ドラマ(国内)

2018年8月 8日 (水)

追悼・津川雅彦さん

また、名俳優が一人逝ってしまいました。

津川雅彦さん死去 二枚目から悪役幅広い役で存在感
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808080000052.html

上記記事にもあるように、演技の幅が広いことで知られました。
個人的にはドラマ『相棒』の瀬戸内米蔵役が印象に残っています。『相棒』では節目節目の回に登場し、強烈な存在感を示していました。同作では実兄の長門裕之さん(故人)との共演も実現しています。
『相棒』のスタッフにとっても、衝撃は大きかったようです。公式twitterにて、おくやみのコメントを発したのですから、まず間違いないでしょう。
他では映画『THE有頂天ホテル』にて交通事故によって大怪我をした富豪役が記憶に残っています。

また俳優業以外にも、読売テレビの討論バラエティ『そこまで言って委員会』のパネラーや、北朝鮮の拉致問題啓発のポスターのモデルなどもこなしておりました。街中に貼られている「拉致、必ず取り戻す!」のキャッチフレーズと共に迫力ある表情で写っているポスターは強烈なインパクトがありました。
このように拉致問題解決への協力をしていたため、安倍晋三首相からもおくやみのコメントが述べられています。

詳細:
https://www.sankei.com/politics/news/180808/plt1808080008-n1.html

今頃、天国で奥様や実兄、かつての仲間たちと再会しているのでしょうか…。
ご冥福をお祈りします。合掌

| | コメント (0)

2018年7月31日 (火)

第7弾放送決定『NHKスペシャル 未解決事件』

『NHKスペシャル』の大型シリーズの一つである『未解決事件』。2011年より開始され、第6弾までが制作・放送されています。
今年1月に第6弾となる『赤報隊事件』が放送されましたが、9月に早くも第7弾が放送されることがわかりました。第7弾は『警察庁長官狙撃事件』です。
警察庁長官狙撃事件とは、1995年3月30日に國松孝次警察庁長官(当時)が東京都荒川区の自宅マンションを出たところを何者かに狙撃された事件です。狙撃により、國松長官は全治1年6ヶ月の重傷を負いました。警察の必死の捜査にも関わらず、犯人は挙がらず、2010年に時効を迎えました。
こちらの事件のドキュメンタリーが9月2日に、実録ドラマが同8日に放送されます。主演は國村隼で、演じるのはこの事件の捜査をする刑事役。高い演技力を持つ國村が主演なので、これは面白いドラマになるだろうと思っています。もともと『未解決事件』の実録ドラマはどれも秀作です。期待できるのは当然ですねhappy01

先に書いたように『未解決事件』は11年より放送開始されました。ほぼ1年に1作のスパンで放送されているので、同じ年に2作も放送されるとは思いませんでしたねぇ。
ま、どちらにしても、放送されるのはうれしいことなので、絶対に見逃しません!

| | コメント (0)

2018年7月19日 (木)

次に観る『仮面ライダー』候補は『BLACK』

先日、当ブログに『仮面ライダー剣』(2005年にテレビ朝日で放送された特撮ドラマ)を観始めたと書きました。おかげさまで順調に観続けられており、すでに全49話のうち32話を観終わっています。
全般的にシリアスな展開だけど、コメディの要素も少なからず含まれています。中には全編コメディ調のエピソードもありました。こういう部分も含めて、存分に楽しめています。
このシリーズは今月中に全エピソードを観終わる予定ですが、早くも次に観る『仮面ライダー』のシリーズを検討しております。「次は『仮面ライダーBLACK』かなぁ」と漠然と思っています。

仮面ライダーBLACK』は、1987年10月から1年間、TBS系にて放送されました。なぜ、今度はこのシリーズを観ようかと思ったのは、このシリーズをモチーフにしたゲームソフトで遊んだことがあるからです。遊んだのが30年ぐらい前なので、今となってはどんな内容だったかは断片的にしか覚えていませんが、せっかく触れたことのあるシリーズなので、一度観ておきたいと思ったのです。
そして、もう一つの理由は北海道夕張市が舞台のエピソードがあるからです。当時の夕張は、観光産業の全盛期でした。観光産業の象徴的存在だった「石炭の歴史村」はまさに隆盛期だったと言えるでしょう。
当然、「石炭の歴史村」も劇中に登場します。更には当時の市長が本人役で出演しています。これも観光に力を入れていた証明ですね。
財政破たんした今となっては、このエピソードも皮肉に見えてしまいますが…。

いわば私は観光に力を入れていた頃の夕張を知らないのです。その頃を知るには最適な映像と言えるでしょう。もっともそれを知ったからといって何もできませんが、夕張問題に関心を寄せる人間として、知っておきたい事柄です。

といっても、夕張が出てくるエピソードは1話だけ。後は夕張とは関係のないエピソードです。せっかく『仮面ライダー』の面白さを知ったのだから、一つ一つのシリーズを観ておきたいです。

| | コメント (0)

2018年7月 1日 (日)

初めて観た『仮面ライダー剣』

先日、当ブログで紹介した特撮ドラマ『仮面ライダー剣』(テレビ朝日系)。このたび、初めてDVDを借りて観ました。
前回の記事で話題にした「オンドゥル語」(このドラマで生まれたインターネットスラング)目当てだったのですが、ストーリーや登場人物、特撮ならではのアクションシーンに惹かれました。「おっ、これは結構面白いじゃないか」と率直に思いましたね。
肝心のオンドゥル語は、きっかけになった「本当に裏切ったんですか!?」(ネット上では「オンドゥルルラギッタンディスカー」と表現される)以外は、普通に聞き取れました。もっとも日本語字幕付で観たからかもしれませんがcoldsweats01
特撮ドラマとあって荒唐無稽な展開も多いのですが、そういう点も含めて楽しめます。ちなみに本放送時(2004年)はオンドゥル語が世間に広まった影響もあって、視聴者はおろか制作者側からもあまり良い評価ではなかったのですが、現在では再評価されてるそうです。

『仮面ライダー剣』のDVDは全12枚あります。ということは全話を制覇するにはあと11枚観ないといけません。
毎週3枚ずつ借りていけば1ヶ月で制覇できるでしょう。今後は近日中に始まる海外ドラマ鑑賞と並行して観ていきたいと思っています。

| | コメント (0)

2018年6月13日 (水)

『特捜9』終了

今年4月より放送されていた『特捜9』(テレビ朝日系)が本日最終回を迎えました。
最終回にて、特捜班の前身である警視庁捜査一課9係の解散理由および特捜班の長である宗方朔太郎(寺尾聡)の過去が明らかとなりました。全て法務大臣・高森徹也(中原丈雄)の陰謀だったのです。

再三再四、高森に振り回された特捜班ですが、最後は無事に事件を解決します。そして、またも解散危機に陥った特捜班ですが、高森の陰謀を暴いた実績が評価され、継続することになったところで物語は終わりました。

最終回とあってか、ラストにて本番組の前身である『警視庁捜査一課9係』の主人公・加納倫太郎(故・渡瀬恒彦さん)の名前が登場人物たちのセリフの中に登場しました。演じた渡瀬さんは故人となってますが、劇中では加納自身は存命という設定になっています。また、次のシーズンでも名前が登場するかもしれませんね。

ラストシーンを見る限り、このドラマもまだまだ続きそうな気配です。来年の同時期には次のシーズンが放送されていると思われます。
前身時代を含めて、すでに放送開始から13年が経過しているので、完全に長期シリーズとなりました。人気ドラマの地位を不動のものとしたと言っていいでしょう。

さぁ、来月からは『刑事7人』の新シーズンが始まります。当分の間は水曜夜9時にドラマを観る習慣が続きそうですhappy01

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

次の水9は『刑事7人』シーズン4

現在放送中の『特捜9』(テレビ朝日系、毎週水曜午後9時より放送)が次回放送分をもって終了します。よって、来月からその時間帯は新作ドラマが放送されることになります。
気になる新作ドラマは『刑事7人』です。2015年から放送開始、今年で4年目を迎えます。タイトルが示すように7人の刑事の活躍を描くドラマですが、シーズンごとに1人もしくは2人のレギュラーが入れ替わっており、次のシーズンにおいても新しいレギュラーが加わることになっています。
『刑事7人』の特徴はシリアスさが全面的に押し出されていること。まずコミカルな場面はありません。終始、独特の緊迫感が漂っており、出演者が笑顔を見せる場面も少なめです。それは主演の東山紀之の演技を見れば一目瞭然。常に黒いスーツを着用し、ダークな雰囲気を漂わせてるのがいい感じですね。

前シーズン最終話で降板した片岡愛之助に代わり、最新シーズンでは田辺誠一がレギュラーに加わります。
愛之助はスケジュールの都合からか、欠席することが多かったですが、田辺は毎回登場するでしょうか。せっかくレギュラーになったのだから、できれば多く登場してほしいものですが…。

というわけで、また来月から3ヶ月間は水曜午後9時はテレビに釘付け状態となります。もっともその後も釘付けになるでしょう。10月からは『相棒』が始まるだろうからhappy01

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

オンドゥル語目当てに『仮面ライダー剣』を観るつもり

最近、知人から教わった「オンドゥル語」。
「ん?何それ?」と思う方がほとんどでしょう。これは2004年にテレビ朝日系で放送された特撮ドラマ『仮面ライダー剣』にて生まれた、インターネットスラングです。
このドラマの出演者・椿隆之のセリフ「本当に裏切ったんですか!?」が、椿の滑舌が悪すぎて「オンドゥルルラギッタンディスカ!?」と聞こえたことから、「オンドゥル語」というスラングが生まれました。そもそも、このドラマの出演者はみんな滑舌が悪く、実際に言っているセリフと視聴者に聞こえるセリフに相違がありすぎるため、それらのセリフをまとめて「オンドゥル語」と言われるのです(「オンドゥル語」の詳細はこちらをご覧ください)
本放送当時は「オンドゥル語」ばかりが注目を集めてしまったため、製作者・視聴者共に不評だったそうですが、今では再評価されているとのことです。

『仮面ライダー剣』はまったく観たことがありません。「オンドゥル語」で検索した際に見つけた動画を断片的に観た程度です。
せっかく存在を知ったのですから、実際のドラマ本編を観てみたいと思いました。というわけで、近日中に『仮面ライダー剣』のDVDを借りてみるつもりです。
『仮面ライダー』は『ウルトラマン』と並ぶ特撮ドラマの金字塔ですから、どのレンタルビデオ店でも置いてありますので、容易に借りることができるでしょう。

どの時代においても、「特撮=子供が大好きなドラマ」というイメージです。自分自身も子供の頃はそれなりに特撮を見ていたはずですが、ほとんど記憶に残ってないんですcoldsweats01
多分、『仮面ライダー』はどのシリーズも観てないんじゃないかなぁ。

もしこれで『仮面ライダー』にはまったら、ずっと観続けないといけなくなります。なんせシリーズが20本以上ありますからね…。
ひとまずは『仮面ライダー剣』から観ます。

| | コメント (0)

2018年4月25日 (水)

平日→土曜に変わった『はぐれ刑事純情派』の再放送

昨年からKBS京都で再放送中の『はぐれ刑事純情派』(本放送はテレビ朝日)。
先月半ばまでは平日の月~金までほぼ毎日放送されていましたが、先月下旬から土曜日のみに変わりました。それに加え、再放送されるのが毎週ではなく不定期となった模様です。
再放送が終わったわけではないのが救いですが、これまで毎日放送されていたのが不定期になってしまったのが残念です。録画して帰宅後に観るのを楽しみにしていたので…。

現在再放送されているのは第6シリーズ(1993年放送)です。全18シリーズあるので、まだまだ再放送が続きます。
仮に再放送が月に2、3回とすると全部終わるまで相当数かかりますね(下手したら10年以上かかるかも?)。できれば、以前と同じ月~金までの再放送に変えてほしいのですが…。

とりあえず観れるところまでは観るつもりです。

| | コメント (0)

2018年4月11日 (水)

『特捜9』始動

本日より放送が始まったドラマ『特捜9』(テレビ朝日系)。昨年まで放送されていた『警視庁捜査一課9係』の続編です。
『特捜9』は『~9係』最後のシーズンである12の一年後という設定です。一年前、ある事件がきっかけで9係は解散。9係のメンバーはそれぞれ別の署で働いていました。そんな中、神田川警視総監(里見浩太朗)から、突如特捜班の新設が命じられます。最初に特捜班のメンバーとして指名されたのは浅輪直樹(井ノ原快彦)、そして特捜班を束ねる長は宗方朔太郎(寺尾聡)。最初はこの2名だけだった特捜班ですが、浅輪の尽力により、元9係のメンバーが全員集結。監察医の早瀬川真澄(原沙知絵)や、鑑識員の猪狩哲治(伊東四朗)も引き続き彼らのサポートメンバーとして登場します。
特捜班最初の事件は、考古学にまつわる難事件でしたが、これも見事に解決しました。引き続き最終回まで難事件に立ち向かっていくのでしょうが、そのかたわら9係の解散事件や宗方の過去などにもスポットが当てられていくようです。どうやら『~9係』時代と変わらぬテイストのようで、ひとまず安心しましたね。

最終回まで欠かさず観るつもりです。これも面白い刑事ドラマの一つだからhappy01

| | コメント (0)

2018年3月14日 (水)

次のシーズンが気になる結末だった『相棒』シーズン16

ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)のシーズン16が本日最終回を迎えました。
最終回はいつも通りの2時間スペシャル。準レギュラーの雑誌記者・風間楓子(芦名星)がエスカレーターから突き落とされ、その犯人として6名の人物に容疑が掛けられますが、6名とも特命係に縁のある人物たち。一人ひとりを捜査していくうちに、様々な事実(楓子が関西のヤクザの組長の娘であることなど)が明らかとなり、事件は思わぬ方向に進んでいくのです。
最終的に犯人はある意味もっとも特命係と縁の深い青木年男(浅利陽介)であることが発覚します。そして、事件の処分を受ける形で青木は特命係に配属されるところでエンディングを迎えます。

このようにかなり意外な結末で終わったのでした。次のシーズンが非常に気になります。なんせ特命係が3名となったわけですからね。
視聴者の予想を裏切る展開であったことは言うまでもありません。

早くも次のシーズンへの期待感が高まっています。あと半年待つのが辛い…。
それまでは次のクールから始まる『特捜9』で我慢しますsmile

| | コメント (0)

より以前の記事一覧