ドラマ(国内)

2019年1月 8日 (火)

日本版『24』制作決定

アメリカのテレビドラマ『24 -TWENTY FOUR-』。テロリストとテロ対策ユニットの熾烈な攻防戦をリアルタイムフォーマットで描かれる展開で人気を呼び、世界各国に大勢のファンが存在します。
その『24』の日本版が2020年に制作・放送されることがわかりました。放送局はテレビ朝日で、同局の開局60周年を記念して制作されるそうです。

詳細:
https://www.cinematoday.jp/news/N0105989

現時点で日本版のキャストやストーリーはほとんど発表されていません。が、本家と同じくリアルタイムフォーマットで物語が展開されること、サスペンスやアクションを全面的に押し出していることなど、断片的でありますが発表されています。何より「日本初の女性総理大臣が誕生するまでを追う」というストーリーが魅力的ですね。
実際に本家のシーズン1では、「アメリカ初となる黒人大統領候補の暗殺計画を阻止せよ」というストーリーでした。日本版もそれに近いものになるのでしょうね。

先に書いたように、日本版『24』はテレ朝の開局60周年記念作です。ということは、制作にかなり力を入れるはずです。豪華なキャストが勢揃いすることは間違いないでしょう。

ひとまず、来年観る予定の連続ドラマが1つ決まりました。嬉しい限りですhappy01

| | コメント (0)

2018年12月29日 (土)

視聴する2018-2019年末年始特番 映画・ドラマ・アニメ編

昨日に続き、視聴する年末年始特番の記事です。今回は映画・ドラマ・アニメ編となります。

1/1
相棒 season 17 元日スペシャル(テレビ朝日)

1/2
ルパン三世 ワルサーP38(サンテレビ)

1/3
アナと雪の女王/家族の思い出(テレビ朝日)

1/4
釣りバカ日誌 新米社員浜崎伝助 結婚式大パニック編(テレビ東京)

1/5
新・ミナミの帝王 過去からの罠(関西テレビ)

1/6
祝!50周年イヤー突入 サザエさんお正月SP(フジテレビ)

こうして列挙してみると、よくこれまで視聴する番組が沢山あるなーと自分のことながらそう思ってしまいます。
本当、年末年始は"テレビっ子"ですねcoldsweats01

『相棒』、『釣りバカ日誌』、『新・ミナミの帝王』については、完全に正月特番の定番となったと言えます。『相棒』は言わずもがなですが、『新・ミナミの帝王』についても、毎年1月に放送されるのが恒例ですからね。

私の仕事始めは1月4日からなのですが、その後も"テレビっ子"状態は終わらないです。あまり観すぎて眼をおかしくないよう、気をつけます!

| | コメント (0)

2018年12月22日 (土)

年末にドキュメンタリードラマ2本放送

今月25日に放送される『戦後重大事件の新事実2018』(TBS系)。文字通り、戦後に起こった数々の事件を特集したドキュメンタリーです。
三原山噴火(1986年)、全日空61便ハイジャック事件(99年)、東海道新幹線無差別殺傷事件(2018年)などが取り上げられ、それらの実録ドラマも放送されます。
更にはJR福知山線脱線事故(05年)も取り上げられるそうで、事故当時福知山沿線に住んでいた自分にとっては見逃せない番組になると思います。

予告編:


その3日後の28日には、『戦後最大の~』と同じ趣旨である『平成ニッポンの瞬間映像ランキング30』(日本テレビ系)が放送されます。
こちらでは、連続幼女誘拐殺害事件(88~89年)、秋葉原無差別殺傷事件(08年)などが取り上げ、やはり実録ドラマも放送されます。

予告編:


もうすぐ平成が終わるということで、今後もこの手の番組が多く放送されそうですね。

というわけで、この年末年始も観たい番組が目白押しです。休暇中はほとんどテレビの前に居るでしょう。運動不足になりそうcoldsweats01

| | コメント (2)

2018年12月11日 (火)

1年半ぶりに新作が放送されるドラマ版『釣りバカ日誌』

もうすぐ年末年始ということで、特番情報を仕入れようと様々なサイトを覗いています。
今日、とあるサイトを覗いたところ、「あっ。これは知らなかった」と思ったのが1月4日に放送される『新春ドラマスペシャル「釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助」』(テレビ東京系)です。非常に面白いコメディドラマとして大人気を博した『釣りバカ日誌』が再び戻ってくるのです。
『釣りバカ』のドラマ版は2015年10月よりワンクール放送、その後17年に新春スペシャルが放送、同年4月よりシーズン2が放送されました。今回の新春スペシャルで実に1年半ぶりに新作が放送されることになります。
この新春スペシャルでは、シーズン2最終話でめでたく結婚したハマちゃん(濱田岳)とみち子さん(広瀬アリス)の結婚式の模様が描かれるようです。舞台は香川県で、当然のことながらスーさん(西田敏行)も登場します。もちろん、ハマちゃんの上司・佐々木課長(吹越満)も。
そして、欠かせないのが豪華ゲスト陣。小澤征悦、貫地谷しほり、石倉三郎らが出演します。彼らの熱演もまた見所ですね。

この特番の放送は10月には発表されていました。ということは、2ヶ月近く知らなかったのです。
毎日、スポーツ新聞のWEB版を閲覧していますが、この情報はそれらに載らなかったと思います。そうでなければ2ヶ月も知らなかったということはありえないと思うのでsweat01
ひとまず、情報を入手できてよかったです。見逃すところだったのでcoldsweats01

| | コメント (0)

2018年11月15日 (木)

今月観る予定の2時間ドラマスペシャル2本

今月は観たいと思う2時間ドラマスペシャルが2本放送されます。
1本目は20日午後7時から放送される『なめとんか やしきたかじん誕生物語』(関西テレビ/関西ローカル)。歌手・タレントのやしきたかじん(故人)の生涯を描くドラマです。
若き日から壮年までのたかじんを演じるのは駿河太郎。たかじん自身が生前、「駿河が)俺の若い頃に似てる」と評したことから、彼がたかじんを演じることとなりました。たかじんと縁があった芸能人が数多く出演しているところも見所です。
関西ローカルのドラマとしてはかなり豪華な内容です。今、関西に在住していないたかじんファンにもいずれは何らかの形で観れるようにしてもらいたいものですね。
生前のたかじんの軌跡については、これまでにテレビ番組や書籍に紹介されているのに触れて多少は知ってるつもりですが、まだまだ知らないことがいっぱいあるはずです。このドラマでその知らない部分を補いたい(?)と思ってます。

2本目は25日午後9時から放送される『警部補・碓氷弘一 ~マインド~』(テレビ朝日系)です。
『警部補・碓氷弘一』は、警視庁捜査一課第5係に勤務する碓氷弘一(演:ユースケ・サンタマリア)の活躍を描く刑事ドラマです。昨年4月に単発のドラマスペシャルとして放送され、好評を博したことから第2弾が制作・放送されることとなりました。
原作は警察小説の第一人者である今野敏。私の好きな作家の一人です。原作は毎回碓氷と彼の相棒が事件解決に奔走するというストーリーですが、ドラマ版でも同じストーリーとなっています。
25日放送の第2弾では志田未来演じる心理捜査官・篠宮梓が碓氷の相棒を務めます。ユースケと志田、双方共に個性的な人物同士のコンビというのも魅力的ですね。3連休最後の夜を飾るにふさわしい番組と言えるでしょう。

2017年3月末に『土曜ワイド劇場』(テレ朝)が放送終了した影響により、それ以降は2時間ドラマを観る機会が減っていました。今月は一ヶ月に2本観れることになり、とても喜ばしいです。

現時点でレギュラーの2時間ドラマ枠のないテレビ局には、ぜひその枠を作ってくれ!と言いたいですね。この枠を待ち望んでるファンは結構多いと思うから…。

| | コメント (0)

2018年10月30日 (火)

夢のコラボレーション:『ドラえもん』と『相棒』

毎朝観ている『おはようコールABC』(ABCテレビ)の芸能コーナー。今日、そのコーナーにてアニメ『ドラえもん』とドラマ『相棒』がコラボレーションするというニュースが報じられました。それを観て、びっくり仰天しました。
どんなコラボかというと、簡単に言えば、『ドラえもん』の劇中に『相棒』の一場面が挿入されるのです。挿入部分はもちろんアニメですが、声の主はドラマの出演者がそのまま担当しています。つまり、水谷豊と反町隆史が声優として『ドラえもん』に出演しているのです。
実際にその場面を観ましたが、アニメになっているとはいえ、『相棒』そのものでした。完全再現されていると言っていいでしょう。

このニュースの詳細が以下のURLよりご覧になれます。

ドラえもん×相棒 水谷と反町が登場、あのセリフも
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810300000312.html

考えてみれば、どちらもテレビ朝日の看板番組です。コラボレーションしても全くおかしくありませんでした。むしろ、これまでコラボの機会がなかったのが不思議なぐらいですね。
メイン声優が交代してからは、ほとんど観る機会がない『ドラえもん』ですが、『相棒』とのコラボ回だけは観ておくつもりです。

あ、ちなみに放送日は11月9日です。突発的に残業が入る可能性がありますので、念のため録画予約しておきます。

| | コメント (0)

2018年10月17日 (水)

『相棒』シーズン17始動

超人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の最新シーズン「17」が今日よりスタートしました。

前シーズン同様、初回は30分拡大スペシャルとなりました。スペシャルとなる回は、通常の回よりスケールの大きいストーリーとなるのが定番ですが、今回は国家公安委員の家庭内で起こる完全犯罪を捜査するというストーリーになりました。決してスケールの大きいストーリーではないものの、完全犯罪を特命係が少しずつ解いていく展開が面白かったですね。
しかし、今回の第1話ではストーリーは完結せず、次週放送の第2話にて完結するようです。ラストでは主人公・杉下右京(水谷豊)が警察を辞職する?という衝撃的な展開に。まぁ、これは回避されるでしょうが、どのようにして回避されるのかが見物ですね。

毎回多彩なゲストが出演しますが、この第1話にて圧倒的な存在感を放っていたのが国家公安委員長の鑓鞍兵衛を演じた柄本明。意外にも、『相棒』へのゲスト出演は初めてでした。どの作品においても、クセの強い役柄を演じることの多い柄本ですが、『相棒』でも同様でした。"地獄耳"を自認しており、それが特命係に対してヒントを与えることになります。第2話でも地獄耳をアピールするでしょうか。

レギュラー陣も変わらず登場しています。先月亡くなった大木刑事役の志水正義さんも登場されていました。普段は登場してもまず喋らないのですが、この回では終盤に喋るシーンがありました。エンドロール後に追悼のテロップが表示され、改めて亡くなられたことを実感しましたね…。
志水さんは今シーズン、どの回まで登場するのでしょうか。いずれは登場しなくなるでしょうから、そうなった時は喪失感が非常に強くなると思います。

幸先の良いスタートとなった『相棒』シーズン17。来年3月の最終回まで欠かさず観ます!

| | コメント (0)

2018年9月27日 (木)

『相棒』レギュラー突然の訃報に深い悲しみが…

まさに青天の霹靂、驚いたとしか言いようがないニュースです。

俳優の志水正義さん死去 60歳 「相棒」シリーズで大木刑事役 がん闘病公表
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/27/kiji/20180927s00041000339000c.html

記事題名にあるように、ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)のレギュラー俳優が逝去したのです。がん闘病中であることを公表していたそうですが、全く知らなかった…。

『相棒』で志水さんが演じていた大木刑事とは、いつも特命係を覗き見している凸凹コンビの小柄な方です(大柄の方は久保田龍吉演じる小松刑事)。ほとんどセリフはないけど、ほぼ毎回登場していました。特筆すべきなのは、『相棒』の記念すべき初回であるプレシーズン1(2000年放送)から登場していたこと。実は大木刑事の上司である、組織犯罪対策第五課の角田課長(演:山西惇)より先に登場しているのです(角田課長の初登場は2001年放送のプレシーズン2)。
基本、大木刑事のセリフがあるのは特命係と第五課が合同捜査をする時ぐらいですが、唯一例外だったのはシーズン8の第15話(2010年放送)。この回では、大木・小松の両名が内村刑事部長(演:片桐竜次)と中園参事官(演:小野了)から叱責され、謝罪するシーンがあります。おそらく、内村・中園と絡んだのはこの時だけだったのではないかと思います。よく考えたら、長年同じドラマに出ているのに全く共演してないんですよね。それだけにかなり貴重なシーンだったのではないでしょうか。

志水さんは来月から始まる『相棒』シーズン17にも出演されていたようで、おそらくこれが遺作になるのでは?と思われます。
また、『相棒』の主演である水谷豊が他に主演したドラマにも志水さんは多く出演されていました。『地方記者・立花陽介』シリーズ(日本テレビ『火曜サスペンス劇場』)、『探偵事務所』シリーズ(テレ朝『土曜ワイド劇場』)などがその一例です。

『相棒』の出演者、スタッフを始め、多方面から悲しみの声が寄せられています。私もとても悲しんでます。『相棒』を支えた名脇役が亡くなったのですから…。

ご冥福をお祈りします。合掌

| | コメント (0)

2018年9月13日 (木)

2018年最初で最後(?)の『西村京太郎トラベルミステリー』

今月16日、『日曜プライム』(テレビ朝日系)枠で放送される『西村京太郎トラベルミステリー69 金沢~東京・殺人ルート 2時間33分の罠』。人気シリーズの最新作です。
このシリーズの新作が放送されるのは昨年9月20日放送の『山形・陸羽西線に消えた女』以来、1年ぶりです。昨年は2作放送されましたが、おそらく今年は1作のみでしょう。よって、今回の記事の題名は「2018年最初で最後の『西村京太郎トラベルミステリー』」にしました。
毎回、警視庁捜査一課の十津川警部(高橋英樹)と亀井刑事(高田純次)の名コンビが難事件を解決するというストーリーですが、レギュラー陣とゲストの熱演により、観る者を飽きさせない展開であることが魅力です。今回も財前直美、黒川智花らがゲスト出演、亀井刑事を誘拐犯グループの一味に仕立て上げるという衝撃的な展開であり、十分に期待できる内容と言えるでしょう。

サブタイトルにあるように、こちらのシリーズは通算69作目となります。
第1作目の放送が1981年ですから、実に38年の歴史があるのです。これだけの歴史があると、レギュラー出演者の入れ替えも相当ありました。主人公の十津川警部、準主人公の亀井刑事も例外ではありません。かつては亀井刑事が主人公だった時代もありました。
なお、本シリーズ以外でテレ朝系列で放送された西村原作かつ十津川警部が主人公の2時間ドラマは他にもいくつかあります。それらも含めて、商品化を検討してほしいなぁと思います。
西村原作かつ十津川警部が主人公の2時間ドラマは他局でも数多く放送されていますが、元祖はテレ朝であると思うので、商品化を強く望んでいます。まだ、テレ朝放送の西村原作かつ十津川警部が主人公の2時間ドラマは商品化されてませんからね…。

話が少しそれてしまいましたが、16日放送の新作、とても楽しみにしています。
3連休中にふさわしいアイテムだと思ってますからhappy01

| | コメント (0)

2018年9月 2日 (日)

『仮面ライダージオウ』始動

本日より放送が始まった『仮面ライダージオウ』。人気特撮シリーズの最新作です。
少し前に旧作の『仮面ライダー剣』を観て、このシリーズの面白さを知りました。その時点で放送中のシリーズ(『仮面ライダービルド』/『ジオウ』の前作)も観ようかと思ったのですが、すでに放送開始から1年近くが経っており、もはやストーリーが理解できないと思ったのでこちらは観るのを断念。その代わり、次のシリーズは第1話から観ようと思ってました。
そして、今日放送開始されました。のっけから迫力あるアクションシーンの数々に圧倒されました。肝心のストーリーは、特撮ものなので破天荒(悪く言えば少し理解しづらい)ですが、これはこれで楽しめる要素ではないかと思います。何より主人公が冒頭から「俺は魔王になる!」と宣言しているのが滑稽すぎますねcoldsweats01もっともそれは「いい意味」での魔王なんですけど。

本番組は日曜午前9時より放送されます。
基本、その時間帯は起きてますが、起きるのが遅い時もあり、リアルタイムで観ることができない場合もありますので、毎週録画することにしました。実際、今日は放送開始30分前に起きたので、朝食や洗顔に時間を取られて、リアルタイムで観れませんでしたから。

なお、『仮面ライダージオウ』を観るのは単に面白いからというだけでなく、『仮面ライダー』が大好きな甥っ子に少しでも話を合わせたいためでもあります。甥っ子も『ジオウ』を観ているので。
甥っ子とは今月下旬に半年ぶりに会います。喜んでもらうために先月出たばかりの『ジオウ』の絵本↓をプレゼントします。まだ誕生日プレゼント贈ってないんでsweat01

| | コメント (0)

より以前の記事一覧