« LCCを舞台としたもう一つのドラマ | トップページ | 影響なしの消費税引き上げ初日 »

2019年9月30日 (月)

実写版再び:『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』

今年11月24日にフジテレビ系で放送されるスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』。
文字通り、アニメ『サザエさん』の実写版テレビドラマですが、サブタイトルにあるようにアニメ版の現在から20年後の世界を描きます。よって、サザエ・マスオは中年、波平・フネはおじいちゃん、おばあちゃんに、カツオ・ワカメ・タラオは成人という設定です。
これだけでも観る価値ありですが、原作にほんの少しだけ、アニメには一切登場していない幻の登場人物・ヒトデが登場するので、更に観る価値があがっています。ヒトデはサザエとマスオにとって2人目の子供であり、タラオの妹なのです。
もともとこのドラマは、細部まで忠実に再現しているところが売りなのですが、歴代の実写版『サザエさん』の中でもっとも原作に忠実に再現されているといっていいでしょう。なんせ、幻の登場人物・ヒトデも登場させるぐらいですから。

これまでにも幾度となく実写版が制作されている『サザエさん』。実に6年ぶりの復活となります。
アニメ版の放送開始から50周年という節目の年であることから、実写版も制作されたのでしょうね。

国民的アニメは更なる進化を遂げました。この進化、どこまで続くでしょうか。

|

« LCCを舞台としたもう一つのドラマ | トップページ | 影響なしの消費税引き上げ初日 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LCCを舞台としたもう一つのドラマ | トップページ | 影響なしの消費税引き上げ初日 »