« 藤原緋沙子の新シリーズ開始 | トップページ | 映画館ポイント有効期限切れも仕方ない状況 »

2020年12月 3日 (木)

大阪メトロのパワハラ事件

気になるニュースを発見しました。
(今日の各SNSでのニュースの話題は渡部とコロナ関連がほとんどでしょうから、あえて違う話題で行きます)

大阪メトロ 課長がパワハラで処分部下は自殺か
https://www.sankei.com/west/news/201203/wst2012030011-n1.html

当該の部下社員は本社内で自殺したとのこと。何とも痛ましい事件ですね…。
原因とされるパワハラですが、記事によると「人格を否定する暴言を繰り返したり、制限を超える残業を命じたり」していたそうで、どうやらほぼ事実のようですね。
暴言もさることながら、これだけ残業NG!と謳われている昨今で、残業を命じるというのは完全に時代錯誤です。多分、サービス残業を強制していたんじゃないかなー。
件の課長は係長に降格したと書かれてますが、「何でまだ肩書があるの?もう一生、平社員じゃないの?」と思いました。降格したとはいえ、まだ部下を指導する立場です。しばらくは神妙かもしれないけど、いずれパワハラ気質が復活しそうです。
そういう部分では、大阪メトロは社員に甘いのかなーと思います。なお、この件に関して、現時点で大阪メトロの公式サイト上には説明がない状態です。いずれは何かしらコメントが載るのでしょうか。

自殺した社員ほどではないけど、自分もかつてパワハラの被害に遭いましたので、他人事ではないです。
加害者は複数人いるけど、一番ひどかったのは人格否定ワードを連呼した奴かな。あいつとはほんの数か月間だけの関係でしたが、これまでの人生の中でもっとも深い傷をつけられました。多分、今も性質は変わってないでしょう。
とはいえ、やっぱり沢山罰が当たっているようです。「天道様はお見通し」という言葉がありますが、本当にその通りだなと感じましたね。

|

« 藤原緋沙子の新シリーズ開始 | トップページ | 映画館ポイント有効期限切れも仕方ない状況 »

ニュース」カテゴリの記事

鉄道あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤原緋沙子の新シリーズ開始 | トップページ | 映画館ポイント有効期限切れも仕方ない状況 »