« 今年4回目の放送:『おかしな刑事』 | トップページ | レジェンドレスラーの名声に傷がつく出来事 »

2020年12月 8日 (火)

CD鑑賞記 ザ・ファイナル・カウントダウン/ヨーロッパ

2年前に購入したオムニバス『ナンバーワン80s METALヒッツ』を聴いて知ったスウェーデンのロック・バンド、ヨーロッパ。同作に収められていた代表曲「ザ・ファイナル・カウントダウン」に惹かれ、興味を持ちました。
「いつかはヨーロッパのCDを手に入れたい」と思ってたところ、ジョーシン電機の通販サイトでヨーロッパのCDがセール対象となっているのを見つけました。この機会を逃してはならないと即座に購入を決めました。そのCDが今回紹介する『ザ・ファイナル・カウントダウン』です。
1986年に発売されたこちらのアルバムは、先行シングルとなった表題曲が大ヒットし、アルバムも大ヒットを記録しました。表題曲は現在もCMやテレビ番組のBGMに使用されるので、聞き覚えのある方は多いでしょう。
どうしても表題曲に目が行きがちですが、その他の曲も聴きやすく、ハード・ロックではあるけれど、ポップスの要素も盛り込まれています。名バラードである「キャリー」や、こちらも聴きやすい「ニンジャ」、「オン・ザ・ルース」などが気に入っています。
更には本作収録曲のうち、3曲のライブ・バージョンがボーナス・トラックとして収録されています。いずれもライブならではの迫力・臨場感に満ち溢れています。こちらも存分に楽しめるでしょう。

本作は1986年の本発売後、幾度となく再発売されています。私が購入したのは昨年7月に発売された期間限定生産盤です。
定価は1100円(税込)ですが、通販では770円(税込)でした。この価格を見たら、買わずにはいられないですよね😃
本作と同時に期間限定生産で発売された、旧譜(1980年代の洋楽のアルバム)が沢山あるようなので、そちらも機会があれば購入したいと思います。

|

« 今年4回目の放送:『おかしな刑事』 | トップページ | レジェンドレスラーの名声に傷がつく出来事 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年4回目の放送:『おかしな刑事』 | トップページ | レジェンドレスラーの名声に傷がつく出来事 »