« 次はテレビ東京でドラマ化:『安積班』シリーズ | トップページ | 2年ぶりに買う本体+替刃17個つきカミソリ »

2021年2月 2日 (火)

【回想】開催時間帯が決まってない帰社日・懇親会

つい一週間前ですが、今の所属会社にて帰社日が開催されました。
帰社日とは、他社に派遣されている技術者を自社に集める催しで、通達事項や新しく入社した社員紹介などを行います。数か月に一度、開催されています。
ちょうど1年前までは、自社のオフィスに社員を集めていましたが、コロナ禍で密を防ぐ目的からオンラインでの開催となっています。先週の帰社日も同様でした。
19時から始まり、20時半で終了。この間は勤務時間として認められます。

いわゆる人材派遣をメインとしている会社では、このような帰社日が定期的に設けられているのではないでしょうか。で、帰社日の時間帯は大概事前に決められているでしょう。今回の例では19時~20時半と定められています。
ただ、過去の所属会社では帰社日をやると明言していたのに、なぜか時間帯を正確に決めてないことがありました。その会社とは、何度も何度もネタにしている最初の会社・B社です。定時後に自社に戻れと指示するだけでした。
なぜきっちり時間を決めないのかというと、決めると当日の残業時間が減ってしまうという懸念があったからのようです。事実、私は帰社日の連絡を受けた際、「急いで自社に帰ってくる必要はない」と当時の上長だったバカタレに言われました。こんな馬鹿げた指示をしてくるのはこいつだけでしょうね。
時間が決められてないので、自社に帰ってもいつ始まるかわからない状態。確か19時半ぐらいに帰ったと記憶してますが(それでも「早く帰りすぎだ」とバカタレは思っていたみたい)、それから帰社日が始まるまで30分ぐらい待ったような気がします。
20時ぐらいからようやく帰社日がスタート。帰社日が催されたのは、人事考課制度が変わるので、その説明のためでした。東京から人事担当が来阪し、説明してくれました。
1時間ほどで帰社日が終わり、その後に懇親会が開かれました。が、何時から懇親会が始められるかわからないとのことで、お店は予約しておらず、それどころか候補のお店すら決めてませんでした。
開始時間がわからないから予約できないのはともかくとして、店ぐらい決めておけ!と思いましたね。そもそも時間をきっちり決めておけば、懇親会の時間もお店も事前に決められるだろうに、なんでそんな面倒くさいことをしているのか、さっぱり理解できませんでした。そこまでして社員を残業させたいのかと呆れるばかりでしたね。
懇親会自体は一応きちんとした形で行われましたが、最後まで違和感・嫌悪感が拭えませんでしたね。もうその頃からバカタレとの確執は深刻化していたように思います。実際、この帰社日・懇親会からわずか2か月後に退社してますから。

なお、人事考課制度の説明はわざわざ帰社してまで聞くほどのものではありません。多分、ほとんどの社員に影響はなかったはずです。だって、最初から評価する気ないんだし、ずっと安月給でこき使うつもりなんだから。これは今も変わってないはずです。

今年2回目の回想シリーズでしたが、御覧のように相変わらず長文です。これは「お約束」と言えるかも?
それにしても、B社および当時の上長のバカタレのネタは尽きないですねー。だからこそブログのネタになるのです。
ここだけは感謝すべきかも😃

|

« 次はテレビ東京でドラマ化:『安積班』シリーズ | トップページ | 2年ぶりに買う本体+替刃17個つきカミソリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次はテレビ東京でドラマ化:『安積班』シリーズ | トップページ | 2年ぶりに買う本体+替刃17個つきカミソリ »