« 一年の終わり・2021 | トップページ | 初めての動画撮影 »

2022年1月 1日 (土)

謹賀新年・2022/原点回帰の2022年

22843888_s


皆様あけましておめでとうございます。
本年もこちらのブログをよろしくお願いいたします。

例年通り、家での年末年始を迎えております。毎年、元日は午後3時頃から11時過ぎまで、テレビに釘付け状態になりますが、今年も同様です。
どうしても座っている時間が長いので、太ももと膝が痛くなります💧適度にストレッチ等をしなければなりませんね。

さて、今年は春(おそらく5月から)に今住んでいる大阪を離れ、故郷の北海道にUターンする予定です。
今年は年齢40歳、社会人生活および大阪在住20年、そして北海道を離れて20年という節目の年であり、北海道に戻るなら絶好のタイミングだと思いました。
なぜ今、北海道に戻るのかというと、一言で言えば「原点回帰」です。もともとは北海道内での就職を希望していましたが、それは叶わず、東京で社会人生活をスタートさせました。それからすぐに大阪に異動し、現在に至ります。
数年前に実家の母から「北海道に戻ってこい」と言われました。その際に思い出したのが「もともとは北海道で働きたかった」ということ。就職活動中はその希望が叶わなかったけど、今なら叶うだろうと思いました。
幸いに今の会社には、北海道に拠点があり、そこに異動する形でUターンすることになりました。まだ、北海道での仕事や住居は決まっていないですが、徐々に決まっていくだろうと思っています。

なお、北海道での生活拠点は故郷の滝川市ではなく、札幌市内となります。滝川では、今やっている仕事があるとは思えず、また生活基盤も乏しい(失礼!)ので…。

また状況が変わるたびに、当ブログにて報告ができればと思っています。

そして、本年も皆様にとってよりよい一年になりますことをお祈り申し上げます。


|

« 一年の終わり・2021 | トップページ | 初めての動画撮影 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

北海道に戻られるとのこと、当方も長年連れ添った会社を辞して新しいスタートの年となりました。

ところで、2022年の干支は「壬寅(みずのえ・とら)」となります。

調べてみると、「壬」は、女性のお腹に子供を宿す「妊」の一部であることから「はらむ」「生まれる」という意味だそうです。
「寅」はもともと「演」が由来といわれ「人の前に立つ」、演と同じ読みの「延(えん)」から「延ばす・成長する」という意味を持っているとのこと。

この2つの組み合わせである「壬寅」には、「新しく立ち上がること」や「生まれたものが成長すること」といった縁起のよさを表しているといえそうですね。

お互い、心機一転、実りある、楽しい嬉しい豊かな良き一年にしたいですね。
本年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: 安田裕隆 | 2022年1月 2日 (日) 05時47分

>安田さん

コメントありがとうございます。
「壬寅(みずのえ・とら)」、おっしゃる通りでとても縁起の良い干支ですね。教えていただき、感謝します。

こちらこそ本年もよろしくお願い致します。

投稿: てつ | 2022年1月 2日 (日) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一年の終わり・2021 | トップページ | 初めての動画撮影 »