« こちらも2時間ドラマで復活:『安積班』シリーズ | トップページ | 【回想】長時間労働・残業を推奨するバカ経営職 »

2019年2月 2日 (土)

サポート終了まで1年を切ったWindows OS

2020年1月14日をもって、サポート終了となるWindows OSが2つあります。一つは「Windows 7」(以下Win7)、もう一つは「Windows Server 2008」(以下2008)です。
どちらも今の自分に関わりのあるOSなので、他人事ではありません。むしろ当事者と言えます。
自宅のパソコンはWin7です。一応、今年の春先にパソコンを買い替え、Windows 10環境に更新する予定です。
職場においても、春先から順次更新する予定です。間違いなくこれが今年のメイン業務となるはずです。まぁ、今の職場では来年、再来年も別のものが一斉更新となるため、ほぼ毎日現場を駆けずり回ることになりそうですが

一方でもう一つサポート終了となる2008は、ちょっと面倒くさいことになるでしょうね。なんせサーバのOSですから、サーバの構築から始まり、データ移行やアクセス権付与など多くの作業をこなす必要があります。面倒くさいけど、自分のスキル上昇に繋がるはずですので、やる価値は存分にあります。
もっともこちらにはどこまで自分が関われるか不明ですが…。

サポート終了まで1年を切ったせいか、このことを特集したニュース記事が多く配信されています。

「Windows 7」サポート終了まで1年弱、「Windows 10」移行はいかに進む?
https://japan.zdnet.com/article/35131606/

迫る「Windows 7サポート終了」、そのとき起こる困りごととは?
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/win7eos/1156859.html

Windows Server 2008 R2のサポート終了で対応を急がなければならない3つの理由
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1803/28/news003.html

この手の懸念は、Windows OSが新しくなるたびに発生しますねー。これだけコンピュータが世に浸透した現代社会では避けて通れない課題です。
このことによって胃が痛くなるのは避けられそうにないです

|

« こちらも2時間ドラマで復活:『安積班』シリーズ | トップページ | 【回想】長時間労働・残業を推奨するバカ経営職 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ずっと先だと思っていたら、もうすぐですね。
会社で使っているパソコンは、いろいろな開発環境が
載っておりそれらを移行するのが憂鬱です。

投稿: ひでき | 2019年2月 3日 (日) 20時16分

>ひでさん
どこの企業も似たような状況ですね。
Windows 7はサポート期限までに何とか終われそうだけど、Server 2008はどうなるやら?

投稿: てつ | 2019年2月 3日 (日) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こちらも2時間ドラマで復活:『安積班』シリーズ | トップページ | 【回想】長時間労働・残業を推奨するバカ経営職 »