バラエティ番組

2017年4月24日 (月)

2週連続通常放送の『Qさま』

テレビ朝日のバラエティ番組『Qさま』。
毎週月曜日午後9時から1時間の放送となってますが、実際は特番形式で放送されることがほとんどで、通常の1時間放送の方が少ないという、極めて稀なテレビ番組です。
その『Qさま』が珍しく二週連続で1時間枠で放送されます。放送は今月24日(つまり今日ですね)と来月1日。テレ朝の番組表を見て、「おや、こりゃとても珍しい」と思いました。それぐらい稀な出来事なんですよsmile

放送時間でこれだけばらつきのある番組は、本当に珍しいでしょうね。ギネスブックに載ってもいいんじゃないか?と思ってます。もう結構長く放送されてるし、そうなってもおかしくなさそう。

まぁ、ばらつきがあるからこそ、ずっと人気番組の地位を保っているとも言えるでしょう。通常の1時間では物足りないと思っている視聴者もいそうだし。

いっそ、もう1時間枠では放送しないでくださいと言っちゃおうかなー。ヘンなお願いですがcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年3月15日 (水)

ドリフターズは健在だった!

本日放送された『志村けんのだいじょうぶだぁドリフみんな大集合スペシャル』(フジテレビ系)。文字通り、志村けんの冠番組のスペシャルです。
題名にあるように、今回は志村が属するドリフターズのメンバー全員が集合(というより、志村以外のメンバーがゲスト出演)することが最大の見所でした。冒頭から全員のトークコーナーが設けられ、いきなり相変わらずのマイペースぶりを発揮する高木ブーに他のメンバーが総ツッコミ。これだけでも十分笑えますが、やはりメインは新たに収録された新作コントでしょう。
といっても、完全なる新作ではなく、過去に演じたコントのリメイクです。しかし、リメイクでも腹の底から笑えます。ドリフのコントはどの時代でも通用するということを改めて見せ付けましたね。

現在のドリフターズのメンバー4人の合計年齢は何と302歳!完全に高齢者ですが、同世代の人と比べると、元気が良すぎるのは間違いないです。メンバー全員が登場した寝台車のコントを見れば、それは一目瞭然ですね。

今回は前半におけるドリフのトークコーナーならびにコントがとても際立ってしまい、いつものメンバー(肥後克弘、上島竜兵、磯山さやかなど)が登場するコントが萎んでしまったなぁという印象です。
まぁ、ドリフメンバーの存在感を考えれば、それは仕方ありませんがcoldsweats01

また、全員集合する機会を作ってほしいですね。できれば早いうちに。なぜそう思うのかは、言わなくてもわかりますよね。全員高齢者だから、今すぐ何かあってもおかしくないのでsweat01

| | コメント (0)

2017年3月 5日 (日)

12年ぶりのドリフターズ全員集合

今月15日、フジテレビ系にて放送される『志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル』。2007年より不定期に放送されている特番の最新作となります。
もちろん今回も爆笑コントを一挙に放送するわけですが、そのうちの一つは何と志村の属するザ・ドリフターズが全員集合するものです。実に12年ぶりになるとか。

詳細が以下より参照できます。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/05/kiji/20170304s00041000441000c.html

今回の全員集合は、志村の発案によるものだそうですが、まさにGood Job!ですね。もうメンバー全員が完全に高齢者になってしまってるので、さすがに往年の勢いはないでしょうが、熟練のコントを楽しめることは間違いないでしょう。
本当は、ここにリーダーのいかりや長介さんがいればもっといいのですが…。

もちろん見逃さないようにしますが、もしかしたら我が関西地区は15日に放送されず、別の日に振り替えられる可能性があります(関西テレビ制作の番組を優先的に放送させるため)。
過去に2度ほど振り替えに気づかず、見逃したことがありますので、今回はそうならないようにします!

| | コメント (0)

2017年2月 1日 (水)

2年9ヶ月ぶりの2本立て:帰れま10&Qさま

2月6日に放送される『帰れま10&Qさま!!豪華2本立て3時間スペシャル』(テレビ朝日系)。
文字通り、2本立てでありますが、この組み合わせによる2本立ては実に2年9ヶ月ぶりとなります。かつてはよく2本立てで放送されていましたが、『帰れま10』の大本であった『お試しかっ』の放送が終了してからは機会がありませんでした。
好きな番組が2本立て続けに観れるとあって、とても嬉しいですねーhappy01

それぞれの予告が以下のサイトより閲覧できます。

帰れま10:

http://www.tv-asahi.co.jp/kaerema10/

Qさま!!:
http://www.tv-asahi.co.jp/qsama/contents/pop/170206sp/index.html

特に『帰れま10』には、昨年12月放送の特番にて異彩を放ったサンシャイン池崎が出演するのがVery Good!独特のハイテンション芸は結構好きですね。ただ、後はどれだけ芸人としての地位を確立できるかですが…。
彼にとって、今後の最大の課題となるのではないでしょうか。ブレイクしてる時にこそ、確立しておかないと、後で一発屋芸人などと揶揄されることになりますから。

とにかく2月6日が楽しみです。

| | コメント (0)

2017年1月 4日 (水)

2016-2017 年末年始に観たバラエティ特番

今日から仕事始めということで、事実上年末年始が終わりました。
今回は6連休で、例年通りいっぱい特番を観ましたねー。以下に列挙してみます。

12/30
うわっ!ダマされた大賞 2016 4時間半SP(日本テレビ)

12/31
探偵!ナイトスクープ 年忘れファン感謝祭2016(ABCテレビ)
絶対に笑ってはいけない科学博士24時!(日本テレビ)
くりぃむ VS 林修!年越しクイズサバイバー2016(テレビ朝日)

1/1
笑点 お正月だよ大喜利祭り!(日本テレビ)
芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2017お正月スペシャル(ABCテレビ)

1/2
芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2016お正月スペシャル(ABCテレビ/2016年正月に放送された特番の再放送)
新春!オールよしもと初笑いスペシャル!(ABCテレビ)
浜田が志村とリアクション芸ダメ出しSP3!正月から大御所が体を張る張る(読売テレビ)
ウンナン極限 ネタバトル ザ・イロモネア正月SP ~笑わせたら100万円~(TBS)

1/3
よしもと新喜劇お正月SP こども探偵・藍!犯人はトリ逃がさない(毎日放送)
絶対に笑ってはいけない科学博士!一挙大公開SP!(日本テレビ)

計12本の特番を観ました。他にドラマとアニメの特番も観ましたので、それを含めると15本ぐらいでしょうか。年末年始はほとんどテレビの前に居たということがよく分かりますねcoldsweats01

次の年末年始もおそらくテレビの前に釘付け状態でしょう。
で、上記の特番のほとんどが次の年末年始も放送されることになると思います。前回もほぼ同じラインナップでしたから。

ともあれ、この年末年始の特番も面白いものが目白押しでした。次回もぜひそうなってほしいです。

| | コメント (0)

2016年12月26日 (月)

となりのシムラ6

今夜放送されたばかりの志村けんの冠番組『となりのシムラ6』(NHK)。
2014年から不定期で放送されているコント番組の最新作で、文字通り第6弾目になります。
この番組の特徴は、普段志村が民放のコント番組で演じるキャラクターを全く演じず、完全に素顔でコントを演じていることです。で、大概の役柄は情けないサラリーマンのおじさん。自分の妻や娘、会社の部下、行き着けの飲み屋のママなどに散々振り回されるのです。
今回の『となりのシムラ』は計8編のコントが放送されましたが、全て他人に振り回される役柄でした。中でも最後の「飲めない人」での部下に散々悪態をつかれた挙句、飲み代をおごらされる課長は、「かわいそう」と思いながら笑わせてもらいましたhappy01他では「いい人」での客なのになぜか飲み屋の店番をやらされるサラリーマンも面白かったです。

この番組のもう一つの特徴は、共演者が俳優ばかりであること(今回の放送分で言えば富田靖子、小林聡美、萩原聖人などが共演者でした)。これも民放のコント番組とは違うところです。また、NHKであるからか、下ネタなど毒のある笑いは一切ありません。
こうした特徴が好評を博し、第6弾まで制作される人気番組となっています。

年内の新作の放送はもうありませんが、来年以降も新作が放送されることでしょう。次回も楽しみにしています!

| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

THE MANZAI 2016

今夜放送された『THE MANZAI 2016』(フジテレビ系)。
計23組の漫才師が登場。もう笑いっぱなしでしたねhappy01歴代のM-1グランプリ、およびTHE MANZAIのチャンピオンはもちろん、ファイナリストも多数出演。非常に豪華な顔触れでした。
一足先に正月の演芸番組を観たような気がしましたね。

個人的に面白かったのはタイムマシーン3号。M-1で2回ファイナリストになっていることから実力派であることがわかりますが、独特のボケがとても面白い!ただ、ああいう芸風なので、M-1やTHE MANZAIでチャンピオンになるのは難しいかも?と思っています。
あと気になったのが海原やすよ・ともこ。両方とも相当太りましたね。女版ブラックマヨネーズの小杉竜一か?と思ってしまいました。確か、二人とも一度ダイエットに成功してるはずですが、見事にリバウンドしちゃったんでしょうねー。
そして、トリの爆笑問題はやはり最高です。出ることはないだろうけど、M-1もしくはTHE MANZAIに出たら、ぶっちぎりで優勝するでしょう。

こんな面白い番組が一年に一回のみなのはちょっと寂しいですが、また来年の放送も楽しみにしています。

| | コメント (0)

2016年11月16日 (水)

2016年の『笑ってはいけない』は"科学博士"

毎年大晦日に放送される『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)の名物企画「絶対に笑ってはいけない○○○」。
2016年度は"科学博士"となることが発表されました。

詳細:
http://natalie.mu/owarai/news/209445

今年もこれで年越しとなることが決まりました。
6時間ずっと見っぱなしです。長丁場なので、毎回放送が終わると、妙な安堵感を覚えますcoldsweats01

今回も数多くの著名人が登場し、レギュラー5人を大いに苦しめるのでしょう。芸能人だけでなく、スポーツ選手、文化人、果ては政治家までもが登場するのですから、相当お金が掛けられていることがわかりますねー。
確実に出演するゲストは板尾創路(ゲストで唯一の解禁出演者)、マツコ・デラックス、千秋、ジミー大西の4名でしょう。後は関根勤、天龍源一郎、村上ショージ、劇団ひとり等かな?と予想しています。

『笑ってはいけない』が大晦日の恒例となっていることはご承知の通りですが、一方でそろそろこの企画も限界なのでは?という声も多くなってきております。実際、出演者および制作サイドからも「今年で終わりにしよう」という声が挙がってきているようです。
要因は沢山あるでしょうが、主な要因は企画そのもののマンネリ化と斬新さがなくなってきたことでしょうね。

私自身、全ての『笑ってはいけない』を観ていますが、ここ数年間のはあまり印象に残っておりません。実際、昨年の『笑ってはいけない』は何をやってたかな?と思い出せないぐらいですからsweat01

さて、来年の大晦日、日テレは何を放送しているでしょうか…。

| | コメント (0)

2016年10月31日 (月)

11/6放送:プロ野球珍プレー好プレー大賞2016

かつて、プロ野球のシーズンオフに必ず放送されていた『プロ野球珍プレー好プレー大賞』(フジテレビ系)。
1983年に放送が始まり、2005年までは毎年放送されていました。その後、数年のブランクを経た後に関東ローカルで放送再開、そして昨年より再び全国ネットで放送されるようになりました。
今年も放送されることが決まっており、11月6日に放送されます。公式サイトによると、惜しくも日本一を逃しましたが、25年ぶりのリーグ優勝を成し遂げた広島東洋カープの特集などが盛り込まれているとのことです。
個人的にこの番組のコーナーで好きなのは、「怒り」ですね。抗議、退場、乱闘、いずれもプロ野球にて見られる光景ですが、頻度はそれほど高くありません。それだけにこれらを一挙に見ることができるのは有難いんですよhappy01
まぁ、ここ最近は大きな抗議や乱闘があまりない(はず)ので、コーナーがあったとしても時間は短めでしょう。

そして、この番組に欠かせないみのもんたのナレーションは、今年も健在のようです。色々賛否両論はあるけれど、みののナレーションがなければ、ここまで続く人気番組にはならなかったでしょうから。

実は昨年の放送分を見逃してますので、今年は絶対に見逃せないんです。今からレコーダーに録画しておきます!

| | コメント (0)

2016年10月18日 (火)

格付けチェック品格版第6弾の結果は…

本日放送された『芸能人格付けチェック ~一流芸能人に常識はあるのか!?スペシャル~』(ABCテレビ制作/テレビ朝日系全国ネット)。
『格付けチェック』には大きく分けて二つのバージョンがあります。一つは毎年元旦に放送される通常版、もう一つは正月以外の特番の時期に放送される品格版。今日放送されたのは品格版であり、通常版と異なるのは10名前後の芸能人が1つのチームとなって、常識問題に臨むのです(ただし、品格版の第一弾のみ通常版同様にチーム対抗形式でした)。
品格版が放送されるのは6回目。このうち第一弾を除けば、三流芸能人・そっくりさん・映す価値なしの結果となっています。では、今回はどんな結果に終わったのでしょうか?

結果は「映す価値なし」でした。特にチェック6の「日本の常識 神社の参拝と葬式」にて2ランクダウンしたのが痛かったと言えます。中でも三遊亭好楽師匠が挑戦したチェックは、悉く失敗に終わり、一度も「常識あり」に認定されませんでした。最後のチェックである「常識のある謝罪会見」も当然ながら「常識なし」の結果となり、この瞬間チーム全員が画面から消えてしまいました。
好楽師匠がチームの足を引っ張ったのは一目瞭然でしたねsmile

『格付けチェック』やっぱり今回も面白かったです。次は来年の元旦ですね。
それまでに過去の『格付けチェック』の再放送もしてほしいなぁ。絶対観るだろうからhappy01

| | コメント (0)

より以前の記事一覧