« レナウンの肌着はどうなる? | トップページ | 一転してマスク飽和状態に »

2020年5月16日 (土)

映画『キネマの神様』:志村けんの代役を沢田研二が務める

先日亡くなった志村けんさんが主演予定だった映画『キネマの神様』。その代役をジュリーこと沢田研二が務めることがわかりました。

沢田研二が志村けんさん代役で14年ぶり映画主演
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202005150000661.html

ジュリーが選ばれたのは、過去に何度も志村さんと共演し、盟友であったからでした。まさにうってつけの代役であると言えるでしょうが、ここ数年は音楽活動のみで、他の芸能活動をしていなかったジュリーがまさか代役とはいえ、映画に出るとはと驚いたのも事実です。
しかし、すぐに喜びの感情が沸き起こりましたね。「これは絶対に観に行かないといけないなー」と思いました。意外な形ではありますが、ジュリーが主演の映画が公開されるのですから。おまけに監督はあの山田洋次です。彼が監督するということは、間違いなく面白いものになりますからね。

代役は決まったものの、映画撮影のスケジュールは現時点で未定です。コロナウイルスのせいで、撮影ができない状態ですから。公開されるのは、来年以降になるのは確実でしょう。

ジュリーが代役となることを志村さんも喜んでいるはずです。今頃、天国でジュリーにエールを送ってるんじゃないかなー。

これで来年に観に行く映画が一つ決まりました。配給が松竹ということで、なんばパークスシネマ(大阪市中央区)で観ることになると思います。

|

« レナウンの肌着はどうなる? | トップページ | 一転してマスク飽和状態に »

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レナウンの肌着はどうなる? | トップページ | 一転してマスク飽和状態に »