« またまた薬物で逮捕。この男も何度逮捕を繰り返すのか? | トップページ | 体感 首都直下地震ウイーク »

2019年11月 7日 (木)

2020年1月は邦画2本観に行くか…

何度も当ブログに書いているように、今年12月27日に映画『男はつらいよ50 お帰り寅さん』が公開されます。
これを来年1月に観に行く映画としてしていますが、実はこの月にもう1本観たい映画が公開されます。それが『太陽の家』です。
こちらの映画は歌手の長渕剛が主演を務めています。かつては本業以外にも俳優としての活動も行っていた長渕ですが、ここ20年ほどは俳優業からは遠ざかっていました。よって、この映画は本格的に俳優業に復帰した作品となります。
作品解説によると、長渕は大工の棟梁を熱演しているとか。好きな歌手が出ている映画ですから、ぜひ映画館で観たいところです。
というわけで、2020年1月は運が良ければ2本の映画を観に行くかもしれません。『男はつらいよ』は国民的映画なので、長い期間公開されているだろうけど、『太陽の家』はどれぐらいの期間公開されているかが未知数です。
いっそのこと、『太陽の家』が公開された直後(1月17日に公開)に『男はつらいよ』と2本続けて観てしまえばいいかも。2回にわけて観るより、一気に観た方が効率いいですしね。

さて、来年1月の「映画の日」はどうなっているやら?

余談を一つ。
長渕は『男はつらいよ』に出演経験があります。1986年に公開された第36作『男はつらいよ 幸福の青い鳥』です。
この映画で現夫人の志緒美悦子と共演したことがきっかけで、後に結婚しています。

|

« またまた薬物で逮捕。この男も何度逮捕を繰り返すのか? | トップページ | 体感 首都直下地震ウイーク »

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまた薬物で逮捕。この男も何度逮捕を繰り返すのか? | トップページ | 体感 首都直下地震ウイーク »