« 『笑点』の収録にもコロナウィルスの影響が… | トップページ | プロ野球もBリーグも観れない3月 »

2020年2月26日 (水)

来生たかお作曲のデュエットナンバー集

音楽の世界には、2名で歌うデュエットという形式があります。
同性同士もあれば、男女別もありますが、各々の個性と魅力が一辺に知ることができるお得な(?)形式です。
過去、沢山のデュエットナンバーが発表されていますが、以下4つの動画で聴けるデュエットは秀逸。4曲とも、原曲はデュエットナンバーではなかったのですが、後にデュエットとして新たに発表されました。
まずは4つの動画を見てみてください。なお、全曲が来生たかおの作曲となります。

夢の途中

 


言わずと知れた1981年発売の名曲。薬師丸ひろ子が歌った別バージョン「セーラー服と機関銃」も大ヒットしました。
上記動画では、その薬師丸とのデュエットバージョンとなっています。2000年発売の音楽活動25周年記念アルバム『Dear My Company』に収録されました。

セカンド・ラブ

 

中森明菜に提供し、大ヒット。来生自身のセルフカバーもいくつか存在します。
こちらは明菜とのデュエットバージョンです。やはりこちらも『Dear My Company』に収録されています。

シルエット・ロマンス

 

大橋純子に提供した曲。同じく来生自身のセルフカバーが存在します。
当然のことながら、大橋とのデュエットであり、『Dear My Company』に収録されています。
ジャズボーカルのような雰囲気になってるのが特徴ですね。

スローモーション

 

こちらも中森明菜への提供曲ですが、歌っているのは明菜でもなく来生でもない、稲垣潤一と夏川りみの2人です。
2013年にシングル発売され、テレビ番組でも披露されました。
このバージョンもいいですが、いつかは来生と明菜のバージョンも聴いてみたいですね。

先に書いたように、4曲とも元はデュエットではありません。しかし、デュエットでも名曲なんですね。これは原曲が素晴らしいからでしょう。
やっぱり来生たかおという人は、優れたメロディーメーカーだなと思います。自身のヒット曲は少ないかもしれませんが、J-POP史上に多くのスタンダード・ナンバーを送り出してますから。

なお、第一興商のカラオケでは上記4曲とも入っており、行きつけの飲み屋がその第一興商のカラオケなので、お店のお姉様に頼んでデュエットしてもらいました。
そのお姉様はとても歌がお上手なので、いい迷惑だったかも?と思いました。その理由は自分が下手すぎるからです💦
もっともっとうまくならないと!

|

« 『笑点』の収録にもコロナウィルスの影響が… | トップページ | プロ野球もBリーグも観れない3月 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『笑点』の収録にもコロナウィルスの影響が… | トップページ | プロ野球もBリーグも観れない3月 »