« 『隠蔽捜査7』と『悪女刑事』 | トップページ | ようやく新作が観れる吉本新喜劇 »

2020年7月13日 (月)

女性演歌歌手名曲集

昨年に元演歌歌手の女性と出会ったことをきっかけに、女性演歌歌手の曲を聴くようになりました。
特に以下の4曲は、演歌のスタンダード・ナンバーとして定着していて、飲み屋のカラオケで聴く機会も多いです。
ぐっと心に響いてくるのが印象的ですね。

津軽海峡冬景色/石川さゆり(1977)


石川さゆりと言えば、誰もがこの曲を思い浮かべるでしょう。今はなき青函連絡船が歌われているのもいいですねー。
男女問わず、様々な歌手がカバーしております。

哀しみ本線日本海/森昌子(1981)

これほど日本海の情景にマッチする曲はないと思います。日本海沿岸を走る電車の中で、この曲を聴いたら、思わず涙ぐんでしまうかも?

越冬つばめ/森昌子(1983)

言わずと知れた森昌子の代表曲。あの円広志が作曲したことでも知られています。

また君に恋してる/坂本冬美(2009)

 

ビリー・バンバンのカバーで、オリジナル同様、焼酎「いいちこ」のCMソングとして使用されました。「夜桜お七」などと並ぶ、坂本の代表曲となっています。

 

そして、もう一曲個人的に大好きな曲を紹介します。

恋唄綴り/麻生詩織(1989)

テレビドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日系)の挿入歌として使用されました。後に作曲者の堀内孝雄によるセルフカバーが主題歌として起用され、双方とも大ヒットしました。
一般には堀内のバージョンが知られていると思いますが、麻生のバージョンも独特の味わいがあると思っています。もっと世に知られてもいいのになーとも思います。

以上の5曲が女性演歌歌手が歌う大好きな曲です。これからも愛し続けます!

|

« 『隠蔽捜査7』と『悪女刑事』 | トップページ | ようやく新作が観れる吉本新喜劇 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『隠蔽捜査7』と『悪女刑事』 | トップページ | ようやく新作が観れる吉本新喜劇 »