« 時短要請の全面解除は夏頃か? | トップページ | 第三の餃子登場:餃子の王将 »

2021年3月17日 (水)

『相棒』シーズン19終焉

人気ドラマ『相棒』のシーズン19が今日最終回を迎えました。
通例ならば最終回は2時間スペシャルなのですが、今回は1時間半の拡大版となりました。先週放送回と同じく、第1話・2話の続編にあたる最終回は、今シーズンよりレギュラーとなった出雲麗音(篠原ゆき子)銃撃事件の主犯が殺し屋に狙われているのを阻止すべく、特命係が奮闘するというストーリーでした。
本来ならば警察に逮捕されてるはずの主犯が逮捕されないのは、とある陰謀のためですが、結果的に主犯は殺害されてしまいます。最終的に事件は解決するものの、陰謀の黒幕が特命係と敵対する人物という位置づけになりました。その黒幕が「あの二人(特命係)を消し去りたい。警視庁からではなく(=この世から)」と告げたところで「The End」となりました。まるで、次のシーズンの布石か?と思えるような終わり方でしたね。
どうやら次のシーズンも期待できそうです。まだ半年以上あるけど💦

そして、前述した出雲は今シーズン限りのレギュラーではないようなので、とても安心しました。出雲はこのシーズン大活躍でしたので、次のシーズンも大いに活躍してほしいと願っています。

さぁ、4月からは『特捜9』のシーズン4です。こちらも大いに期待できるでしょう。
『特捜9』のスタートは4月7日です。あと3週間後ですね。沢山楽しませてもらいます!

|

« 時短要請の全面解除は夏頃か? | トップページ | 第三の餃子登場:餃子の王将 »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時短要請の全面解除は夏頃か? | トップページ | 第三の餃子登場:餃子の王将 »