« 『笑点』の収録に影響あり?木久扇師匠の怪我 | トップページ | アイシー・スパーク&アクエリアススパークリング »

2021年5月26日 (水)

文庫版『ゴルゴ13』一挙に3巻購入

先日、当ブログに「STAY HOMEを充実させるためにコンビニコミックを随時買っていく。買うのは『かりあげクン』と『ゴルゴ13』」と書きました。
確かに『かりあげクン』はコンビニコミックを買いましたが、『ゴルゴ13』は買いませんでした。というより、こちらは別の形のものにしました。
実際に買ったのはSPコミックスコンパクト、いわゆる文庫版です。2002年に第1巻が発売されてから、現在も発売されており、162巻が最新刊となっています。
この文庫版『ゴルゴ13』を一挙に第1巻から3巻までを購入しました。第1巻がとても面白かったので、勢いで第3巻まで買ったんですね。ただいまは第2巻の途中まで読んでいる状態ですが、週末には3巻も読み終わるでしょう。
さすがに162巻まで買えないので、今後は読みたいと思うエピソードが収録されている巻を厳選して買っていくつもりです。

文庫版のエピソードは単行本同様に発表された順に収録されています。よって、第1巻から3巻は連載初期の作品ということになります。
世間では、主人公のゴルゴは寡黙というイメージが強いと思いますが、初期の頃はかなり饒舌です。また動揺するシーンなど、近年は見られない描写も多々あります。しかもゴルゴが笑っている描写もあり、貴重なシーンばかりです。
最近の作品しか知らないファンには、ぜひこの頃のゴルゴも見てほしいです。

今年で連載54年目を迎える『ゴルゴ13』。いつまでも面白さは変わらないですね。まだまだ続いていってほしいです。

|

« 『笑点』の収録に影響あり?木久扇師匠の怪我 | トップページ | アイシー・スパーク&アクエリアススパークリング »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『笑点』の収録に影響あり?木久扇師匠の怪我 | トップページ | アイシー・スパーク&アクエリアススパークリング »