« ひんやり掛け布団 | トップページ | 「赤いたぬき」の感想 »

2019年6月21日 (金)

【ゲーム】THE サウンドノベル

定番の懐かしのゲームネタです。今回はこちら。

 

2000年に発売されたプレイステーション用ゲームソフト『THE サウンドノベル』です。
廉価ソフト「SIMPLE 1500」シリーズの一作で、ジャンルはタイトル通りサウンドノベル。とある洋館を舞台に、繰り広げられるホラーをサウンドノベルで楽しむことができます。
とはいえ、やはり「SIMPLE 1500」シリーズのため、派手な要素や作りこんだ感はありません。結末は多種類用意されていますが、あっさり終わってしまう結末も多かったように思います。結末を迎えた後に「え?これで終わり?続かないのか?」と思ったこともありましたね。

サウンドノベルといえば、1992年に発売されたスーパーファミコン用ソフト『弟切草』が元祖であり、94年の『かまいたちの夜』がサウンドノベルの人気に火を付けました。この2作以降、数多くのサウンドノベルが発売され、一躍ブームとなりました。私もかなりはまり、多くのサウンドノベルをプレイしました。
おそらくこれが最後にプレイしたサウンドノベルだと思います。一応楽しみましたが、『かまいたちの夜』には到底敵わなかったなぁ。まぁ、「SIMPLE 1500」だから仕方ないかー😃

|

« ひんやり掛け布団 | トップページ | 「赤いたぬき」の感想 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひんやり掛け布団 | トップページ | 「赤いたぬき」の感想 »