« 映画『クリード 炎の宿敵』鑑賞会 | トップページ | 治安が改善されているあいりん地区 »

2019年1月28日 (月)

今野敏の人気シリーズが待望の映画化

作家・今野敏の人気シリーズ『任侠○○』。文字通り、ヤクザの組織が様々な問題を抱える学校や病院などを建て直していくという、異色の内容が特徴です。少しコメディの要素も入っているのも魅力的で、現時点で全4巻刊行されてますが、いずれもベストセラーとなっています。

そして、このシリーズ待望の実写映画化が決定しました。映画化されるのは第2作目となる『任侠学園』でタイトルもそのままです。
西島英俊と西田敏行が主演を務めます。公開は今秋とのことです。

詳細:

https://www.cinematoday.jp/news/N0106404

すでに公式サイトもオープンしています。
https://www.ninkyo-gakuen.jp/

思いっきり笑えて、思いっきり感動する、世直し“痛快”エンターテインメント!」とのキャッチコピーから、原作の世界観が再現されていることが窺えます。また、映画オリジナルの要素もあるでしょうから、そちらも楽しめると思っています。

今野原作の映画が製作されるのは『ST 赤と白の捜査ファイル』(15年公開)以来です。こちらは公開当時に映画館で観ておりますが、『任侠学園』ももちろん観に行きます。

そして、『任侠学園』がヒットしたら、それ以外の『任侠』シリーズも映画化してほしいですねー。実際の興行収入は公開されてみないとわかりませんが…。

早くも秋に観に行く映画が決まりました

|

« 映画『クリード 炎の宿敵』鑑賞会 | トップページ | 治安が改善されているあいりん地区 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画『クリード 炎の宿敵』鑑賞会 | トップページ | 治安が改善されているあいりん地区 »