洋画

2017年4月15日 (土)

映画『レゴバットマン ザ・ムービー』鑑賞会

本日はなんばパークスシネマでの映画鑑賞会でした。
観た映画は『レゴバットマン ザ・ムービー』。人気DCコミック『バットマン』をレゴブロックによってアニメ化したもので、今月1日より公開されています。
あらすじは以下の通りです。

町を守る孤独なヒーロー・バットマンのもとに、ロビンがやって来る。ところが、ロビンのあまりのお調子者ぶりに、二人は全く息が合わない。そんな中、ジョーカーが宇宙に閉じ込められていた悪者たちを脱走させ、世界の危機を救うべくバットマンとロビンは立ち上がるが……。
(Yahoo!映画より抜粋)

レゴアニメを観るのはこれが初めてですが、想像以上の優良作で観に行った甲斐があったと思いました。
まさにノンストップという表現がぴったりのスピーディーな展開、決してアクションやコメディに偏っておらず、きっちりと構成されたドラマ、そして日本語吹き替え陣の熱演。これらの要素が観る者を飽きさせない作品になっていました。
また、日本公開版独自の要素も複数盛り込まれていました。例えば、冒頭における配給および制作会社のロゴマークが表示される場面。どの映画においても、この場面が必ずありますが、そこにバットマン役の山寺宏一によるナレーションが挿入されているのです。これがコミカルで面白いんです。最初から楽しめるようになってるんですね。
他、バットマンの相棒・ロビンを演じた小島よしおの熱演も特筆すべきでしょう。故意に声質を変えているのか、最初は小島が演じていると気づきませんでした。彼の持ちネタである「そんなの関係ねえ」のセリフを聞いて、ようやく小島の吹き替えだとわかったぐらい、声質が違っていたんですよね。

このように傑作でありながら、あまり注目度は高くないようで、すでに公開を打ち切っている映画館が複数見られます。
なんばパークスシネマも例外でなく、21日をもって公開が終了します。もう少し長く公開されてもよさそうですが、配給会社はあまり力を入れなかったのかなぁ。

とはいえ、楽しめたことは事実です。またレゴアニメでよさそうなものがあったら、観に行きたいです。

お付き合いいただいたひでき氏に感謝します。

| | コメント (2)

2017年1月14日 (土)

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』鑑賞会

本日は、今年初めての映画会でした。
観た映画は『バイオハザード:ザ・ファイナル』。人気ホラーアクションシリーズの最新作かつ最終作です。
あらすじは以下の通りです。

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、レッドクイーンから48時間後に人類が滅びると告げられる。そして、宿敵アンブレラ社が放った膨大な数のアンデッドが地上を占領。アリスはラクーンシティに戻って、生還したクレアやコバルトらと合流し、アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが……。
(Yahoo!映画より抜粋)

冒頭からクリーチャー(いわゆる敵キャラクター)であるポポカリムが登場し、アリスと激しい攻防戦を繰り広げるのを皮切りに、次々とアクションシーンが展開されます。クリーチャー以外の人間の敵キャラクターとの戦いも迫力満点で、最終作にふさわしい仕上がりとなっていました。
主要クリーチャーであるゾンビは、これまでのシリーズ以上に登場する数が多いです。もしこれだけのゾンビに追われたら…と思うと、ゾッとしましたねcoldsweats01
本作で一応の完結となっていますが、ラストシーンを観る限り、「まだ続いてもおかしくない」と思いました。

先に書いたように、2002年公開の第一作目から続いた実写版『バイオハザード』はこれにて完結となります。
もともと単なるテレビゲームのソフトに過ぎなかった『バイオハザード』。それがいつのまにやら様々な媒体に展開され、全世界で愛される作品となりました。
最初にこのゲームを開発したスタッフは、まさかここまで大きく成長するとは予想しなかったでしょう。

実写版は完結したとはいえ、今後も媒体への展開は続くでしょう。もしまた実写版が制作されるのであれば、ぜひ観たいと思います。

お付き合いいただいたひでき氏に感謝します!

| | コメント (2)

2016年12月 8日 (木)

映画会:次回は来年1月に予定

ここ2年ほどはぜひ観たい!という映画が少なくなったことや、スケジュールの都合により、映画館に行く機会が少なくなっております。
今年にいたっては、9月に行って以来、行く機会がない状態で、このまま年を越えることになります。が、来月は必ず行く予定です。『バイオハザード:ザ・ファイナル』が公開されるからです。
この映画の公開は今月23日からですが、今月中は無理なため、来月に入ってから行くことになります。人気作なので、最低一ヶ月は公開されるはずだから、来月に入ってからでも観に行くことは可能でしょう。
私がいつも行っている映画館はTOHOシネマズなんば、もしくはなんばパークスシネマですが、『バイオハザード』はどちらでも公開されています。これもあって、観に行きやすいですねhappy01

2002年に第一弾が公開されてから、シリーズ全作が大ヒットとなった『バイオハザード』シリーズもいよいよ完結です。
最終決戦はどのような結末に終わるでしょうか?

予告編↓を観る限り、内容に期待できそうですね。

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

地上波初放送『大脱出』

昨日のフジテレビ『土曜プレミアム』枠で放送された『大脱出』。2014年に公開された映画が地上波初放送されました。
劇場公開時に観に行こうと思っておりましたが、行けずじまいでした。いつかはDVDを買おうと思っていたのですが、なかなかタイミングがなく、映画の存在自体も忘れかけておりました。そんな中、地上波で放送されることを知り、ようやく観ることができました。
この映画の特徴といえば、アメリカを代表するアクションスター、シルベスタ・スタローンとアーノルド・シュワルツネッガーのW主演であること。二人の共演は2010年公開の『エクスペンダブルズ』で初めて実現しましたが、この作品でのシュワちゃんはカメオ出演であるため、二人同時に写ったのはほんの少しでした。その続編『エクスペンダブルズ2』(12年公開)ではシュワちゃんは主要キャストとなったため、前作より共演シーンは多かったものの、W主演ではありませんでした。
そして、2014年『大脱出』にて本格的なW主演が実現しました。アクション映画好きには、たまらないですねー、これは。

肝心の内容ですが、前半がややだるいように思えました。スタローンが早々に出てきたのに対し、シュワちゃんが出てくるまでは結構時間がかかりました。おそらく劇場で観ていたら、寝ていたと思いますcoldsweats01
もっとも中盤以降はテンポが良くなり、次々に展開されるアクションシーンがよかったです。ラストの空中戦は、フィクションであるとわかっているのに、ハラハラドキドキしながら観ておりました。

脱出ものという内容から、本作の続編製作は難しそうですが、また二人のW主演が観れたらいいなーと思います。おそらく次があったとしたら、本作とは全くの別物になるでしょう。
次のW主演作はどんな内容になるかなー。『大脱出』は仲間同士だったけど、今度は敵として対決しあうというのも悪くないかな?

| | コメント (0)

2016年8月28日 (日)

映画『沈黙の粛清』鑑賞会

Cq8recxueaaeskg
本日はなんばパークスシネマでの映画鑑賞会でした。
観た映画は『沈黙の粛清』。スティーブン・セガール主演のアクション映画です。あらすじは以下の通りです。

ドラッグの取引をしていたギャングたちが、何者かによって惨殺される。捜査が開始され、容疑者として家族をギャングに殺された過去を持つ元アメリカ軍特殊部隊大佐ロバート・サイクス(スティーヴン・セガール)の存在が浮かび上がる。彼と同じ部隊に所属していたFBI捜査官ポーター(クレイグ・シェイファー)が凶行の阻止に動きだす中、サイクスに部下を葬られたマフィアの首領ロマノ(ジェームズ・ルッソ)が彼の抹殺を決意。サイクス、ポーター、マフィアによる三つどもえの戦いが始まる。

(Yahoo!映画より抜粋)

セガール主演作の醍醐味であるド派手なアクションは健在でしたが、残念ながら肝心のストーリーは破綻していました。
最後にどんでん返しがあるのですが、そのために主演のセガールの存在意義が全く意味不明となってしまいました。また、名義上はセガール主演となっていますが、実際の主演はポーター役のクレイグ・シェイファーとなっており、これも本末転倒と言えるでしょう。
セガールの出ている映画を映画館で観るのは、これが初めてでしたが、結果は失敗でしたねcoldsweats01

もともと近年のセガール主演作は本国アメリカではVシネマとなっています。一方、日本ではセガールの人気が高いために劇場公開されていることが多く、『沈黙の粛清』もその一例であります。
関西地区にてセガール主演作が公開されるのは十三や新世界など、ちょっとディープな地域の映画館です。ただ、今回はなんばパークスシネマという大きな映画館での公開なので、内容にちょっと期待したのですが、期待はずれとなってしまいましたsweat01

とはいえ、半ば諦めかけていたセガール主演作の映画館での鑑賞が実現できたので、そこは嬉しかったです。醍醐味であるド派手なアクションをスクリーンで堪能できましたしね。

お付き合いいただいたひでき氏に心から感謝します!

| | コメント (0)

2016年7月26日 (火)

DVD・ブルーレイが発売されすぎの洋画

数多くの洋画・海外ドラマのDVDを発売している20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン。同社がこれまでに発売したDVD・ブルーレイで、もっとも多く発売されているのは間違いなく『ダイ・ハード』シリーズでしょう。
昨年だけでも、3つのブルーレイボックスが発売されました。2013年にはDVD、ブルーレイそれぞれの単品に加え、限定生産品、ボックスセットなども発売されており、この年だけで何と16作も発売されています。
それだけこのシリーズにファンが多いことを物語っていることになりますが、一方であまりにも発売される数の多さに批判の声も多いです。例えば13年に完全限定生産で発売された『吹替えの帝王』版は、昨年にこれら全てを一つに収めたボックスが発売されています。『吹替の帝王』版を買った方々の怒りの声が通販サイトに掲載されていましたが、「まぁ、そうなるだろうね」と思いました。自分がその立場なら、怒るだろうし。

今後も『ダイ・ハード』シリーズは制作され続けるでしょうから、新作が出るたびにまたDVD・ブルーレイが発売されるでしょう。
で、その都度ファンの怒りの声があがるだろうなぁ。

もうちょっと考えて発売するべきでは?と発売元に言いたいです!

| | コメント (0)

2016年6月 4日 (土)

映画『エンド・オブ・キングダム』鑑賞会

今日は約2か月半ぶりの「映画の日」でした。
鑑賞した映画は『エンド・オブ・キングダム』。2013年公開の『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編にあたります。
あらすじは以下の通りです。

イギリスの首相が謎の死を遂げ、ロンドンで行われる葬儀にアメリカ合衆国大統領ベンジャミン(アーロン・エッカート)が出席することに。2年前にテログループによるホワイトハウス陥落に立ち向かったシークレットサービスのマイク(ジェラルド・バトラー)も彼を護衛するために同行する。各国首脳がロンドンへと結集する中、彼らをターゲットにした同時多発テロが発生。歴史的建造物が次々と崩壊し、犠牲者が続出する。マイクとベンジャミン大統領は世界を混乱から救おうと立ち上がるが……。
(Yahoo!映画より抜粋)

前作も手に汗握る緊迫したシーンばかりでしたが、本作はそれ以上。大統領の乗った車はおろか、ヘリコプターですらテロリストに狙われるのです。それでも生き延びるのが凄い…。
アクション映画の要素が全て取り入れられてるといっても過言ではありません。銃撃、肉弾、カーチェイス、空中…ありとあらゆるシーンでアクションが展開されるのですから。ただ、前作以上に過激なシーンが多いために、PG12指定となっています。
主要キャストは前作より引き継がれています。アメリカの副大統領を演じたモーガン・フリーマンの熱演は言わずもがなでした。ラストシーンでテロリストの首謀者に向けて放った一言は何の変哲もない言葉だけど、実に重い一言だったし。また、その一言で悪を成敗するのもVery Good!でしたね。

今年の鑑賞会はこれで4度目で洋画を観るのは2度目でした。
次は邦画、洋画どちらになるかなぁ。今のところ、次に観ようと思っている映画はないので、どちらになってもおかしくありません。

本日もひでき氏にお付き合いいただきました。またストレス解消にご協力いただき、心から感謝しています。
次回もよろしくお願いいたします!

| | コメント (0)

2016年5月11日 (水)

まだ出ない?『バトルランナー』廉価版DVD

ファンであるアメリカの俳優、アーノルド・シュワルツェネッガー。
彼の全盛期と言えば1980年代。『コナン・ザ・グレート』、『ターミネーター』、『コマンドー』、『プレデター』と言ったヒット作に多数出演。一躍、映画スターになったことは紛れもない事実です。
90年代に入ってからも傑作映画に出演しているけれど、やはり80年代の作品の方が面白い!と個人的に思っています。

その80年代に彼が出演した映画の一作である『バトルランナー』。2017年のアメリカを舞台に、囚人を公開処刑するテレビ番組『ランニングマン』に出演する無実の罪の男(シュワルツェネッガー)の活躍を描くアクション映画です。
かつてこの映画を録画したビデオテープを何回も何回も観たものです。一時期はほぼ毎日観ていたこともあるぐらいでした。その後、映画への興味が薄れたのを境に『バトルランナー』も観なくなりました。
時は流れ、メディアがビデオからDVDへと変わった時期、再び映画への情熱が復活。ぜひ『バトルランナー』もDVDで観たいと思いました。が、残念なことに『バトルランナー』のDVDは廃盤でした。98年にDVD化されてますが、それはとっくの昔に廃盤となっています。
そして、現在に至るまで再発売はされていません。

二年前に同じく一度DVD化されながらも廃盤となっていた『レッドブル』が再発売されました。この時、「もしかしたら『バトルランナー』も再発売されるかも?」と淡い期待を持ちました。長期にわたり廃盤となっていた『レッドブル』が再発売されたことに加え、『レッドブル』、『バトルランナー』共に発売元は同じなので、再びDVDとなるかも?と思ったのです。
しかし、この記事を書いている時点では再発売されていません。発売元の会社は何をしてるのでしょうか。「まさか、このまま一生埋もれさせるつもりじゃないだろうね?」とも言いたくなりますrock

年内に再発売されることを祈りつつ、記事を終わらせていただきます。

| | コメント (0)

2016年1月 3日 (日)

たいぞう展「心のこもった時間」/映画『クリード チャンプを継ぐ男』

年末年始休暇最終日の本日は、今年初めての外出日でありました。
まず向かったのは近鉄百貨店上本町店。先月28日より開催されている、たいぞう展「心のこもった時間」↓を観に行くためです。

001
展示されている作品は副題の「心のこもった時間」を忠実に表現しているものばかり。どれも個性豊かで、気分をほのぼのとさせてくれます。
特に「治療」と題された作品が印象深いです(写真を撮り忘れたのが無念!)。身内に難病治療中の者がいるということもあって、尚更印象に残りましたね。

たいぞうさんの個展に行くのはちょうど一年ぶりでした。昨年は近鉄百貨店以外にも複数の箇所で開催されていたのに、行く機会を逃していました。今年は逃さないようにしたいです。

続いて向かったのは、TOHOシネマズなんば別館。先月23日より公開中の映画『クリード チャンプを継ぐ男』を観賞しました。
あらすじは以下の通りです。

ボクシングのヘビー級チャンピオンであったアポロ・クリードの息子、アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)。さまざまな伝説を残したアポロだが、彼が亡くなった後に生まれたためにアドニスはそうした偉業を知らない上に、父との思い出もなかった。それでもアドニスには、アポロから受け継いだボクシングの才能があった。そして父のライバルで親友だったロッキー(シルヴェスター・スタローン)を訪ねてトレーナーになってほしいと申し出る。
(Yahoo!映画より抜粋)

本作は『ロッキー』シリーズの新たな新章となる作品です。
そのため、主人公のロッキーは現役のボクサーではなく、もう一人の主人公であるアドニスのトレーナーとして登場します。当初はトレーナーを務めることに消極的でしたが、アドニスの熱意とアドニス自身がかつてのライバル・アポロの息子とあって、最終的に引き受けます。その後は熱心にアドニスを指導していきますが、突如病魔がロッキーを襲います。これが後のストーリーに大きく影響していきます。それがどうなるかは、ぜひ映画本編を観てご確認ください。
シリーズの醍醐味であるボクシングシーンは本作でも健在です。迫力あるパンチの応酬は爽快感があるほどです。失礼ながら、本物のボクシングよりもこちらの方が面白いと思ってしまいました。

なお、前作の『ロッキー・ザ・ファイナル』にてロッキーの妻・エイドリアンがすでに故人であることが明かされましたが、本作ではエイドリアンの兄(つまりロッキーの義兄)のポーリーも故人となっていることが判明しました。これも新たに付け加えられた設定ですね。
今後も作品が作られるのか不明ですが、ぜひ作っていただきたいですね。

今回もいつもの通り、ひでき氏にお付き合いいただきました。
またよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2015年12月17日 (木)

2016年最初に観る映画は『クリード チャンプを継ぐ男』

今月23日に公開される映画『クリード チャンプを継ぐ男』。
タイトルからすぐに連想できないでしょうが、この映画はあの『ロッキー』シリーズの最新作であり、初の番外編なのです。
『ロッキー』といえば、ご存知シルベスタ・スタローンの出世作であり、ボクシングを題材とした映画の中では金字塔とも言うべき作品です。1976年に第1作目が公開されて大反響を呼びました。その後、人気シリーズとなって全6作が制作されました。2006年公開の6作目『ロッキー・ザ・ファイナル』をもって完結しましたが、縁があって再びロッキー・バルボアがスクリーンに帰ってきたのです。
本作におけるロッキーは、現役のボクサーではありません。現役時代のライバルだったアポロ・クリードの息子であるアドニス・ジョンソンを育てるトレーナーとして登場します。
アドニスが生まれた時点でアポロはすでに故人となっていました。よってアドニスは一度もアポロに会ったことがないのですが、アポロの血はアドニスに見事に受け継がれていました。そして、アドニスはロッキーに自分を指導してくれるよう依頼します。ロッキーはその依頼を引き受け、彼と共に新たな道を拓く…というのが大まかなストーリーです。
本作は本国アメリカで大ヒットし、批評家からも絶賛されております。日本でも前評判はかなり高く、ヒット作となることは間違いありません。
ちょっと年内に観に行くのは無理なので、年が明けてから観に行きます。というわけで、この映画が2016年最初に映画館で観る作品になります。

↓予告編です。作品の面白さがひしひしと伝わってきますね。


週末に前売り券を購入予定です。ああ、早く観たいものだなぁ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧