« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月31日 (木)

無念…『This Week in WWE』サンテレビでの放送終了

毎週欠かさず観ていたプロレス番組『This Week in WWE』。アメリカ最大のプロレス団体・WWEの情報番組で、サンテレビで水曜深夜に放送されていました。
昨日の放送分を持って、この番組は終了しました。放送終了はあくまでサンテレビだけであり、ケーブルテレビや他の独立放送局では現在も放送を継続してますが、サンテレビでの放送終了は個人的に大打撃ですね。ケーブルテレビやネット配信を利用する気のない自分にとって、唯一地上波で観れるWWEの情報番組でしたから。

何度も書いているように、私は今年の5月に帰郷します。それまでは毎週欠かさず観るつもりでしたから、本当にショックですね…。
4月以降、WWEの情報は、WWEの日本語サイトやスポーツ紙のHPなどから、チェックしようと思います。

よかったらテレビ北海道(テレビ東京系列)で、放送してくれないかなぁ。テレ東およびその系列局は、結構マニアックな番組を放送するので、『This Week in WWE』を放送したとしても、おかしくありません。
密かに期待してます。往生際が悪いけど💦

| | コメント (0)

2022年3月30日 (水)

『NHKスペシャル』3回目のウクライナ特集

4月3日夜9時より放送される『NHKスペシャル ウクライナ侵攻 両国民は何を考えてきたのか』。文字通り、ウクライナの特集ですが、この枠での特集はこれで3回目となります。
未だにロシア軍によるウクライナ侵攻は続いております。そのためにこの特集が放送されるわけですが、これで最後になってほしいですね。長引くと、特集の回数が増えることになりますから。
過去2回の放送では、実際の状況を伝えるために、犠牲となったウクライナ国民の遺体が映し出されていました。もちろん加工処理はされてますが、それでも生々しいですね。できれば見たくない光景です。3回目の放送分でも、そのような光景が映し出されるのでしょうか。

現在もロシアとウクライナの間では、停戦交渉が続いています。早く合意してくれよーとしか言えません。多大な被害を受け続けているウクライナ国民に、1日でも早く平和な日常を送ってもらいたいから…。

| | コメント (0)

2022年3月29日 (火)

札幌の地下鉄で聴ける「虹と雪のバラード」

先日の帰省時、2年ぶりに札幌市営地下鉄に乗車しました。
その際、電車の接近メロディとして、名曲「虹と雪のバラード」(1971年レコード発売、歌唱はトワ・エ・モワ)が使われていることを知りました。
こちらのメロディは2019年に導入されました(↓は導入当時に北海道内で放送されたニュース映像です)。札幌市営地下鉄にある全46駅中、26駅にてこのメロディが聴けるようになっています。

 

「虹と雪のバラード」は、札幌を代表する名曲です。72年の札幌冬季オリンピックの公式テーマ曲として使用されたことは有名です。
この曲が接近メロディに採用されたのは、前述の通り札幌を代表する曲だからですが、札幌市は2030年に冬季オリンピックを招致する意向を表明しており、その一環でもあるようです。

私の札幌の住居は、札幌市営地下鉄の沿線ですが、残念ながら最寄り駅ではこのメロディを聴けないようです。とはいえ、引っ越し後は札幌市営地下鉄に乗車する機会が沢山あるでしょう。必然的に耳にする機会が多くなるはずです。

聴くたびにサビの部分を口ずさんでしまうかも?

| | コメント (0)

2022年3月28日 (月)

ビッグボス率いる日ハム、最初の3連戦は全敗という結果に

今年度のプロ野球ペナントレースが開幕しました。
どの球団も注目を集めていますが、一番の注目は新庄剛志(以下、ビッグボス)が率いる北海道日本ハムファイターズです。
オープン戦では勝率571、12球団中5位という結果でした。では、開幕3連戦ではどうなったかというと、全敗です。

【日本ハム】新庄ビッグボス開幕3連敗、万波中正1号2ランなどで逆転に成功も池田が逆転許す
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202203270000749.html

まぁ、まだ始まったばかりです。ここから巻き返せることは十分可能でしょう。
一方でこのまま負け続けたら、ファンやマスコミの反応はどうなるだろうかとの懸念もあります。更には監督の去就もどうなるやら。なんせ1年契約だし。

3連戦の結果はともかくとして、テレビ放送の視聴率は非常に良かったようです。やはりこれも注目が大きかった証明でしょう。

【日本ハム】札幌テレビの開幕戦視聴率、世帯別は歴代2位26・5% 瞬間最高は30・8%
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202203280000674.html

帰郷後に一度札幌ドームで日ハムの試合を観に行くつもりです。その時はもう巻き返してるはずだ!と思ってます😃

| | コメント (0)

2022年3月27日 (日)

朗報、そして進展:旭川いじめ事件

昨年2月、北海道旭川市で女子中学生がいじめを苦に自殺した事件に進展がありました。

旭川中2凍死「いじめあった」 第三者委調査結果、教委判断覆す
https://mainichi.jp/articles/20220327/k00/00m/040/191000c

これは女子中学生の遺族にとって、朗報ですね。一方で教育委員会の反応が気になります。自分たちが出した結論が覆されたのですから。
個人的には旭川の前市長の反応も気になりますね。前市長は、この事件について消極的な対応をしたとして、世間からバッシングされました。それが影響したのか、辞任後に出馬した衆議院選挙では落選しています。今、どういう心境なのだろうか…。

この事件については、半年ほど前に『そこまで言って委員会NP』(大阪の読売テレビ制作)で取り上げられ、かなり深く突っ込んだ内容となっていました。この番組は北海道でも放送されているので、視聴した関係者もいるでしょうが、どう思ったでしょうね。

できれば、また同番組に取り上げてほしいです。パネリストの辛辣な言葉が関係者に響くのを願って…。

| | コメント (0)

2022年3月26日 (土)

北海道Uターンによる引っ越し準備②

残り一か月となった北海道Uターン。今月行った引っ越し準備は以下です。

①不要な物の廃棄
②次の住居探し

③引っ越し見積を業者に依頼

②は、数日前に申し込んでいた住居に正式に入居できることが決まりましたので、完了しています。とりあえず向こうでの住居は確保できたと安堵しています。
③は本日、業者に見積に来てもらいました。引っ越し先が遠く離れているため、料金が予想以上に高くなってしまいましたが、スタッフの御厚意により、当初より大幅に下げられました。
また、これも引っ越し先が遠いがための問題ですが、予想より荷物の移動期間が長く、希望していた日より2日ほど入居が遅れることとなりました。とはいえ、ゴールデンウィーク中に入居できるので、次の職場での初出勤までには、引っ越しが完了しているだろうし、住居の周辺の探索も十分できると見込んでいます。一応、こちらも完了しています。

①は間違いなく退去当日までやるでしょうね。これはもうしょうがないです💦

次にする準備は以下です。

①職場(派遣先)決め
②各種手続き(住所変更、解約、郵便転送など)
③お世話になった方々への挨拶

やっぱり①が一番大きい準備ですね。こちらは現時点で何も決まってません。もしかしたら、決まるのは引っ越してからになるかも?
②と③は来月に入ってから、本格的に行います。

完全に落ち着くのは、6月以降でしょうね。で、6月の最初の土日にコロナワクチン3回目の接種ができればいいなーと思っています。
4月5月の接種は厳しそう…。

↓は引っ越し業者から頂いたティッシュペーパーです。イメージキャラクターがイラストになってますね😃

Img_1298

| | コメント (2)

2022年3月25日 (金)

【CM】カメリアダイヤモンド1988

定番のCMネタです。今回はこちら。

 

1988年放送の銀座ジュエリーマキ・カメリアダイヤモンドのCMです。
CMキャラクターはアメリカの女優、ダイアン・レイン。当時、日本のCMに多く起用されており、カメリアダイヤモンドもその一つでした。
CMソングは矢沢永吉の「ニューグランドホテル」。大人の色気が漂うサウンドと、ダイアンの美貌がうまくマッチしているなーと思います。
同年放送されたカメリアダイヤモンドのCMには、「ニューグランドホテル」以外にも、同じく矢沢の曲である「共犯者」、「くちづけが止まらない」が使用されており、全てシングル曲として発売されました。この年はレコード会社を移籍したとあってか、積極的にタイアップや新曲リリースがされたようです。

かつては隆盛を誇ったカメリアダイヤモンドですが、1990年代半ばに販売会社の三貴が経営破綻。現在は消滅しています。
上記はある意味、バブル時代の象徴的存在とも言えるでしょうか。

宝石には全く興味がないけど、矢沢の曲が聴けるということで取り上げてみました。「やっぱり矢沢はいい曲を歌ってるねー」と改めて思いましたよ😃

| | コメント (0)

2022年3月24日 (木)

完全制覇『ARROW』

海外ドラマ『ARROW』のファイナルシーズンを観終わりました。
これで全8シーズン、計170話を全て視聴したことになります。約1年半かかったかな?
ファイナルシーズンでは、主人公のオリバー・クイーン(スティーヴン・アメル)が舞台であるスター・シティと仲間たちを救うため、自らの命を捧げる展開となります。要は主人公が亡くなってしまうわけですね。ドラマを締めくくるにふさわしい展開と言えるでしょう。
仲間たちの悲嘆はとても大きく、最終回は涙なしには見れないです💧オリバーの葬儀には、仲間たちだけでなく、別ドラマの主人公も参列しており、これは本当に泣ける展開だなーと感心しました。

『ARROW』は完全制覇しましたが、同じ世界観を共有している『THE FLASH』、『レジェンド・オブ・トゥモロー』、『SUPER GIRL』(いわゆる『アローバース』)は今も続いています。これらが続く限りは、『アローバース』のドラマをずっと観続けるでしょう。
また、『ARROW』のスピンオフの制作が今年1月に発表されたという情報があります。そちらも日本に上陸次第、観たいと思います。

| | コメント (0)

2022年3月23日 (水)

『相棒』シーズン20終焉

ドラマ『相棒』(テレビ朝日)のシーズン20が本日最終回を迎えました。
主人公・杉下右京(水谷豊)の相棒である冠城亘(反町隆史)がこの回を持って卒業すると発表されていたので、多方面で注目を集めました。
これまでの右京の相棒は、退職・異動・免職という形で去っていきました。なので、亘はもしかしたら殉職か?と密かに思ってました。劇中に一瞬それを連想する展開もありましたし。
実際は、公安調査庁に異動するという形で卒業していきました。ということは、かつて警視庁から警察庁に異動する形で卒業していった元相棒の神戸尊(及川光博)同様、亘も今後も右京と絡む可能性がありますね。
また、今回新たに判明したのが、右京・亘と関係の深い青木年男(浅利陽介)が内閣情報調査室へ異動するということ。つまり青木も卒業ということになるのでしょうか。これについては、現時点では正式発表がないので、何とも言えませんが、亘と違って青木は今後も登場し続けそうと思いました(笑)。
(3/25追記:青木も卒業すると発表されました)

ラストにて、右京が「もう少し一緒に働きませんか」と亘に問いかけるシーンがありました。それに亘は「最高のはなむけの言葉です」と返し、二人の信頼関係がとても深いものであることが伺えましたね。

問題がなければ、今年の秋にまた新シーズンを観ることができるでしょう。新しい相棒は誰になるかと、今から楽しみにしておこうと思います。

| | コメント (0)

2022年3月22日 (火)

3年ぶりに来日公演を行うザ・ベンチャーズ

以下のニュースを見つけ、歓喜しております。

<来日60周年記念 ベンチャーズ・ジャパン・ツアー2022>開催決定
https://amass.jp/155835/

ベンチャーズは毎年、来日公演を行っていますが、昨年と一昨年はコロナ禍の影響で中止となっていました。実に3年ぶりの開催となります。
前回の来日ツアーでは、大阪公演を観に行っています。今年観に行くとしたら、北海道公演になりますが、現時点で北海道公演は発表されていまっせん。多分、札幌で開催すると思うけど、まだ未知数ですね。

また、軽快なエレキサウンドを生で聴きたいものです。「ウォーク・ドント・ラン」、「パイプライン」、「ダイアモンド・ヘッド」などどれもいい曲ばかりですから。

↓公式サイトを随時チェックしていきます!

https://www.mandicompany.co.jp/TheVentures/

| | コメント (0)

2022年3月21日 (月)

これでいいのか!?地域批評シリーズ

先日の北海道帰省時、新千歳空港の書店で見つけた『これでいいのか北海道 まちの問題編』。マイクロマガジン社が発行する『地域批評シリーズ』の1冊であり、文字通り、北海道の市町村で発生している数々の問題を批評する内容の書籍です。
もうすぐ帰郷する立場として、ぜひ読んでおきたいと思い、購入しました。

実際に読んでみると、ほとんど悪口、罵倒に近い文言が並んでますが、問題点を鋭く指摘していると思いました。特に昨年に旭川市で発生した女子中学生いじめ自殺事件は、明らかに学校と教育委員会が事実を隠ぺいしていると断言しています。確かにこの事件は、遺族以外の関係者がみな消極的かつ不適切な対応に終始してますもんね。とりわけ前市長の対応は…。

この他、某漫画家の故郷である町は、その漫画家の代表作で町おこしをしているが、見るからにやる気のなさがうかがえると指摘されています。また、深刻な経営難に陥っているJR北海道に関する記述も。
予想以上に衝撃的な内容でしたね。

『地域批評』シリーズは、現時点で100巻を超えています。このうち、北海道を特集した巻は知っている限りでは、3巻あります。『まちの問題編』はその中の1巻です。
他の2巻もいずれ読みたいですね。また、大阪市の特集巻もあるので、そちらも。

大阪市編は、帰郷するまでに手に入れた方が良さそうです。北海道の書店では、直に手に入らないと思うので💦

 

| | コメント (0)

2022年3月20日 (日)

某設計ソフトに翻弄された一か月間

1か月前、職場にてとある設計ソフトの問い合わせがありました。「近々ライセンスが有効期限切れになる」とのメッセージが表示されたと。
ライセンスの管理元の部署に確認すると、一つ上のバージョンをインストールしろと指示されました。指示通り、インストールしたのですが、同じメッセージが表示されたままです。再度確認すると、「現在有効期限の延長申請をしているところだから問題ない」との返答がありました。
そして、2週間前に有効期限が切れた結果、使用不可となりました。当然、ユーザーからクレームが殺到しました。あわてて管理元に確認すると、「延長申請に時間がかかっている。それまでは古いバージョンを使え」との回答があり、急遽数年前に使用をやめたバージョンをインストールしました。たまたまインストールメディア(DVD-ROM)が残っていたので、対応できたのですが、本来ならこのような対応はできないはずです。
それから一週間後、ようやく延長申請が通りましたので、現在は最新のバージョンを対象のPCにインストールし直しているところですが、本当「翻弄された」という表現がぴったり当てはまる状態でした。累計3回インストールしているPCもあるぐらいです。

そもそも件のソフトはインストールに時間がかかります(完了まで約2時間かかったPCもあり)。更にはそのソフトを動かすのに別途必要なソフトがあり、それを入れておかないとインストールに失敗します。これにも翻弄されましたね。
また、管理部署の説明が二転三転したことも翻弄された要因でした。適当な説明だけで済まされ、手順書も提供されない中、手探りで対応を続けました。「よくここまでやったよな」と我ながら思ってます。

今の職場はこの手の苦労が結構あります。いずれ離れた後に、「回想」シリーズで振り返りたいと思います。お世話になっている反面、難儀したことも多数ありますので…。

| | コメント (0)

2022年3月19日 (土)

南海電鉄、最後の通勤定期券購入

毎月買っている南海電鉄および南海バスの通勤定期券の来月分を本日購入しました。
これが最後の通勤定期券購入となります。買い終わった時、「これで最後になるんだな」と改めて思いましたね。

南海電鉄での通勤が始まったのは2006年11月。それから16年半、ずっと南海で通勤してました。
今の職場に通勤するようになってからは、南海バスが通勤手段に加わりました。両方とも最初は単なる通勤手段にすぎませんでしたが、後にプライベートでも利用するようになりました。沿線の各駅・停留所には色々見所があるということを知れたのは有意義だったでしょうね。

南海バスはともかくとして、南海電鉄は帰郷後も利用する機会がありそうです。なぜなら関西空港駅が存在するからです。大阪に遊びに来た時に、南海電鉄で関空駅から大阪市内へ移動することになるでしょう。
自分のことだから、大阪での宿泊先は安いところにするでしょう。となると、新今宮駅周辺にあるビジネスホテルになる可能性が高いです。で、そこまでの移動手段は必然的に南海電鉄になりますよね。
こんな感じで、帰郷後も縁が続くだろうなー。

思えば、南海電鉄と南海バスも大阪でお世話になった企業の一つですね。
本当に感謝してます!

↓は通勤が始まった頃に撮影した岸里玉出駅の一コマです(06年撮影)。この駅で何度乗降したのでしょうか。とても数えきれない💦

152

| | コメント (0)

2022年3月18日 (金)

結局、大阪でもらった3冊目のおくすり手帳

先日、当ブログにて「2冊目となるおくすり手帳が埋まった。3冊目は札幌でもらうことになるだろう」と書きましたが、そうなりませんでした。
先週の胃腸炎による体調不良で病院を受診、その際に薬を処方してもらったので、同時に3冊目をもらいました。結果、3冊目も大阪でもらったことになります。
手帳の裏表紙には、もらった薬局の名前が押印されています。できれば3冊目は、札幌の薬局が押印されてほしかったなー。
4冊目こそ、そうしようと思います。

なお、先週の病院受診の際、腑に落ちない出来事がありました。
受診はすぐに終わったのですが、薬を渡されるまで2時間待たされました。通常は病院から患者に処方せんが渡され、患者がそれを薬局で薬剤師に渡し、薬を受け取るという流れですが、その病院ではコロナウイルス感染を防ぐ目的から、病院から直接薬局に連絡することになっているのです。にも関わらず、病院と薬局の疎通が取れていなかったのです。その結果、多くの患者が待合室で長時間待たされることになりました。
更に解せなかったのは、渡される順番がおかしかったこと。どうおかしかったかというと、渡されるのが受診が終わった順番になっていなかったのです。
その被害者である私は、待合室の中では早く受診が終わった方でした。なのに、渡されたのは最後の方。明らかに自分より後に受診が終わった患者の方が先に渡されていました。
ただでさえ待たされて腹が立ってるのに、渡されるのが後回しにされたということで、怒りのあまり受付を問い詰めました。さすがに謝罪がありましたが、その後もちょっと文句を言ってしまいました。それだけ気が立っていたわけです。その時は体調不良だったから、正常な状態ではなかったんですよ💦

このような事例は病院ではよくあることだと思いますが、ぜひ教訓にしてほしいです!病院の都合で、通常とは違う手順となっているのに、それを病院側が自ら反故にするなんて本末転倒でしょうから。

| | コメント (0)

2022年3月17日 (木)

地震の深刻な影響:東北新幹線の復旧が4月以降に

昨日23時36分、東北地方にて震度6の地震が発生しました。
震度6強となったのは東北地方のみですが、日本列島の広範囲にて地震が観測され、多大な影響が出ました。
中でも脱線した東北新幹線の被害は大きく、全面復旧が4月以降になると報じられています。

東北新幹線の全線再開、4月以降の見込み 震度6強で被害大きく
https://mainichi.jp/articles/20220317/k00/00m/040/273000c

首都圏と東北を結ぶ重要な交通機関なだけに、早い復旧が望ましいですが、そうはいかないようです。それだけ昨日の地震の影響が大きかったという証明でしょう。
これからのシーズンは、進学や就職、転勤などで移動が多いです。その最中に新幹線が動いてないのは、大打撃ですね。

まだしばらく地震のニュースが流れ続けるでしょう。心が痛くなるのは避けられませんね…。

| | コメント (0)

2022年3月16日 (水)

また放送されるウクライナ特番

今月20日、夜9時より放送される『NHKスペシャル ウクライナ深まる危機』。文字通り、ウクライナを特集したドキュメンタリーですが、この枠でウクライナの特集が放送されるのは、これで2度目です。
1度目の時に、「2度目がなければいいのに」と書いたのですが、残念ながらそうはなりませんでした。それだけ事態が悪化していることを物語っていますね。

現在、ロシアとウクライナの間で停戦交渉が続いていますが、それもいつ成立するかわからない状態。その最中でも、ロシア軍によるウクライナ攻撃が続いています。
次に放送される時は、『ウクライナ停戦の真実』などのサブタイトルだったらいいなー。これだと戦争は終わったことになるから。

「こんな無駄なことさっさと終わらせようぜ、プーチンさん」と呼びかけたいです。これ以上、罪のないウクライナ国民に危害が加えられるのはやめてほしいから…。

| | コメント (0)

2022年3月15日 (火)

『ミナミの帝王』は録画してでも観る、『格付けチェック』は最悪実家に録画してもらう

今月22日、夜7時より放送される『新・ミナミの帝王 ~スキャンダルを暴け!銀次郎に託された遺言~』(関西テレビ)。千原ジュニア主演のドラマシリーズ最新作です。
第21作目となる最新作は、主人公・萬田銀次郎(千原)の弟分である坂上竜一(大東駿介)に弟子入り志願者が現れるという、新たな展開に。同時に、銀次郎の顧客が騙される→その騙した悪党を銀次郎が成敗するという、恒例の展開もあるようです。
このシリーズは原則関西地区でしか放送されません。ゆえに、5月に帰郷する自分にとって、これが最後に観る作品となるでしょう。
当日に不測の残業がなければ、リアルタイムで観れるでしょう。残業があることを見据えて、録画予約しておきます。

なお、22日は同時間帯に『芸能人格付けチェック BASIC ~春の3時間スペシャル~』(ABCテレビ)が放送されます。
何もなければ、当日はリアルタイムで『新・ミナミの帝王』を観て、『格付けチェック』は後日録画したものを観るという流れになるでしょう。
ただし、前述した不測の残業がないとは言い切れません。残業があった場合に備え、『新・ミナミの帝王』は録画、『格付けチェック』は実家で録画してもらおうかと考えています。
前者は関西ローカルなので、こちらで録画しなければなりません。しかし、後者は全国ネットで故郷の北海道でも放送されるので、実家に録画してもらうことが可能なのです。
次の連休中に実家に連絡して、録画を頼んでおきます😃

というより、レコーダーをダブルチューナーのものに替えればいいんでしょうね💦そろそろブルーレイレコーダーも買い替え時かなー?

| | コメント (0)

2022年3月14日 (月)

2年ぶりの帰省

一昨日から本日まで、北海道に帰省していました。その目的は、5月から住む賃貸物件を探すためです。
あらかじめ不動産会社のサイトで情報を収集しました。結果、「良さそう」と思う物件が見つかり、その物件を取り扱っている不動産会社に見学を申し込みました。
実際に見た物件は、ほぼ自分の希望の条件にマッチしていました。そのまま不動産会社の事務所に戻り、契約を申し込みました。
現在は審査中で、それが通れば、5月からその物件に住むことになります。

物件の一部↓。日当たりが良いことを確認しました。

Img_1281

不動産会社を出た後は、実家に向かいました。実に2年ぶりです。
↓は最寄り駅周辺ですが、ご覧の通り、まだまだ雪が残っています。今年は雪解けが遅いか?

Img_1292

ほぼ1日駆けずり回っていたので、その日は午後10時すぎに就寝、朝まで8時間寝ました。
翌日はパソコンの不具合解消に勤しみ、その後は懐かしのテレビゲームをプレイしてました。

そして、本日大阪に戻りました。搭乗した飛行機はいつも通りピーチですが、またも遅延の便でした↓。

Img_1294

ピーチの便が遅延するのはもはや日常茶飯事で、一応割り切ってるつもりですが、いざその便に遭遇するとため息が出ますね💧

今回の帰省はこんな感じでした。帰省というより、帰郷準備ですね😃

| | コメント (0)

2022年3月11日 (金)

最初に札幌で観る映画の候補

先月に『ナイル殺人事件』をTOHOシネマズなんばで鑑賞し、これが大阪在住時の最後の映画館に行く機会となる見込みです。
となると、次に映画館に行くのは札幌に引っ越してからで、現在のところ鑑賞映画は『チェルノブイリ1986』と『トップガン マーヴェリック』が候補となっています。
いずれも複合施設・JRタワーの中にある映画館「札幌シネマフロンティア」(札幌市中央区:JR札幌駅そばに存在)で公開されます。

前者は文字通り、チェルノブイリ原発事故を描いた実録映画。事故の収拾にあたった消防士を主人公としています。
これまでにも同事故を描いたドラマや映画はありましたが、消防士の視点で描かれたのは本作が初でしょう。何より原発事故に深い関心を寄せている身としてはぜひ観ておきたい映画です。
大阪ではなんばパークスシネマで公開されるとのことで、もう少し公開が早ければパークスシネマに観に行ったかもなーと思いました。

後者は、トム・クルーズの出世作の続編で、これまでに数度公開が延期されています。
さすがに今度こそ公開されるでしょう。これ以上公開延期にできないと思うし😃

今のところ、前者を5月、後者を6月に観に行く映画にしようかと考えております。
後者はサッポロファクトリー(札幌市北区にある商業施設)の中にある映画館「ユナイテッド・シネマ札幌」でも公開されているので、後者はそちらで観るかもしれないです。札幌の映画館の特徴を掴んでおきたいので。

帰郷後も「映画の日」は継続します。やっぱりスクリーンで観たいですから😃

| | コメント (0)

2022年3月10日 (木)

業務スーパーのおかゆ

久々におかゆを食べました。
2日前から下痢が続いています。いわゆる感染性胃腸炎になっているのです。今は自宅療養中です。
おかゆはこういう時に食べるのに適しています。どうせなら、安く手に入れたいので、近所の業務スーパーに赴きました。
そこで売られていたのが3パックセットの「白がゆ」です。他のお店で売られているおかゆは、セットではなく、単品。業務スーパーのおかゆは単品ではなくセットであり、しかも単品で買うよりお得だったので、迷わずこちらを買いました。

おかゆ特有の食感と、ちょうど良いボリュームに魅了されました。当初は2パック同時に食べようかなと思ったのですが、1パックで十分お腹を満たしてくれましたね。
2パック残ってますが、近日中に食べ終わるでしょう。

業務スーパーの「白がゆ」については、以下に詳細が載っています。
https://mitok.info/?p=135004

冒頭に記した胃腸炎ですが、下痢と共に発熱があったため、当初はコロナウイルスかと思いました。病院を受診した際に、「PCR検査受けましょう」と医師から言われたので、受けることに。
結果は陰性で、処方薬が効いたので、すぐに体調は戻りました。なので、明日から職場に復帰しようとしたら、職場の規定で陰性後も2日間は様子見になるとのことで、復帰は来週になりました。
コロナ禍の前だったら、すぐに復帰できていたでしょう。コロナが風邪などと同じ扱いになるのは、まだ当分先みたいですね…。

| | コメント (0)

2022年3月 9日 (水)

2022年最初の『ザ・タイムショック』

テレビ朝日系にて、毎年春と秋の特番期に放送されているクイズ番組『ザ・タイムショック』。
2022年に入って、最初の放送は3月30日になることがわかりました。今回も3時間特番です。

常連のカズレーザー、宮崎美子、やくみつる、三浦奈保子らに加え、初出場となる者も沢山いるようです。中には初ではないけど、実に10年ぶりに出場する者もいるとか。間違いなく激戦になるでしょうね。

この番組におけるクイズは、少しでも知識がある方が有利です。出場者はみな予習してるんだろうなー。
出場者の博識ぶりに毎回脱帽しています😃

| | コメント (0)

2022年3月 8日 (火)

帰郷後は観れなくなるプロレス番組

帰郷まで、約一か月半となりました。
先述したように在阪のテレビ局が制作している好きな番組のいくつかを、北海道のテレビ局でも放送しています。なので、観る番組には困らなさそうです。
ただし、観れなくなる番組がないわけではありません。中でも独立放送局であるサンテレビ(本社:兵庫県神戸市)にて放送されている番組は、ほぼ試聴不可能となります。特にプロレス番組である『This Week in WWE』が観れなくなるのが悲しい…。ケーブルテレビやネット配信を利用する気のない自分にとって、地上波で観れる貴重なWWEの番組ですから。

『This Week in WWE』は、文字通りアメリカのプロレス団体、WWEの情報番組で、WWEの一週間をダイジェストで紹介します。日本では、本国で放送された同番組をそのまま直輸入し、日本語字幕を付けて放送しています。
毎週欠かさず観ていますが、帰郷するとそれができなくなるんですね。

かつてはWWEのDVDが日本のビデオメーカーから発売されてましたが、それも数年前に停止。更にはケーブルテレビでの放送も昨年末で終わったとか。
となると、ネット配信しかWWEを観れないんですよねぇ。

何とかネット配信以外で観れる方法がないものか…と、ずっと思ってます。往生際が悪いけど💦

| | コメント (0)

2022年3月 7日 (月)

【CM】BASE

定番のCMネタです。今回はこちら。

 

ネットショップの大手「BASE」のCMです。「BASE」にいちゃもんをつける集団に、香取慎吾と仲間たちが反論するという内容ですが、歌と踊りが妙に印象に残りますね😃
このCMのおかげで、「BASE」の知名度は一気に急上昇。ネットショップを開設するならば、まずBASEであろうという声もネット上に多く見受けられます。
CM自体は好きだけど、肝心のネットショップ開設にはあまり興味がないなー。多分、商売に向いてないと思うので💦

BASEのCMはいくつかパターンがあるようですが、今のところ上記で観ることのできるCMしか記憶にないです。まだあるのかな?
もしあったら、それらもYouTubeにあげてほしいです。

| | コメント (0)

2022年3月 6日 (日)

読書の楽しさを教えてくれた西村京太郎を偲ぶ

好きな作家・西村京太郎の訃報が届き、深く悲しんでおります。

トラベルミステリーの第一人者、作家の西村京太郎さん死去 91歳
https://www.sankei.com/article/20220306-TIJCB76N4VLJHN4DRW4PFJVBM4/

御年91歳ということで、大往生とも言えますが、まだまだ新作を書き続けてほしかったですね。なんせ、自分にとっては読書の楽しさを教えてくれた方ですから。
初めて西村の小説を読んだのは高校三年生の時。その前は、国語の教科書に載っているような小説を読んでいましたが、何か面白くない。試しにミステリーを読んでみようと思ったんですね。で、作家はミステリーの定番である西村京太郎がいいだろうと。
最初に読んだ西村作品は『ひかり62号の殺意』で、これが大当たり。1日で一気に読み終えました。これを機に西村作品を読むようになり、分かっている限りでは本日時点で520冊読んでます。
多分、彼の作品を読まなかったら、読書を趣味にできなかったと思います。つまり、自分に多大な影響を与えてくれた作家なんですよね。

偶然にも今回の訃報を知る直前に、新刊である『西日本鉄道殺人事件』(新潮文庫)を買ったばかりでした。これからもずっと彼の作品を読むことができると思っていました。それだけにショックが大きかったです…。

今後、各出版社、書店は何かしら追悼の機会を設けるでしょう。また、テレビ局は彼の作品を原作としたドラマを追悼番組として放送するかもしれません。

今は、「ご冥福をお祈りします」としか言えないです…。

| | コメント (0)

2022年3月 5日 (土)

次の『かりあげクンDX』は『連休がボクのモチベーション!』

今年4月11日に発売予定のコンビニコミック『かりあげクンDX』のサブタイトルは、『連休がボクのモチベーション!』であることがわかりました。
つまりゴールデンウィークをネタにした4コマが収録されるわけですね。果たして、主人公のかりあげはゴールデンウィークでどのようなイタズラをするのでしょうか。行楽地でカップルや家族連れにイタズラするんじゃないかと予想しています😃

何度も書いているように、『かりあげクンDX』は偶数月に発売されます。店頭での販売はローソンのみですが、ネット通販で取り扱われているので、そちらでも購入できます。
これまではローソンで直接購入してましたが、先月発売された『彼女いない歴 真っ黒だけど!』はアマゾンで購入しました。『連休がボクのモチベーション!』もアマゾンで買うことになるかも?ですね。

また『かりあげクン』でいっぱい笑えるぞーと喜んでいます😃

| | コメント (0)

2022年3月 4日 (金)

衝撃:祇園花月で火災

吉本興業の直営劇場である「よしもと祇園花月」で火災が発生し、出演者・スタッフ・観客が避難したと報じられました。

京都「よしもと祇園花月」で火災、客50人避難 出演芸人「逃げて」
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/743786

公演中に突如照明から煙が上がったとのこと。これはびっくりですね。ちょうど吉本新喜劇が上演されていた時であり、新喜劇座員が「逃げて」と誘導したのだとか。
実際にこういうことがあるんだなーとニュースを見て思いました。そのようなシチュエーションが展開されるドラマなどは観たことあるけど、まさかそのようなことが本当に起きるとはと驚きました。
今後、二度と起きてほしくない出来事ですね。

私は先月、祇園花月に足を運びました。それが最後と思ってましたが、来月も行けそうな感じです。
その時には完全復旧しているでしょうね。

| | コメント (0)

2022年3月 3日 (木)

強制キャンセルで返ってきた誕生日クーポン

10日前の記事に書いた「CDをタワーレコードオンラインで注文したが、そのCDは入荷不可で強制キャンセルになりそう」という話、今朝方現実のものとなりました。
その旨が書かれたメールが届きました。メールを見た瞬間、「ああ、やっぱりダメだったか」と思いました。覚悟はしてたけど、ショックでしたね。

ただ、注文の際に使うつもりだった誕生日クーポンが返却されたのが救いでした。件のクーポンは5月2日まで使用可能となっているので、それまでに使うつもりです。
どうせならタワーレコード限定品を買う際に使おうかと。ちょうどいい具合に、カルロス・トシキのソロアルバム『Emotion』が先月に再発売されたので、これを買う時に使うのが最適でしょう。

余談ですが、2020年にカルロス・トシキ&オメガトライブのベストアルバム『CITY POP BEST SELECTION』が発売され、その中に『Emotion』の楽曲が2曲収録されています。
2曲以外の音源はすでに所持しているので、このベストを買うのをためらっていましたが、『Emotion』の再発売により、買う必要がなくなりました。ある意味、タワーレコードに感謝すべきかも😃

| | コメント (0)

2022年3月 2日 (水)

3冊目は札幌の薬局でもらう「おくすり手帳」

22826163_s

昨日、皮膚科に行き、手の湿疹に効く薬を処方してもらいました。
毎回、薬を処方してもらうごとに、薬局で薬剤師に渡すのが「おくすり手帳」です。ちょうど昨日で、持参したおくすり手帳のページがほぼ埋まりました。
今の手帳は2冊目です。当然ながら次の手帳は3冊目になりますが、何もなければ3冊目は札幌の薬局でもらうことになるでしょう。
もう大阪で使うことはないと思ってます。

こちらの手帳を使うようになって、10年以上が経過しました。
かつては「そんなの要らない」と思ってましたが、いざ使ってみるととても便利ですね。欲しい薬がすぐわかるし、後から薬の成分などを調べることもできます。
いつのまにか手放せなくなっていました。今後も重宝します。

| | コメント (0)

2022年3月 1日 (火)

今思えば自分向けではなかった『県別マップル』

出版社の昭文社が発行する『県別マップル』。
一言で言えば、各都道府県の地図です。20年前、大阪府に引っ越す際に東京の書店でこの地図を買いました。
その1年後に兵庫県に引っ越したので、兵庫の『県別マップル』も購入しました。購入から数年間はごく稀に使用してましたが、今はほぼ使うことはないです。今も家にありますが、完全に不用品になってしまっているので、近々処分します。もう20年前の発行だから、変わっている箇所も多々あるでしょうしね。

何より、この地図は本来は乗用車向けなんです。つまり車を運転しない自分には不向きだったんですね。買って20年経って、そのことに気づきました。遅すぎるけど💧

今はスマホで手軽に地図が見れる時代です。わざわざかさばる地図を持ち歩きたいと思わないですねー。出版社に申し訳ありませんが💦

なお、『県別マップル』の大阪版は2015年発行が最新です。兵庫版は2014年です。あと数年の間にどちらも最新版が発行されそうですね。

| | コメント (0)

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »