« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月28日 (木)

最後の大阪の夜に観た番組は…

今日は6年半働いた職場の最終日。無事、業務を終えることができました。
そして、大阪市民としては最後の夜となります。明日の夕方に北海道行きの飛行機に乗るからです。明日で20年間の大阪生活にピリオドを打つわけですね。
気になるのは、明日の天気が雨であること。現時点で航空会社のツイートには、「悪天候に伴う運航への影響は無い見込み」となっていますが、それが変わる可能性がありますからね、油断ならないんです。もっとも天候ではなく、飛行機の機材繰りもしくは前便の到着遅れで、出発遅延となる可能性の方が高いけど💦

最後の夜ということで、久々にサンテレビの『ビッグ・フィッシング』を観ました。この番組は関西圏でしか放送されてないので、もうリアルタイムで観ることはないでしょう。
帰郷後は司会のオール阪神師匠の姿をテレビで観る機会もぐっと減るだろうなー。それがとても残念です💧

      Img_1320  Img_1321

※引っ越しの関係で明日からしばらくの間、ブログの更新を停止します。再開は5/6の見込みです。

| | コメント (0)

2022年4月27日 (水)

【CM】ムヒER ミミカキスト編

定番のCMネタです。今回はこちら。

 

池田模範堂が販売している「ムヒER」のCMです。
以前も「ムヒER」のCMを紹介していますが、それとは別物で、こちらは最近放送が始まったCMです。「ミミカキスト」というテロップが表示されているので、それを題名としました。
「ムヒER」は一言で言えば、耳の中のかゆみを抑える薬です。他にも耳のかゆみ止めの市販薬はありますが、その中では一番知名度が高いと思います。
前回に「ムヒER」のCMを紹介した記事にも書きましたが、私自身耳のかゆみに長年苦しめられています。
かゆくなった時は、耳鼻科で処方してもらった薬を塗るようにしていますが、一度は「ムヒER」を使ってみようかなーと思っています。できるだけ市販薬は使わないようにしてるけど、もしかしたら「ムヒER」の方が効果があるかもしれないし。
長年苦しんでいるのは、ずっと耳かきで掻いていたのが原因でしょうね。それがかゆみの原因だったと知ったのは、だいぶ後になってからでした。今となっては後悔してます…。

| | コメント (0)

2022年4月26日 (火)

山梨で見つかった人骨、何やら複雑な事件となりそうな気配が…

2019年9月に山梨県のキャンプ場で、小学1年生の女児が行方不明になりました。この事件は多くの方がご存知でしょう。
そのキャンプ場で人骨が見つかり、女児行方不明事件との関連性を含めて、警察が捜査を進めていると報じられました。

山梨・道志村で未成年の骨発見、女児不明のキャンプ場から600m
https://mainichi.jp/articles/20220426/k00/00m/040/139000c

できれば、その骨の主が女児であってほしくないです。女児であったとしたら、行方は解明されるけど、ご家族の悲しみはとても深いものになりますから…。
一方で女児ではない場合は、誰の骨なのかという疑問が残ります。どちらにしても、何やら複雑な事件となりそうな気配です。

結果を知るのが怖い…。

| | コメント (0)

2022年4月25日 (月)

『少年アシベ』も無料で楽しんでます

先日、当ブログにて漫画『かりあげクン』を『ふたまん』(『かりあげクン』を出版している双葉社が運営するサイト)で楽しんでいるとの記事を書きました。
その記事通り、毎日『ふたまん』にて、『かりあげクン』を読んでいるのですが、最近になってもう1つ読む漫画が増えました。それは『少年アシベ』(作者:森下裕美)です。
1990年代にテレビアニメが放送されましたので、ご存知の方も多いでしょう。主人公のアシベとペットのゴマアザラシ・ゴマちゃん、アシベの両親、その他周囲の人々が絡むギャグマンガです。

少年が主人公のせいか、ファミリー向けでほのぼのとしているのがいいですねー。今日、配信された4コマ(↓)では、両親がいなくて寂しいと泣くアシベがかわいいです😃
https://futaman.futabanet.jp/articles/-/121780?page=1

こちらも『かりあげクン』と共に、毎日楽しませてもらいます。どうせなら配信を半永久的に続いてほしい!

| | コメント (0)

2022年4月24日 (日)

5/8放送:『ドリフに大挑戦スペシャル』第2弾

昨年9月にフジテレビ系で放送され、好評を博した特番『ドリフに大挑戦スペシャル』。
かつて同局で放送された『ドリフ大爆笑』にて、ドリフターズが演じたコントを、現代の若手・中堅芸人やアイドルが再現するという趣旨の番組です。一部のコントには本家のドリフメンバーが参加しているのも特徴です。
この特番の第2弾が5月8日に放送されます。以下はその詳細です。

ドリフのコントに“大挑戦”第2弾放送へ 井上咲楽&山之内すず&百田夏菜子が体張って“水落ち”コント
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/1016607

前回出演した劇団ひとり、柴田英嗣(アンタッチャブル)、澤部佑(ハライチ)らが引き続き出演する他、新たなメンバーも加わります。今回も3時間スペシャルということで、その時間はずっと笑っていられることになりますね😃

個人的には「階段落ち」が再現されていたら嬉しいです。時代劇の撮影で、スタントマン(加藤茶)が勝手な演技をし続け、そのたびに監督(志村けん)が激怒して、スタントマンを台本で叩くという内容でした。昨年12月に放送された志村の生涯を描いたドラマでは、山田裕貴(志村)と勝地涼(加藤)がこのコントを見事に再現していました。それだけにまた別の人に再現してもらいたいと思ってしまいます😃

放送日が5月8日ということで、ちょうどゴールデンウィークの最終日になります。とてもいい締め括りですね。
早く観たいものだなぁ。

| | コメント (0)

2022年4月23日 (土)

文春ムック 西村京太郎の推理世界

先月3日に亡くなった推理作家・西村京太郎を追悼したムックが今月6日に刊行されました。
題して『文春ムック 西村京太郎の推理世界』。内容は赤川次郎、東野圭吾の追悼文を筆頭に、オール讀物推理小説新人賞受賞作の『歪んだ朝』を始めとする短編5作、赤川、山村美紗といった作家仲間との対談、全著作リストなど多彩となっています。
西村ファンの一人として、絶対に買わなくてはならない(?)ムックと言えるでしょう。
人気作家のムックとあって、すぐには絶版にはならないと思ってますが、早めに買った方が良さそうと思いました。で、今日の昼間に書店に行って買ってきました。
まだ、3分の1も読んでませんが、実にいい本だと感じてます。「永久保存版」とのキャッチコピーが表紙にありますが、「まさにその通り」ですしね。
往年のファンはもちろん、まだ西村京太郎を知らない人々にもぜひ読んでほしいと思う1冊です。

| | コメント (0)

2022年4月22日 (金)

今年も季節限定アイスコーヒー販売開始

毎年、3~4月になると、各自販機にてアイスコーヒーが販売されるようになります。大体、9月末ぐらいまで販売されます。
それらを必ず飲んでいます。飲まないと損した気分になるので💦

今年は、「ファイア 直火アイスコーヒー」(キリン)、「ボス 地中海ブレンド」(サントリー)、「ワンダ アイスマウンテン」(アサヒ)の3種類が販売されていることを確認済です。
あとはジョージア、ポッカあたりが販売されるかと。もしかしたら伊藤園やサンガリアもあるかな?

いずれのアイスコーヒーも、来月から住む北海道でも手に入るはずですけど、わかりませんからねぇ。ひとまず、引っ越すまでに「ファイア 直火アイスコーヒー」を飲もうかな?

| | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

阪神タイガースの今シーズンと暗黒期を比較する記事

プロ野球セ・リーグの今シーズン、ぶっちぎりの最下位の阪神タイガース。
本日の対横浜DeNAベイスターズの試合も、6回裏降雨コールドで敗戦となりました。現在の成績は3勝19敗という惨状です。

これだけ負け続けると、どうしてもかつての暗黒期時代を思い浮かべるファン・関係者が多くなります。実際、週刊誌にてこんな記事が掲載されました。

今の阪神「最弱の暗黒期」とどっちが弱い?1987年は37.5ゲーム差の最下位
https://www.news-postseven.com/archives/20220421_1747372.html?DETAIL

この87年が暗黒期の始まりだったんですねー。記事にもあるように、87年から2002年までの16年間はBクラス15回、うち10回は最下位という、悲惨な成績となっています。
このまま負け続ければ、確実に今シーズンは最下位でしょう。で、その後のシーズンも最下位が続き、第2の暗黒期に突入する可能性もゼロではありません。
本当に流れを変えないと、また上記のような週刊誌記事が出てきてしまいます。それを阻止するためにも奮起してほしいですが、どうなるやら…。

| | コメント (0)

2022年4月20日 (水)

ミャンマーとアフガニスタンも特集する『NHKスペシャル』

今月17日、『NHKスペシャル』枠で放送された『忘れられゆく戦場 〜ミャンマー 泥沼の内戦〜』。
現在の国際社会はロシアとウクライナの対立に目が行きがちですが、ミャンマーも立派な戦場です。『忘れられゆく~』では、少数民族が果敢にミャンマー軍に立ち向かっていく様が映し出されていました。
昨年は2回、ミャンマーの特集が放送されました。しばらく間が空いてましたが、17日の放送分で再度特集されました。どう見ても良い状況ではないですね。軍事政権が続く限り、状況は好転しなさそうです。

そして、今月23日には『ブルカの向こう側〜タリバン統治下の女性たち〜』が放送されます。こちらはアフガニスタンを特集した回で、こちらも昨年に政権が崩壊したことにより、混沌とした状態が続いています。一人の女性ジャーナリストにスポットを当てた内容で、こちらもミャンマーの特集回同様、とても"重い"ものになっているでしょうね。

なお、23日の回が大阪で観る最後の『NHKスペシャル』となる予定です。まぁ、この番組は全国ネットですから、札幌でも十分観れるでしょう。

| | コメント (0)

2022年4月19日 (火)

北海道Uターンによる引っ越し準備③

あと10日後となった北海道Uターン。
まだまだ準備は続いていますが、ここ数日間は各種生活用品を新品に買い替えるのに注力しています。
小物(例:風呂場の椅子、歯磨き粉など)は近隣のお店で買いました。それらは引っ越し当日に梱包し、札幌の住居に送ります。一方で大きいもの(カーペット、カーテン、テーブルなど)は、事前にネット通販で買い、引っ越し後に新住居に送ってもらえるようにします。

新住居は、現在の住居と家賃はほぼ同じですが、間取が1Kから1LDKになりました。つまり今の住居より広くなり、部屋も増えることになります。
それはそれで嬉しいけど、新たに必要になったものが複数あるんですね。そのために引っ越しに掛かる費用が想定よりも高くなってしまいました。まぁ、仕方ないと割り切っています💦

考えてみると、20年前に北海道から東京(実際は埼玉県)に引っ越した際も、相当なお金が掛かったはずです。その時は完全に親に丸投げしていました。今となっては、本当に申し訳ないと思ってます。
引っ越し費用、生活用品の準備、上京時の飛行機代、これだけでも50万円は掛かっていたのではないでしょうか。加えて、当時の会社(回想シリーズでお馴染みのB社)から先に2か月分の家賃を振り込めと指示されていたので、更にお金が掛かったでしょう。
B社は引っ越しに対し、全く援助しなかったんですよね。本当に「鬼」かつ「血も涙もない」対応でした。B社から届いた封書に、はっきりと「引っ越し費用、飛行機代は自己負担ください」、「先に家賃2か月分を振り込んでください」と書かれてました。これを書いた人間は、何の感情も沸かなかったのでしょうか。
自分だったら、どんだけ社員および社員の家族に負担を強いているのかと思うと申し訳なさすぎて、とても書けないですねー。

やっぱり人間味のない輩の集まりだったB社。今もこんな対応をしているのでしょうか…。

| | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

札幌市営地下鉄でも1日乗車券やICカードを有効活用

繰り返し書いているように、来月から北海道札幌市に住む私。
札幌の住居は、札幌市営地下鉄の沿線です。必然的に札幌市営地下鉄に乗る機会が多いでしょう。こちらにおいても、大阪で乗車している大阪メトロと同様に、1日乗車券やICカードを有効活用するつもりです。
札幌市営地下鉄では、1日乗車券のほか、土日祝専用のドニチカキップがあります。どうせ乗るのなら、ドニチカキップの方がお得でしょう。なんせ520円ですから。大阪メトロのエンジョイエコカード(同じく土日祝の1日乗車券で価格は600円)より安いのが魅力です😃

ICカードは「SAPICA」があります。大阪メトロのPiTaPaと違い、直接の運賃割引はないものの、乗車券の購入および決められたお店で買い物すると、ポイントを貯めることができ、その貯まったポイントで乗車券を買うことができます。形は違えど、お得なサービスを受けられることになりますね。

早ければ、来月7日にドニチカキップを利用して、レバンガ北海道(プロバスケットボール(Bリーグ)のチーム)の試合を観に行こうと思っています。地下鉄でレバンガのホームグラウンドである「きたえーる」(豊平区)に行けるし、試合を観終わった後は大通周辺で買い物や食事を楽しめるでしょう。
まだ引っ越してないのに、色々楽しむことを考えております😃

| | コメント (0)

2022年4月17日 (日)

現在のかかりつけ医で最後の歯科検診

本日は、3か月ごとにしている歯科検診の日でした。
いつも通り、歯科衛生士による歯垢の除去→歯のクリーニング→歯間ブラシをしました。この後に医師によるチェックが入り、治療が必要な歯があれば、次回の診療日を予約します。その必要がない場合は、次回の検診日を決めます。
今日はそれらがありません。なぜなら、今日が最後の検診日だったからです。
その理由は、ご承知の通り、「帰郷のために札幌市に引っ越すから」です。今のかかりつけ医は7年間診てもらってました。それだけに愛着があるので、できればずっと診てもらいたいけど、さすがに札幌から通うわけにはいきません。泣く泣く(?)、最後の通院となりました。

今日の検診では小さな虫歯が見つかりました。幸いに小さいので、急いで治療する必要はないけれど、いずれは必要になるでしょう。今のうちに近隣で良さそうな歯科医を見つけ、引っ越し後に診てもらおうと思います。

当然のことながら、引っ越しにより、歯科医だけでなく、他の診療科もかかりつけ医が変わります。そちらの情報も収集しておかないといけないですねー。

先に述べた通り、今の歯科医には7年間診てもらいました。歴代の歯科のかかりつけ医では、2番目ぐらいに長く診てもらったかな?と思ってます。
次のかかりつけ医もそれぐらい長く診てもらえるところを探したいです。

| | コメント (0)

2022年4月16日 (土)

2か月ぶりの祇園花月

Img_1316

今年2月以来、2か月ぶりに祇園花月に行ってきました。
2月の時に「これが祇園花月に足を運ぶ最後の機会」と書きましたが、運良くもう1度行くことができました。
おかげさまで2019年のM-1グランプリの王者・ミルクボーイを初めて観ることができました。正確に言えば、7~8年前に同じ祇園花月で観ているのですが、その時は前説担当であり、本業の漫才はしていません。当時はほぼ無名なので、全く覚えていませんでした。今や大スターですね。
お目当てのオール阪神・巨人師匠の漫才、当然ながら大爆笑です。ラストの吉本新喜劇では、酒井藍座長の持ち役・藍五郎を観れたのが良かったですね。また、池乃めだか師匠も味のある演技と笑いで魅了させてくれました。最近は浅香あき恵さんとの夫婦役がすっかり定着したように思います。

今回も2月の時同様、昼食として阪急電鉄十三駅構内の「若菜そば」にてポテうどんを食べました。もちろん美味しかったけど、食料品の値上げの影響か、前回より明らかに量が減ってました。
(実際のポテうどんの写真↓左が前回、右が今回)

       Img_1267_20220417090101  Img_1314

今後、祇園花月に行くことはあるかもしれませんが、ポテうどんを食べるのは本当に最後になるかも?ですね。札幌のうどん屋で提供されていたら、話は別ですが😃

祇園花月に行く時に、必ず撮影するのが京都名物・鴨川です。ここはいつ観ても絶景ですね。

Img_1315

思い返せば、祇園花月およびその周辺も幾度となく足を運びました。祇園花月がなければ、その機会はなかったでしょうね。
これからも京都を代表する演芸場として、ずっと残ってほしいと思います。

| | コメント (0)

2022年4月15日 (金)

光文社文庫では初となる今野敏作品

今月、光文社文庫から刊行されたばかりの『機捜235』。ジャンルは警察小説で、作者は今野敏です。
多くの警察小説を刊行している同文庫ですが、今野の作品が同文庫から刊行されるのは本作が初めて。長く作家として活動しているのに、光文社文庫とはなぜか縁がなかったんですね。
『機捜235』はこれまでに2度ドラマ化されており、どちらも視聴済です。一方で原作に触れるのは今回が初となります。

『機捜235』は親子ほど年齢が離れた刑事コンビが難事件を解決するというもの。よって、どの世代でも馴染める作品ではないでしょうか。
今後も新作が刊行されるのと共に、ドラマの新作も期待しています!

| | コメント (0)

2022年4月14日 (木)

小1のITパスポート合格を引き合いに出す輩がいなければよいが…

気になるニュースを発見しました。

ITパスポート試験に7歳の小学1年生が合格、最年少記録を更新 12歳以下の合格者は累計61人に
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2204/14/news109.html

ITの国家資格試験にて、一番下のランクとはいえ、その年齢で合格できたのは素晴らしいですね。自分が合格したのは28歳の時だったから、羨ましくて仕方ありません💦
さらに驚いたのは、12歳以下の合格者が累計61人も居るということ。この方々は頭の出来が常人と違うんだろうなーと思いましたね。

一方で、このことを引き合いに出して、ITパスポートや基本情報技術者試験に合格しろと発破をかける輩がいるのでないかという懸念があります。特にIT企業の経営職とか、専門学校の講師とかに居そうな気がします。
自分がかつて在籍した会社の経営職なら、ほぼ確実に引き合いに出すでしょう。実際、「小学生でも合格できる試験なのに、なぜおまえらは合格できないのか」と発言してましたしね。
はっきり言って、そんな特殊な事例を出されても意味ないです。それよりも一人でも多く合格者を出せるよう、手助けをするべきではないでしょうか。何も手助けなし、ただ合格しろと言うだけ、そんな経営職に従う社員が居ると思うか?と言いたいです。
事実、その経営職および会社は、全員合格を命令しておきながら、何もしてくれませんでした。本当に"口だけ出す"でしたね。

ともあれ、合格した児童には心から拍手を送ります。基本情報技術者試験においても、最年少の合格者が出る日が近いかな?

| | コメント (0)

2022年4月13日 (水)

1年前に企画が頓挫していた『ダイ・ハード6』

先月30日、失語症により、俳優を引退すると発表されたブルース・ウィリス。
ウィリスといえば、映画『ダイ・ハード』シリーズが代表作として知られています。このシリーズは2013年公開の5作目『ラスト・デイ』が最後となっています。
5作目の後に6作目が企画されていたことは知っていましたが、今回のウィリスの引退でそれは頓挫したと思ってました。しかし、実際は1年前に頓挫していたんですね。つまり、ウィリスの引退とは無関係でした。

詳細:
https://www.cinematoday.jp/news/N0125058

このシリーズのファンですから、6作目は当然期待していました。ウィリスの引退を知った際に、「もう新作は観れないのかなー」と思ってたのですが、実際はそれより前に頓挫していたと知って唖然としましたね。

もう新作は観れませんが、旧作の面白さは変わりません。この機会に旧作を観直そうと思っています。やっぱり第1作目が一番面白いでしょうね。シリーズの中でもっとも地上波で放送されている回数が多いだろうから😃

| | コメント (0)

2022年4月12日 (火)

製造終了「アタック シュッと泡スプレー」

愛用の襟・袖用洗剤「アタック シュッと泡スプレー」が製造中止となりました。
販売元の商品紹介ページにて、詳細が載っています↓。

https://www.kao.com/jp/products/attack/4901301755032/

幸いなことに二日前に詰め替え用の在庫品が見つかったので、もうしばらく使えますが、いずれは別の類似品に変えなければならないでしょう。
次に使う襟・袖用洗剤は後継の「アタック泡スプレー 除菌プラス」↓にするつもりです。

https://www.kao.com/jp/products/attack/4901301408556/

後継品は今月16日から販売されるとのこと。早ければ週末に近所のスーパーで見かけることができると思っています。

| | コメント (0)

2022年4月11日 (月)

ジーパン刑事殉職編の再放送は観れず

毎週日曜日、欠かさず観ている『太陽にほえろ!』の再放送(サンテレビ)ですが、帰郷する関係で観れるのはあと2回となりました。
次回(17日)放送されるのは第105話で、その次(24日)は107話となる見込みです(106話は欠番のため再放送なし)。よって、107話が最後に観る回となります。

ということは、伝説のジーパン刑事(松田優作)の殉職編は観れないですねー。殉職編は111話ですから。
一年前にジーパン刑事が登場した時は、「殉職編はギリギリ観れるかなー」と思っていたのですが、北京オリンピックなどスポーツ中継で再放送が流れる週がいくつかあったため、叶わぬことになりました。
まぁ、当該の回は幾度となく観てるし、いざとなればDVDを買いますから、特に影響はないんだけど、せっかくリアルタイムで観れる機会があるわけだし、どうせなら観たいと思ってました。
それだけ名作なんですよね、殉職編は。

今後も語り継がれる回であってほしいです。間違いなく、日本のドラマ史に残る名作だから。

| | コメント (0)

2022年4月10日 (日)

自分のルーツを辿る旅→最後の新世界

本日は午後より大阪市住之江区内を散策しました。
現在も住み続けている住之江区ですが、最初に住んだのは今の住居とは別のところ(つまり前の住居ということ)で、その住居から通勤していたのが南港の職場でした。本日はその双方を訪れました。
※どちらもプライバシーの関係から写真撮影はしていませんので、どのあたりかは文章から想像ください

前の住居は、住之江公園より南東に徒歩15分ほどのところにあります。大和川に近いため、この川が氾濫する恐れがあれば、間違いなく避難対象区域になるでしょう。
今の住居に引っ越した後も2回ほど行ってますが、それも10数年前の話。改めて行ってみると、見事に(?)迷いました。最初に行った時も迷ったので、本当にわかりにくいところにあるんだなーと思いましたね。
かつて住んだ部屋は、今は空室のようでした。交通の便が悪いし、部屋もあまりいいところではないので、空室であってもおかしくない状況でした。

次に向かったのは、ニュートラム沿線にあった職場。こちらも最寄り駅から徒歩15分ほどのところにあります。
半年間働いてましたが、何もいい思い出はないですね。そこでしかやらない業務なので、キャリアアップ・スキルアップに繋がらないし、残業は多いし、周囲の技術者との相性も悪かったし。本当に何もいい思い出がありません。挙句の果てには、通勤も大変という、非常に労働環境が悪いところでした。
これまでに幾度か遠目でその職場を見る機会がありましたが、間近で見たのは離職後初めて。「相変わらずデカいビルだな。その割に労働環境は良くないんだよね」と皮肉ってやりましたけど😃

この散策は、いわば過去の自分のルーツを辿る旅であると同時に、過去の自分との決別でもあったんですね。ようやく心の整理が付いたと思います。

そして、最後に向かったのは大阪の歓楽地・新世界(大阪市浪速区)。
大阪市民として、新世界を訪れるのはこれが最後です。今日も名物の通天閣、ジャンジャン横丁、串カツを堪能しました。

 Img_1309 Img_1310 Img_1308

次回は、北海道からの観光客という立場で訪れるつもりです。また、違う視点で新世界を見ることができるでしょうね。
多分、観光客として来た時は、この周辺のカプセルホテルに宿泊するでしょう。新世界で迎える朝はどんな感じだろうか…。

| | コメント (0)

2022年4月 9日 (土)

『仮面ライダー』『ミナミの帝王』主演俳優が万引きで契約解除の衝撃

昨日に報じられたこちらのニュースは衝撃的でした。

ボイメン小林豊が契約解除 福岡ドラッグストアで「9000円相当」万引き 商品代弁償で逮捕されず
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202204080001261.html

芸能人で不祥事を起こして、所属事務所から契約解除されたケースは沢山ありますが、万引きで契約解除というのはほとんどないんじゃないかと思います。
逮捕されなかったのは、すぐに代金を支払ったからとのことですが、だったらなぜ万引きしたのか。万引きのスリルを味わいたかったのか?としか思えず。
本当、アホなことをしたなーと思います。

上記URLにも書かれていますが、小林は2013年放送の特撮ドラマ『仮面ライダー鎧武』(テレビ朝日)に主演してブレイクし、その後多くの作品に出演しました。個人的には19年放送の深夜ドラマ『ミナミの帝王ZERO』(関西テレビ)の萬田銀次郎役が印象に残っています。
今回の小林の報道を受けて、改めて調べたところ、『ミナミの帝王ZERO』は本放送から1年後にDVD化されていました。現時点で生産中止との情報はないので、今も入手可能なのでしょうが、もはや『ミナミの帝王ZERO』を観るにはDVDを買う・借りるしかないでしょうね。地上波での再放送はないだろうし、ケーブルテレビ・ネット配信でも観れないだろうから。

できれば続編を観たかったけど、少なくとも小林主演では不可能となりました。本人には猛省してもらわないといけないですね。どれだけ大勢の人に迷惑をかけたのか、実感してもらうにも…。

| | コメント (0)

2022年4月 8日 (金)

公開決定:『シティーハンター』劇場版の続編

2019年2月に公開され、大ヒットした映画『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』の続編の製作が決定したと報じられました。

「シティーハンター」新作劇場版の制作決定! 「Get Wild」リリース35周年の記念日に発表
https://eiga.com/news/20220408/2/

出演声優および主題歌は前作と同じだそうです。従来のファンはこれだけでも納得してくれるでしょうね😃
気になる公開時期は未定とのこと。早くて年内、遅くても来年には公開されると予測しています。
前作はTOHOシネマズなんば(大阪市中央区)で観ましたが、続編は札幌市内の映画館で観ることになるでしょうね。運良く大阪に遊びに行っているタイミングであれば、TOHOシネマズで観るけど、そうタイミングが合うとは思えないので、観るとしたら札幌になるだろうなー。

また、『シティハンター』の醍醐味であるアクションとコメディをスクリーンで楽しみたいと思います。早く公開日が決まってほしいものだ😃

| | コメント (0)

2022年4月 7日 (木)

ヘッドホン買い替えは引っ越し後に

音楽鑑賞時に使うヘッドホン。今、使っているのは3年前に買ったものですが、どうやら限界のようです。
というのも、左のヘッドホンが聴こえなくなってしまいました。時折、聴こえることもあるけど、すぐに聴こえなくなるのでやはり限界なのでしょう。
いつもなら、すぐに買い替えを検討するところですが、何度も記事に書いているように引っ越しを控えている身です。少しでも持っていく荷物を減らしたいので、新しいヘッドホンは引っ越し後に買おうと思っています。

買うヘッドホンは、パナソニックの「RP-HZ47」。すでに何度も買っており、買い替えるごとに色を変えています。次はレッドかな?

 

以前はこちらのような、クリップハンガーのヘッドホンを電器店やネット通販でよく見かけましたが、今は「RP-HZ47」ぐらいしかないようです。ということは、「RP-HZ47」が生産中止になったら、類似品は買えなくなっちゃうなー。
何とか生産中止になることを避けてほしいです。完全に個人的な都合だけど💦

| | コメント (0)

2022年4月 6日 (水)

アマゾンカスタマサービスへのクレーム事例

ネット通販の大手のひとつであるアマゾン。多くのネットユーザーから愛用されている反面、トラブルも多く報告されています。
私自身も過去にトラブルがあり、その際に問い合わせたのがカスタマサービスです。チャットにて、専用窓口と直接対話しました。

そのトラブルは、正確にはアマゾンではなく、アマゾンが委託した配送業者に問題があったのです。
概要および時系列を書くと、以下の通りになります。

①平日昼間に注文した商品が届けられるが、不在なので通知が来ていた
②すぐに再配達を依頼。希望は数日後の午前中
③再配達当日、希望した午前中に届かなかったため、カスタマサービスに連絡
 担当窓口は謝罪した後、もう一度再配達を依頼するか、それともキャンセルするかの二択を提案
 キャンセルする選択肢はないので、再配達を依頼。当日の午後7時~9時の間と希望
④午後8時を過ぎても届かない。もうすぐ9時というところで、確認してみると、何と「配達完了」となっている
 すぐに郵便受けを見ると、注文した商品が入っていた
⑤カスタマサービスに再度連絡。「なぜ郵便受けに入れるのか。最初からそれをしなかったのはなぜか。
 最初からそうしていれば、再配達を依頼する必要はなかったではないか。いい加減すぎないか」とクレームを入れた。
 当然向こうは謝罪し、配送業者への教育を徹底すると約束

上記の概要・時系列を見ればわかるように、配送業者がいい加減すぎだったんですね。
多分、再配達の際に郵便受けに入れたのは、対面で渡すとこちらから文句を言われそうでイヤだったからではないかと推測しています。
配送業者が悪いのは言わずもがなですが、専用窓口にもやや不信感があります。何で「キャンセルする」選択肢があるのか。これも要は「配送が遅れることに文句あるなら、キャンセルすりゃいいだろ」みたいに聞こえたんですよね。

もっともこの際のクレームがきちんと配送業者に伝ったのか、その後はこの手のトラブルはありません。よほどヒドい担当者だったのかなぁ。

同じような経験を持つ方がおられましたら、教えてくださいませ。

| | コメント (0)

2022年4月 5日 (火)

間違えて買った「鱒とば」が美味しかった

先月の北海道帰省時、行きつけの酒場へのお土産として「鱒とば」を買いました。が、実はもとは「鮭とば」を買うつもりだったのです。完全に間違えてしまいました💧
そのことに気づいたのは、関西空港に到着後、ふとお土産を確認した時です。パッケージの表記が「鮭」ではなく「鱒」になっていたことに気づき、愕然としました。
帰宅後に酒場の店主へ「間違えて買ってきてしまいました」との謝罪の言葉と共に、鱒とばの写真をLINEで送信。「せっかく買ってきてくれたんだから」と快く許してくれました。
それから一週間後、鱒とばを持って酒場に来店。店主や周囲のお客とお酒を酌み交わしながら、実際に食べてみたところ、鮭とばとは確かに味は異なりますが、こちらも十分お酒のおつまみとして通用する味であることがわかりました。個人的には鮭も鱒も好きな味ですね。

鮭とばも鱒とばも関西でも手に入りますが、せっかく来月からは本場の北海道に住むのだから、いっぱい食べさせてもらおうと思っています。大阪ではたこ焼きをお酒のおつまみにしていたのを、向こうでは鮭とば・鱒とばになるんでしょうね😃

↓は実際に買ったものとは異なりますが、鱒とばの一例です。

 

| | コメント (0)

2022年4月 4日 (月)

何かスゴい夢を見てしまった気が…

数日前、とてもおかしな夢を見ました。
夢なので、かなりうろ覚えですが、登場人物とストーリーは以下の通りです。

登場人物:
①私(筆者)
②A…私の学生時代の同級生で、結婚式を挙げる。劇中では顔を出さず、登場人物同士の会話の中で登場(肝心の名前は目覚めた時点では覚えていましたが、今は完全に忘れてます💦)
③B…私の知り合いのベテラン芸人(この方とは本当に知り合いです)
④C…A同様、学生時代の同級生。正直、この同級生とはあまりいい思い出がない。都合よくこき使われたり、いじめもあった
⑤D…劇中では学生時代の同級生という位置づけだが、風貌は完全にとある大御所俳優。なぜこの人が出てくるの?
⑥E…同じく劇中では学生時代の同級生となっているが、風貌は前の会社の先輩で私より15歳上
⑦その他、後述のバーの場面に登場する学生時代の同級生たち。この人たちは本当の同級生だったような?

ストーリー(場面):
場面①:
Aの結婚式に向かうため、道を歩く私

場面②:
道中、BとCが揉めているのを目撃。Bは怒鳴り散らし、Cは顔面から血を流している。

場面③:
警察に連行されていくB。それを複雑な思いで見つめる私

場面④:
Aの結婚式の参加者が式後に集まったバーで、祝儀を集約する係のDに、祝儀を渡そうとしているが、それに悪戦苦闘する私。なぜなら祝儀袋の糊がなぜかカレールーだから。悪戦苦闘する私を冷ややかな目で見つめるDとE、そして他の同級生たち。
結局、祝儀は後日渡すことになる。渡す日を決めようとしているのに、なぜか「Dは難波や梅田に行くことがないだろ」と話す私。それにイラつきながらも丁寧に「行くことある」と返すDに、執拗に「いや、行くことがない」と
決めつける私
※なお、私自身は場面②と③をずっと見続けていたために、結婚式をすっぽかしたことになっています

場面⑤:
場面②のことを参加者に話す私。なぜかBがCを殺したことになっている。殺害する場面は見ていないはずなのに

場面⑤の途中で目が覚めたので、この後はどうなったかわかりません。かなり乱暴に書きましたが、おそらくこんなストーリーではなかったかと。
しかし、何でこんな夢を見たのかなーと思います。登場人物の紹介文でわかると思いますが、BとCは現実社会では全く面識がありません。なのに、流血するぐらい激しいバトルを繰り広げています。
更には本来では同級生ではない人々(DとE)が登場したことにも驚いています。特にDは前述の通り、風貌が大御所俳優です。明らかに不釣り合いですね。会社の先輩であるEも。

何かスゴい夢を見てしまったなーと思う反面、夢だからこそ実現できたストーリーだとも言えます。
できることなら、この続編の夢を見たいですねー。

| | コメント (0)

2022年4月 3日 (日)

今シーズン未だに勝てず…セ・リーグ開幕連敗ワースト記録を更新中の阪神

プロ野球チーム・阪神タイガースは、本日の試合も敗戦となりました。これでペナントレースが開幕してから9連敗で、これはセ・リーグの開幕連敗記録ではワースト1位となります。

【阪神】開幕9連敗 セ・リーグワースト記録不名誉な更新 9回2発も…首位巨人と8ゲーム差
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204030000672.html

上記題名にもあるように、今の阪神はワースト記録を更新し続けているわけですね。これを早く止めないと、ファンから一斉に見放されるでしょう。それどころか、1990年代の"ダメ虎"時代(いわゆる暗黒期)に逆戻りになってしまうかもしれません。
90年代の阪神は、10年間でAクラスはわずか1回(2位)、逆に最下位は6回を記録しています。いかに"ダメ虎"だったかが一目瞭然ですね。
これからの10年間も似たような順位になり続けたら、えらいことになります。一刻も早く勝利をつかむよう、奮起してもらいたいです。

パ・リーグは、北海道日本ハムファイターズが最下位となっています。
こちらは開幕からの連敗は止めたものの、現時点での勝利はその1試合だけ。苦しい戦いが続いていることがわかります。
せっかくビッグボスという、話題性抜群の方を監督に招いたのですから、うまく使いこなして順位を挙げてほしいと願っています。

| | コメント (0)

2022年4月 2日 (土)

【CM】パチンコKEIO函館

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

 


函館市のパチンコ店「KEIO」のCMです。
このCMを初めて観た方は、「歌手の矢沢永吉がCMキャラクターやってるの?」と思うかもしれませんが、CMキャラクターは矢沢のそっくりさんです。「矢沢B吉」の芸名で、現在も芸能活動をされています。
ただ、CM中にそっくりさんであることを伝えるテロップやナレーションは一切ありません。なので、多くの矢沢のファンが勘違いし、矢沢あてに「何でパチンコ店のCMに出てるのか?」との問い合わせのファンレターが送られました。
ファンレターで初めてCMのことを知った矢沢は、1992年にパチンコ店を肖像権侵害で訴えます。約2年の裁判を経て、和解が成立しました。つきまして、このCMは様々な意味で強い印象を与えたことになります。

「矢沢のそっくりさんCM」があったことは知ってるのですが、実際に映像を観たのはつい最近でした。放送当時(91~92年頃)は、北海道在住でしたが、観た記憶がないですね。多分、その頃は矢沢のファンでなかったので、観たとしても印象に残らなかったのかも?

実際に観てみると、確かに本当に「矢沢が出ている」と勘違いしてしまいますね。完成度は非常に高いです。その高さを別のところで使えば良かったのに。そのせいで、パチンコ店側は無駄なお金(和解金の支払い)を費やすことになったんだから。
逆に言えば、この事件のおかげで、芸能人の肖像権が守られるようになったとも言えます。このような点でも矢沢はパイオニアですね。

なお、KEIO自体は今も函館市に存在します。今もCMは放送されているのかな?

| | コメント (0)

2022年4月 1日 (金)

無料で読める『かりあげクン』

大好きな漫画『かりあげクン』(著者:植田まさし)。
二か月ごとに発売されるコンビニコミック『かりあげクンDX』を買ってますが、これとは別に毎日、『ふたまん』というサイトで、過去の『かりあげクン』の4コマを読んでいます。

『ふたまん』には、『かりあげクン』の4コマが毎日配信されています。料金は無料です。無料で面白い4コマを毎日読めるのは至福ですね😃
ただ、無料のせいか、配信されているのは20年前~30年前に描かれた4コマのようです。さすがに最近の4コマは配信しないかなー。

もともと『ふたまん』は『かりあげクン』の掲載誌および単行本の発売元である、双葉社が運営しているサイトです。だからこそ、無料での配信が可能なわけですね。

以下のURLより、『かりあげクン』を読むことができます。
https://futaman.futabanet.jp/list/genre/manga


| | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »