、ライムの4種類です。サンガリアの関連会社であるハレーインクの炭酸水はよく飲んでますが、サンガリア自体の炭酸水はほとんど飲んだことがありませんでした。
これを機にサンガリアの炭酸水もどんどん飲んでいこうと思います。美味しい上に安いのが魅力的なので

| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

iPhone充電ケーブル買い替えその2

今年8月に100円ショップで買った、iPhone充電ケーブル。
買った当初は手軽に充電できると喜んでいたのですが、買って4ヶ月経った数日前充電できなくなりました。正確には充電はできるものの、途中で切れてしまいます。その際、画面に「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示されるのです。
このメッセージをGoogleにて検索したところ、以下のサイトがヒットしました。

9つの方法で「このアクセサリは使用できない可能性があります」を解決する
https://www.imobie.jp/support/fix-this-accessory-may-not-be-supported.htm

上記に「100均一のケーブルと接続すると、"このアクセサリは使用できない可能性があります"が表示される可能性がある」と書かれていました。まさに自分が使っていたのは100均一です。そのために該当のメッセージが表示されていたのでした。

このまま、100均一のケーブルを騙し騙し使うことも考えましたが、やはりきちんとしたものを使った方がよいと結論を出したため、本日電気店にて新たなケーブルを買ってきました。
それが↓です。



早速使ってみると、途切れることなく充電できています。買い換えて正解でしたね。
ケーブルもさることながら、そろそろiPhoneそのものも買い換えなければならないでしょう。多分、バッテリーがかなり劣化してきていると思われるので。
使い心地がよいので、できればこのまま使い続けたいですが、それは無理ですね。いずれは買い換えないといけないです。

| | コメント (2)

2018年12月15日 (土)

夕張財政再生に影響あり?北海道知事選

今日、報じられたこちらのニュース。財政破たんした夕張市にどう影響するかが気になりました。

夕張市長、北海道知事選出馬に含み 「しかるべき時期に決断」
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20181214/k00/00m/010/022000c

上記記事にもあるように、現職の高橋はるみ知事の参院選出馬に伴い、その後任として夕張市長の鈴木直道氏がリストアップされたのです。
確かに後任としてふさわしい人物です。財政破たんした夕張を徐々にいい方向に進めていった功績は大きいので、今度は北海道全体を統括してほしいということなのでしょう。
ただ、夕張の再生はまだ始まったばかり。完全な状態となるまで、相当年数が必要でしょう。完全な状態になるまで鈴木氏に市長をやってもらうのが妥当ではないか?と余計なお世話ながらそう思いました。

どうやら鈴木氏は知事選出馬に前向きのようなので、出馬したら必然的に夕張市長選挙も行うことになります。これが夕張の財政再生に悪い影響が出なければよいのですが…。
せっかくここまで紆余曲折ありながらも徐々に再生していってるので、この流れを止めるわけにいかないでしょう。

おそらく毎月購読している北海道の月刊誌の来月号にて、知事選の特集が組まれるはずです。まだ今月号が届いてないですが、今から来月号を期待しております。かなり気が早いけど

| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

【CM】1989年の北海道ローカルCM

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

1989年に放送されたローカルCM集です。
トップを飾るのは「道新スポーツ」。このCMソングは聞き覚えがあります。今でも放送されてるのかなー?
ロゴが特徴的な「花嫁たんすのフルタ」、現在も人気観光施設である「ルスツ高原」(現・ルスツリゾート)、こちらもCMソングが印象的な「アサヒビール園」など、見覚えのあるCMが目白押しなので、ローカルCMフリーク(?)の自分にとっては嬉しいCM集です。

ただ、やはり一番の目玉なのはテーマパーク「石炭の歴史村」(夕張市)のCMです。夕張の観光施設の象徴的存在だった同テーマパークですが、夕張が財政破綻した今となっては"負の遺産"の代表格となってしまいました。上記動画では、『仮面ライダー』のヒーローショーがPRされています。このことから当時はまだ活気があったことが伺えます。
他ではアミューズメント施設「札幌テルメ」(現在は閉鎖)のCMも印象的ですね。オリジナルのCMソングは、何回も耳にしました。

放送されていたのが1989年ということは、まさにバブル全盛期です。それを象徴するかのように、観光施設のCMが多いです。
これも毎回書いてますが、北海道に限らず、バブル時代にあった観光施設で現在も残っているのはどれぐらいあるでしょうか。少なくとも半分は消えているのでは?と予測しています。
懐かしのCMを見れて嬉しい反面、すでに閉鎖されている観光施設のCMを見ると複雑な気持ちになります…。

| | コメント (0)

2018年12月13日 (木)

年越しではないけど、新作放送はされる『クイズサバイバー』

2014年から4年間、テレビ朝日は大晦日に『くりぃむ VS 林修!超クイズサバイバー』を放送し、この番組で年越しをしました。
今年の大晦日もそうなるのだろうと思っていたのですが、数日前に「今年は『よゐこの無人島0円生活』で年越しをする」と報じられました。
「あれ?『クイズサバイバー』はもう放送されないのか?」と思っていた矢先、今月20日に『クイズサバイバー』3時間特番が放送されることが分かりました。年越しではないけど、新作の放送があるということがわかって一安心(?)しました。
年越し特番の際は7時間という長丁場になります。大晦日はいつも裏番組(『笑ってはいけない』シリーズ)を観るので、『クイズサバイバー』は録画して後から観ることになります。ただ、7時間もあると観ても観ても終わらないんですよね確か前回は全部観るまで3日ほどかかったような?
次の特番は3時間なので程よい長さと言えます。しかも、次回は前回より厳しいルールがあるそうで、これまで以上に両チームとも激しい攻防戦を展開するのでは?と予想しています。

12月も中旬となり、完全に特番の時期となりました。来月上旬までテレビを観る機会が増えるので、体がなまらないようにします!

| | コメント (0)

2018年12月12日 (水)

冬に必要なもの

すっかり冬となりました。もはや冬服でないと、過ごせなくなってしまいました。
毎年冬は必要なものが複数出てきます。それらを列挙してみます。

①半ズボン下
北海道在住時より愛用している下着です。これがあるだけで、体感温度はかなり変わります。
これのおかげで、薄めのズボンでも寒く感じません。

②スウェットセット
冬に着る部屋着です。かつてはトレーナーにジャージのズボンが冬の部屋着となってましたが、ユニクロで販売されているスウェットセットを着用するようになってからは、これが定番となっています。

③半纏
部屋着およびパジャマの上に羽織るものとして愛用しています。これも着ると着ないで体感温度が変わります。時には半纏を着ているおかげで、暖房なしでも過ごせる体感温度になります。
④使い捨てカイロ
これも必需品ですね。毎日は使いませんが、気温が低めの時は必需品となります。
肌着に貼っておくと、背中がポカポカします。その感触が心地よいです。
まだあるはずですが、ひとまずこの4つが必需品であります。皆さんの冬の必需品は何でしょうか?

| | コメント (0)

2018年12月11日 (火)

1年半ぶりに新作が放送されるドラマ版『釣りバカ日誌』

もうすぐ年末年始ということで、特番情報を仕入れようと様々なサイトを覗いています。
今日、とあるサイトを覗いたところ、「あっ。これは知らなかった」と思ったのが1月4日に放送される『新春ドラマスペシャル「釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助」』(テレビ東京系)です。非常に面白いコメディドラマとして大人気を博した『釣りバカ日誌』が再び戻ってくるのです。
『釣りバカ』のドラマ版は2015年10月よりワンクール放送、その後17年に新春スペシャルが放送、同年4月よりシーズン2が放送されました。今回の新春スペシャルで実に1年半ぶりに新作が放送されることになります。
この新春スペシャルでは、シーズン2最終話でめでたく結婚したハマちゃん(濱田岳)とみち子さん(広瀬アリス)の結婚式の模様が描かれるようです。舞台は香川県で、当然のことながらスーさん(西田敏行)も登場します。もちろん、ハマちゃんの上司・佐々木課長(吹越満)も。
そして、欠かせないのが豪華ゲスト陣。小澤征悦、貫地谷しほり、石倉三郎らが出演します。彼らの熱演もまた見所ですね。

この特番の放送は10月には発表されていました。ということは、2ヶ月近く知らなかったのです。
毎日、スポーツ新聞のWEB版を閲覧していますが、この情報はそれらに載らなかったと思います。そうでなければ2ヶ月も知らなかったということはありえないと思うので
ひとまず、情報を入手できてよかったです。見逃すところだったので

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

やはりDVDよりブルーレイの方がお得である海外ドラマ

唐突ですが、自宅に一年前に購入したブルーレイボックスがあります。それは海外ドラマ『HOMELAND』シーズン2のボックスです。
普段、海外ドラマのボックスを買う時は、ブルーレイではなくDVDを購入します。その理由は単純にDVDの方が安いからなんですが、『HOMELAND』にいたってはなぜか逆のことがあります。つまり、DVDよりブルーレイのほうが安いんです。
一年前に購入したシーズン2のブルーレイがまさにそうでした。DVDが3727円、ブルーレイが3464円で、アマゾンでこのことを知った時は即座にブルーレイを注文しちゃいましたね。

そして、そろそろシーズン3が観たいと思った矢先、ちょうど1年前のことを思い出し、アマゾンで検索したところ、やはり1年前と同じことが起きていました。
気になる価格はDVDが3727円、ブルーレイが3053円だったのです。というわけで、今回もブルーレイを選びました。
今日、そのブルーレイが届きましたが、先に買っていた『シカゴ P.D』の視聴が完了していないので、こちらを完了させてから『HOMELAND』シーズン3に取りかかろう(?)と思っています。

『HOMELAND』シーズン3のブルーレイを買った影響で、もともと買う予定だった『ザ・シューター』のDVD-BOXはまだ買っていません。まぁ、年末までには『シカゴ P.D』も『HOMELAND』も観終わるでしょうから、『ザ・シューター』も近いうちに観ることができるでしょう。

相変わらず衰えない海外ドラマへの情熱。これは死ぬまで続くはずです。海外ドラマ愛好家なので仕方ない

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

プロ野球「悪党」読本

今年10月に文庫ぎんが堂より刊行された『プロ野球「悪党」読本』(著者:手束仁)。文字通り、球界の悪党たちの論評であり、"球界の「常識」をブチ壊した55人の猛者(もさ)たち"とのキャッチコピーが記されています。
どんな猛者が紹介されているのかというと、まず江川卓が挙げられています。更に清原和博、伊良部秀輝、堀内恒夫などなど。日本人選手だけでなく、外国人選手や球団フロントも対象として挙げられています。
実際に挙げられた猛者たちの顔ぶれを見ると、確かにこの人たちは悪党だなと思います。特に渡邉恒雄、堤義明はまさにそうでしょう。この2人にどれだけの球界関係者が犠牲になったかは計り知れないですね。

これもまた面白い本だろうなーと思いましたので、購入を前向きに検討しています。うまくいけば今月中に購入できるかも。

そういえば、昨年もほぼ同じ時期にプロ野球の本(米谷紳之介『プロ野球 奇跡の逆転名勝負33』/彩図社文庫)を買っています。
もし『プロ野球「悪党」読本』を今月中に買ったら、2年連続12月にプロ野球の本を買うことになります。別に大したことでないけど

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

スーパーファミコンソフトが高かった理由

こんな記事を発見しました。

定価約2万円!?価格の高かったスーファミソフト
https://hitome.bo/column/article/27862-hitomebo-snes-software.html

1990年代に一世を風靡したゲーム機、スーパーファミコン。多くのゲーマーを虜にしたのは言うまでもありません。私も沢山楽しませてもらいました。
一方でゲームソフトが高価であったのが難点でしたねー。それを解説したのが上記の記事です。「ROM(媒体)の値段が高かった」、「開発費がかかった」が高価だった理由だそうです。

スーパーファミコンのソフトの定価は9800円でした。今となっては、よくこんな高いものを親に買ってもらっていたなぁと申し訳ない気持ちです。正直、面白くないソフトも沢山ありましたから。
9800円もあったら、CDは3枚買えるし、文庫本は15冊買えます。今だったら、9800円も出して買うことは絶対ないだろうなぁ。

私がテレビゲームで遊んでいたのは5歳から20歳まででしょうか。この間、どれだけのお金をゲームソフトに費やしていたのか…。
全く想像がつきませんが、多分相当な額だと思います。もし正確な額がわかったらと思うと恐ろしくてしょうがない

| | コメント (2)

2018年12月 7日 (金)

DVDが再発売されるまで保存しておく洋画

昨日、知ったことがあります。それは関西テレビにも深夜映画枠があったことを。
関西のテレビ局で深夜に映画枠を設けていると知っていたのはテレビ大阪とサンテレビですが、関テレもあったのですね。偶然、番組表を見て知ったのでした。
嬉しいことに次回(今月8日)の映画枠で放送されるのは、大好きな洋画『バトルランナー』です。これは1987年に公開されたアーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション映画で、シュワちゃん主演作では『コマンドー』、『プレデター』、『ターミネーター』などと並ぶ大好きな映画の一つです。昔、実家に住んでいた頃にこの映画をビデオ録画したものを毎日観ていたこともあったぐらい好きな映画でした。
ビデオデッキの故障と共に観る機会がなくなっていました。一度DVD化されているものの、程なく廃盤となり、現在に至るまで再発売されていません。
というわけで、8日の放送分はレコーダーに録画しておきます。そして、DVDが再発売されるまではずっと保存しておくつもりです。

『バトルランナー』はシュワちゃん主演作の中で大ヒットしたわけではありませんが、そこそこコアなファンも存在するであろう人気作です。なぜ、なかなかDVDが出ないのかが不思議でしょうがない…。

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

スポンジタイプに回帰した襟・袖用洗剤

3年前より使用するようになった襟・袖用洗剤。

かつてはライオンの「トップ プレケア エリそで用」や花王の「アタックシュッと泡スプレー」を使っていましたが、最近はホームセンターのコーナンのプライベートブランド品を使っています。
襟・袖用洗剤には2つのタイプがあります。一つはスポンジで直接汚れてる箇所に洗剤を塗るタイプと、もう一つはスプレーで洗剤の泡を箇所に吹きつけるタイプです。
「トップ プレケア エリそで用」はスポンジタイプ、「アタックシュッと泡スプレー」はスプレータイプでした。そして、今使っているコーナンのプライベートブランド品もスプレータイプです。
しかし、次回から使う襟・袖用洗剤はスポンジタイプです。このタイプもコーナンのプライベートブランド品として売られており、こちらの方がスプレータイプより安価だったので、これを選びました。

↓がその襟・袖用洗剤です。次の洗濯から使う予定です。

4522831632329
冬の季節に入ってから、急激に襟・袖用洗剤を使う機会が増えています。その理由は、肌着を着用するようになったからです。
肌着を衣料品用洗剤だけで洗うと、襟の汚れが完全に取れず、黄ばみの原因となります。それを防ぐために襟・袖用洗剤を使うのです。
使う機会が多いということは、頻繁に詰め替え用を買わなければなりません。となると、少しでも安く買いたいものです。なので、これを選んだのです。

書き忘れてましたが、こちらの襟・袖用洗剤は228円(税抜)です。詰め替え用は178円(税抜)です。
お近くにコーナンがある方は、一度使ってみてください。

| | コメント (0)

2018年12月 5日 (水)

いざ人身事故の現場に遭遇すると…

毎日、通勤時に乗降する南海電鉄七道駅(大阪府堺市)。乗降するようになって13年目となります。
今日も仕事終わりに帰宅するためにいつもの時間に七道駅に行くと、なにやら駅前が騒々しいのです。「いったい何の騒ぎか?」と思い、駅改札口を見ると大勢の人だかり、更にはパトカー、救急車、消防車が停車しているのです。即座に「人身事故が起きた」と分かりました。

詳細:
https://www.asahi.com/articles/ASLD56296LD5PTIL021.html
https://breaking-news.jp/2018/12/05/045604

私が駅に行ったのは、人身事故発生からちょうど1時間後でした。
完全に駅改札口は閉鎖されていました。ふと駅構内を見ると、担架が置かれています。しかし、その担架に人が乗ることはありませんでした…。
まだ運転再開まで時間があるために、時間潰しのためにすぐそばにあるイオンモールへ向かいました。その途中、ちょうど現場検証中の駅ホームを間近に見てしまいました。視界に入ったブルーシートが生々しくて、思わず目を逸らしました。
イオンモールで30分ほど時間を潰し、再び駅改札口に着くと、ちょうど遺体が運び出されるところでした。もちろん遺体を直に見ることはなかったけど、運び出される瞬間に立ち会ってしまったことがトラウマになりそうです…。

そして、電車は運転を再開。無事帰宅できましたが、今も動揺が治まっていません。
何より自分が普段乗降している駅で人身事故が発生し、しかもその直後に駅に居たという事実が何とも後味が悪くて…。

すいません、まとまりのない文章になってしまいましたが、それだけ心の傷となってしまったのです。
明日は通常の文体に戻っているはずですが、心の中はまだ動揺しているかも?

| | コメント (2)

2018年12月 4日 (火)

M-1ファイナリストの不祥事(?)に心底あきれ返る

M-1グランプリ2018が終わって、2日経ちました。
その決勝戦に出場していた漫才師の不祥事(?)にあきれ返ると同時にやっぱりこいつらは優勝しなくてよかったと思った出来事です。

とろサーモン久保田とスーマラ武智のツイッターが炎上…「もう笑えない」
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/12/04/0011876287.shtml

よりによって自分たちを審査してくれた人を批判、しかもそれを公の場に晒すとは…。明らかに自ら炎上しにいったとしか思えないですね。
当然のことながら批判が殺到してますが、自業自得しか言いようがない。よほど悔しかったんでしょうね、優勝できなかったことが。

2日前の記事にも書いたように、私は武智が嫌いです。昔、こちらにパワハラしてきた人物に似てるからという非常に自分勝手な理由ですが、それだけでなく、とにかく人を批判したがるところも気に食わないです。今回の事件も審査員に対する批判でしたし。
ま、今更何やかんや言っても、負け犬の遠吠えにしか聞こえないです。いくら頑張ったってもうM-1でチャンピオンになることは無理だもんなー

こんなのがM-1チャンピオンになってたら、M-1の歴史に傷がついたと思います。というわけで、やっぱり優勝しなくてよかった!と心底思いました。

| | コメント (0)

2018年12月 3日 (月)

ゲームミュージックの動画:『エレベーターアクションリターンズ』編

1995年にセガサターン用ゲームソフトとして発売された『エレベーターアクションリターンズ』。83年に発売された『エレベーターアクション』の続編にあたります。
軍の特殊部隊とテロリストによる攻防を描く痛快なアクションゲームです。銃撃、格闘、爆弾などアクションの定番的要素がふんだんに盛り込まれ、この手のゲームが大好きな私にとって、思い入れのあるソフトでした。
ゲーム内容がお気に入りであったのは言わずもがなですが、劇中に流れるBGMも大好きでした。後にこのソフトのサントラ盤が発売されていることを知った時は、「なんで買っておかなかったんだろう…」と後悔したぐらいです。

以下、そのサントラ全編を聴くことのできる動画です。


特に気に入っているのは26:24から始まる「break-beat-2-mission-5-2-」でしょうか。ベースとドラム、パーカッションだけという組み合わせですが、なかなかこういう組み合わせの曲はないでしょう。希少な価値を持つ曲というところが気に入っているのかもしれません。
他にも秀逸な曲が沢山あり、ゲームミュージックの枠を超えて、インストゥルメンタルもしくはフュージョンの分野に入り込んでてもおかしくないですね。

正直、ゲームそのものはそれほどヒットしてません。にも関わらずサントラ盤が出ているのです。このことから、このゲームの音楽が秀逸であることがよくわかりますねー。

冒頭に書いたように現在は廃盤です。残念ながら復刻の可能性はかなり低いと思います。なので、上記の動画で我慢しています

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

M-1グランプリ2018の結果は…

毎年恒例のM-1グランプリの決勝戦が本日行われました。

優勝コンビは霜降り明星。決勝戦初出場かつ歴代最年少での優勝ということで、M-1の新しい歴史を作ったと言えるでしょう。

最大の優勝候補であった和牛は今年も涙を飲む結果となりました。彼らを見ていると、「"第二の笑い飯"と言っていいのではないか」と思いました。笑い飯も何度も決勝戦に進出しながら、優勝できない状態がずっと続き、最後の最後で優勝しました。和牛もそうなるかも?
敗者復活戦から勝ち上がったミキも残念でしたね。自分としては彼らのネタが一番笑えました。「兄ちゃん怒らんで聞いて。履歴書をジャニーズ事務所に送ったから」の出だしがかなり笑えました
まぁ、個人的にはスーパーマラドーナが優勝しなかったのが良かったなー。何回も当ブログに書いてますが、このコンビのツッコミである武智が嫌いなんで
その理由は昔、こちらにパワハラをしてきた人物に似てるからなんです。完全なる逆恨みですが、武智の顔を見るたびにそいつの顔を思い出してしまうのです。ちなみに、そいつはこれまでの人生で最も恨みを抱いた人物で、これについてはいずれ別の記事にて詳しく書きたいと思います。

最後に余談を一つ。
昨年のM-1決勝戦は休日出勤と重なりましたが、今年も重なりました。昨年は帰宅が遅くなったためにリアルタイムで観ることができませんでしたが、幸いに今年は放送が始まるまでに帰宅できました。
何で2年連続で重なったのやら…。来年は重ならないでください!

というか、肝心の優勝コンビの話題が全く出てませんね

| | コメント (0)

2018年12月 1日 (土)

望み通り、年内で終わった虫歯治療

先月、当ブログにて「歯科定期検診で2本の虫歯が見つかった。できれば年内に治療を終わらせたい」と書きました。
今日、2本目の虫歯治療が終わり、望み通りの結果となりました(もう1本は先月中に治療済み)。
とりあえず安心してます。年を跨いだ後も虫歯治療で歯科通いが続くかと思うと、安心して年越しができないので(大げさ)。

検診にて虫歯が見つかると同時に「あー、また麻酔を打たれるー」と気分が沈みます。あの麻酔は沢山経験してますが、いくら経験しても慣れないですね。
麻酔を打たれた瞬間のチクッとした痛み、舌に触れるまずい麻酔薬、そして数時間しびれたままの状態。しびれた状態が一番イヤですね。
特に今日の場合は虫歯が左上前歯ということで、左の鼻もしびれました。鼻の感覚がないという経験は初めてだったかも?

以前の記事にて「麻酔を打たれそうな時は昼食後すぐの時間帯(13時~14時ぐらい)に予約している」と書きました。その理由は食後すぐに麻酔を打たれれば、ちょうど次の食事の時間頃に麻酔が切れるので、食事に支障がないからです。
しかし、今日は10時半に麻酔を打ったため、完全に切れたのは15時頃でした。昼食の時間になっても、何も飲食できないのは辛かった
なぜ、今日は午前中だったのかというと、昼から予定があったからでした。そのため、午前中の診療となりました。

かなり話がそれましたが、ひとまず虫歯治療が終わってホッとしております。次回はまた定期検診で、虫歯が見つからないことを心より祈ります!

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »