ドキュメンタリー

2017年7月 9日 (日)

緊急放送『九州北部 記録的豪雨はなぜ』

今夜放送された『NHKスペシャル 九州北部 記録的豪雨はなぜ』。今月初めに大分県を襲った集中豪雨を特集したドキュメンタリーです。
当初今夜放送の特集は別の内容でしたが、豪雨の被害が甚大なものだったため、急遽差し替えとなったようです。
実際の映像が随所に挿入されましたが、とにかく衝撃的でした。氾濫した河川、倒壊した家屋、町中に散らばる流木、言葉で言い表せないほどの雨が降ったことがよく分かりました。
何よりまだ行方がわからなくなっている家族を待つ人々の悲しげな表情が印象的でした。また、孤立状態にある家族を心配する人々の姿も。

放送ではスタジオ進行のパートがあり、そこで最新情報が報告されました。まだまだ行方不明者がいる上に、二次災害の恐れもあるということです。
おまけに今後も雨が降り続ける可能性が高いとか。更に被害が拡大し、救助や復旧に支障をきたすことも十分に考えられます。

今回の豪雨、断片的にニュースで見ただけでしたので、まさかここまで大きな被害があったとは思いませんでした。
緊急放送がなければ知らないままだったでしょう。やはり、ニュースやドキュメンタリーは観ておかないといけないですね。

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

新たに観始めた『クローズアップ現代+』

繰り返し当ブログに書いているように、昨年からドキュメンタリー番組を観るようになった私。そのほとんどが『NHKスペシャル』ですが、今日新たに観始めたドキュメンタリーがあります。
それは同じくNHKの『クローズアップ現代+』。毎週月~木曜日に放送されているドキュメンタリーです。
この番組を観たのは、たまたま今日放送のテーマが最近関心を寄せている原子力問題だったためでした。それがとても分かりやすい内容でしたので、「毎回は無理だが、関心のあるテーマの時は必ず観よう」と思いましたね。内容が分かりやすいだけでなく、25分間と若干短めの放送時間もVery Good!です。これなら疲れることなく、一気に観れますもんねhappy01
『クローズアップ現代+』は1993年に放送が始まりました。以後、『NHKスペシャル』や『ETV特集』などと並ぶNHKを代表するドキュメンタリーとなっています。

前述したように、今日のテーマは原子力問題でした。今月6日、茨城県大洗町の原子力研究開発センターで発生した研究員5名が被ばくした事故を徹底取材したものが放送されました。
今から6年前の2011年に福島第一原子力発電所事故が発生し、日本国内を震撼させました。今や国内で原子力が安全なエネルギーであると思っている人は、ほとんどいないでしょう。そんな中でも、政府や電力会社は原子力を推し進めています。
そして、今回起きた大洗町の事故。完全に反・原子力派の格好の攻撃材料となったと言えます。それでも政府は原子力を推進するのか…。

| | コメント (0)

2017年6月15日 (木)

東電テレビ会議議事録全文

2011年3月11日といえば、東日本大震災が起きた日です。と、同時に福島第一原子力発電所で事故が発生した日でもあります。
双方ともに6年経った現在も次々に新たな事実が発覚していますが、個人的に原発事故の方が興味深いです。それも今年3月に放送された『NHKスペシャル メルトダウンFile.6』を見てからです。
番組中、事故発生時に行われた東京電力のテレビ会議の模様が流されました。それがとても印象に残りました。以後、暇があれば、実際のテレビ会議の動画をYouTubeで閲覧するようになっています。
どの動画も事故当時の緊迫感がひしひしと伝わってきます。当時の福島第一原発の所長の「大変です!大変です!」の叫びは特に。
実はこの番組を見るまで、原発事故の概要を全く知らなかったんです。ニュースや新聞で報じられているのは知っていたけど、いつもスルーしていました。
今では原発事故関連の報道があると、細かく見るようになりました。自分が思っていた以上の惨事だったことを知って、胸が痛くなりましたので…。

前置きが長くなりましたが、事故当時の東電のテレビ会議の議事録がNHKのHPにて公開されているのを見つけました。NHKの取材班が実際のテレビ会議の動画を見て、それを文章に書き起こしたものです。
いざ活字にすると、ページ数が半端なものではありません。2000ページぐらいあるのではないでしょうか。それを毎日少しずつ見ておりますが、まだまだ終わりそうにないです。
しかし、これは見ておかないといけないものだと思っています。日本、いや世界に残る大惨事の記録ですから。

興味のある方はぜひ見てください。
https://www3.nhk.or.jp/news/special/shinsai6genpatsu/

さぁ、これからまた議事録を見るとするか…。

| | コメント (0)

2017年5月20日 (土)

今夜放送「緊迫 北朝鮮 危機の深層」

今日の午後9時より『NHKスペシャル』で放送される「緊迫 北朝鮮 危機の深層」。
ここ最近の北朝鮮の動きが活発化していることから、急遽放送が決まったようです。
北朝鮮問題に強く感心を抱いている私ですが、この問題を特集したテレビ番組を観たことはほとんどないんですsweat01ドキュメンタリーを観る習慣がなかったもので…。
しかし、半年前からNHKのドキュメンタリーを観るようになりました。今はほぼ毎日『NHKスペシャル』の公式サイトを閲覧し、気になるテーマのドキュメンタリーの放送予定はないかとチェックしております。

そして、今回放送されることになった「緊迫 北朝鮮 危機の深層」は、まさに自分が望んでいたテーマのドキュメンタリーです。北朝鮮の実態を細かく知ることができるでしょう。

もっとも本当はこんなテーマが放送されないことが一番いいんですけどね…。頼むから北朝鮮には世界を敵に回す行為はしないでほしいなぁ。

| | コメント (0)

2017年5月 8日 (月)

MEGAQUAKE 巨大地震

2010年にNHKスペシャル枠で放送された『MEGAQUAKE 巨大地震』。
文字通り、巨大地震をテーマとしたドキュメンタリーで計4回放送されました。
取り上げられたテーマは地震のメカニズム、地震を予知する方法と取り組み、地震と津波の被害対策など。ところどころ実際の地震と津波の映像が挿入され、これが恐怖心をあおるものとなっています。特に2004年に起きたスマトラ島沖地震における津波の映像は、思わず目をそらせてしまうほどの恐怖感に満ちていました。これと同じ状況がまさか1年後に日本で発生(東日本大震災のこと)するとは、誰も予想できなかったことでしょう。

本作を観て更に地震への恐怖感が強まりましたが、一方で地震や津波に対する知識を若干ですが得ることができました。

本ドキュメンタリーは、俳優の伊武雅刀による淡々とした語りによって進行されます。決して派手さはないものの、説得力のある重厚な語りが見る者を圧倒させます。
本作にはドラマパートがありますが、そこには伊武は出演していません。語りだけでなく、登場人物としても出てくれたら、説得力がもっとあったのになぁ。

前述したように本作の放送から1年後に東日本大震災が発生しました。そのためか、2012年に第二弾、13年には第三弾が放送されています。
今のところ観たのは第一弾だけなので、第二弾以降もいずれ観るつもりです。
地震への恐怖感がより一層高まりそうですが、これも知識を得るためです。観ておいて損はないでしょう。

| | コメント (0)

2017年3月 2日 (木)

東日本大震災関連ドキュメンタリー続々放送

もうすぐ発生から6年を迎える東日本大震災。
震災発生日が近づくにつれ、関連するドキュメンタリー番組が各テレビ局で放送されます。
今年も続々放送予定で、特に『NHKスペシャル』枠では以下の4本が放送されます。

あの日 引き波が・・・ 行方不明者2556人(3月5日 21時~21時49分)
15歳、故郷への旅 ~福島の若者たち・震災6年目の一時帰還~(3月10日 22時~22時50分)
シリーズ東日本大震災 “仮設6年”は問いかける ~ポスト3.11 求められる大転換~(3月11日 20時~20時45分)
シリーズ東日本大震災 帰還 ~原発事故6年 福島で何が・・・~(3月11日 21時~21時49分)

もちろん、NHK以外でも震災関連のドキュメンタリーが放送されますが、とりあえず『NHKスペシャル』は全て観ようと思っています。また、テレビ朝日の『スーパーJチャンネルSP』(3月11日 13時59分より放送)も。
さすがに全てリアルタイムで観ることはできないですから、幾つかは録画になります。観終わった後は心が痛くなるでしょうね…。6年経ったとはいっても、まだまだ記憶に新しい出来事ですから。

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

『未解決事件 ロッキード事件』がDVD化

2016年7月23日と24日、2日連続でNHKで放送された『NHKスペシャル 未解決事件 ロッキード事件』。文字通り、ロッキード事件を取り上げたドラマとドキュメンタリーです。
3部構成となっていて、1部と2部がドラマ、3部がドキュメンタリーとなっていました。このうち、2部のみ知人より録画したものをDVDにコピーしてもらって観ましたが、あとの2部は未視聴。もう再放送の機会もなさそうなので、半ば視聴を諦めておりました。
が、そんな矢先に朗報が届きました。番組のDVDが今年4月21日に発売されます。これで観逃した分を取り戻せますhappy01
ただ、第1部だけ一部カットされるらしく、完全版ではありません。やはり本放送を観ないとダメですねー。

『未解決事件』は第5弾まで制作・放送されています。うち、DVD化されているのは第一弾の『グリコ・森永事件』だけです。このこともあり、『ロッキード事件』の回のDVD化は無理かなぁ?と思ってました。結果的に予想が外れたので、大満足ですsmile

発売日が4月21日ということは、ゴールデンウィークの直前です。どうせならゴールデンウィーク中に観ようかな?ちょうどいいタイミングだから。

| | コメント (0)

2017年2月15日 (水)

薬師寺金堂再建のドキュメンタリー

昨年11月に初めて購入し、すっかり虜となったNHK『プロジェクトX 挑戦者たち』のDVD。このたび、通算3枚目となるDVD『幻の金堂 ゼロからの挑戦 ~薬師寺・鬼の名工と若武者たち~』を入手しました。
2000年10月17日に放送されたこちらの回は、奈良市にそびえる薬師寺金堂の再建を手がけた男たちの物語を描きます。主要登場人物となるのは法隆寺を始めとする奈良の寺院の再建を数多く手がけた棟梁・西岡常一さん(故人)と彼の元で働いた30名の大工。大工たちの証言を中心に薬師寺がどのように再建されていったのかが描かれています。
個人的に薬師寺再建云々よりも、西岡さんの姿を見たくて、このDVDを買ったと言えます。今から20年前でしょうか。中学校の国語の教科書に載っていた西岡さんを見たのです。それから少しして、西岡さんは亡くなりました。そのことが妙に印象に残っていました。
それから20年後、ふとそのことを思い出し、西岡さんのことをGoogleで検索。そこで見た西岡さんの功績は、予想以上でした。今、奈良にそびえる法隆寺や薬師寺に多大な貢献をしていたのですから。またそれだけでなく、とても個性的な人柄であったことが窺い知れました。
そして、『プロジェクトX』にて西岡さんのことが取り上げられ、しかもその回がDVDとなっていることを知って、即座に購入を決めました。

実際に見た結果、西岡さんのことが詳しく紹介されていることには満足しました。ただ、もう少し西岡さんの肉声を聴きたかったというのが本音です。あまり喋っている映像はないのかもしれませんけど、少なすぎーと思いました。

西岡さんが手がけた建築物のうち、法隆寺は足を運んだ経験があります。一方、薬師寺は行ったことがありません。
一度は行っておきたいですね。観光名所だし、何より西岡さんが居た場所に足を運んでみたいから。

なお、『プロジェクトX』のDVD購入は今後も続けます。次は自分が生まれた年(1982年)に起きた大事故・ホテルニュージャパン火災を取り上げた回を購入予定です。

| | コメント (0)

2017年1月 3日 (火)

NHKスペシャル 未解決事件 グリコ・森永事件

例年、年末年始はDVDを数枚買い込み、ひたすら視聴するのが恒例です。
買うDVDのジャンルは大概海外ドラマですが、今回は別のものを選びました。そして、その選んだDVDが『NHKスペシャル 未解決事件 グリコ・森永事件』です。
本作は2011年にNHKにて放送された同名タイトルのドラマ・ドキュメンタリーを収録したDVDです。文字通り、1984年から85年にかけて発生した「グリコ・森永事件」をドラマで再現し、そこに関係者インタビューなどのドキュメンタリーを挿入するという内容です。
本作にて、これまで断片的にしか知らなかったグリコ・森永事件の全容を知ることができました。事件の手口、犯人から警察・報道機関に送られた150通以上の脅迫状・挑戦状、犯人に翻弄された警察、そして取材に奔走した新聞記者たち。実にうまくまとめられているなーと感心しました。
本作は3枚組DVD-BOXですが、あっという間に観終わりました。今となっては、なんで本放送を観なかったんだろうと後悔しておりますsweat02

このDVDを買おうと思ったきっかけは、昨年7月に放送された『NHKスペシャル 未解決事件  ロッキード事件』を観たことです。これが面白かったので、ぜひ他の『未解決事件』も観たいと思ったのです。
そして検索して見つけたのがこのDVDでした。『未解決事件』はすでに第5弾まで放送されていますが、DVD化されているのは第1弾のグリコ・森永事件だけです。
できれば、第2弾・第4弾の「オウム真理教事件」および第5弾の「ロッキード事件」もDVD化してほしいなー。ロッキード事件の回は観たとはいえ、全3回からなる放送回のうち、第2回しか観ておりません。それ以外は観てないので、ぜひDVD化してほしいです。

『未解決事件』は2011年より毎年1回放送されています。おそらく今年も放送されると思いますが、今年取り上げられる事件は何になるでしょうか。
個人的には「ロス疑惑」を取り上げてほしいですね。あれも未解決事件の1つですから。

| | コメント (0)

2016年11月27日 (日)

『プロジェクトX』DVD入手

2000年から05年まで放送されていたNHKのドキュメンタリー番組『プロジェクトX ~挑戦者たち~』。多種多様の業界から成功を収めたプロジェクトを紹介し、硬派な内容から5年半放送された人気番組となりました。また、主題歌である中島みゆきの「地上の星」が大ヒットしたことでも知られています。

放送回数は合計190回に昇ります。そのうち、80の回がDVD化されています。
このたび、2005年2月8日に放送された第164回「地下鉄サリン 救急医療チーム 最後の決断」を収録したDVDを入手しました。日本国史上、最大のテロとなった地下鉄サリン事件の被害者を200人以上収容した聖路加国際病院(東京都中央区)の医師たちが、どのように被害者を治療していったのかが描かれています。医師たちだけでなく、被害者の一人である東京地下鉄の職員にもスポットが当てられています。
地下鉄サリン事件を特集した番組は数多く放送されてますが、ほとんどは実行犯であるオウム真理教側、もしくは被害者側を取り上げたものが多く、実際に治療した病院や医師を取り上げた番組は『プロジェクトX』ぐらいではないかと思っています。これだけでも見る価値あり!ですね。
もっとも本作にも実際の事件現場、その一年前に起きた松本サリン事件、そしてオウムの本拠地だった上九一色村(山梨県)の映像も収録されています。今のところ、地下鉄サリン事件を取り上げた番組で商品化されたのは本作だけでしょうか。
なお、DVDには原則放送された内容がそのまま収録されているようです。中島が歌うオープニングテーマおよびエンディングテーマ、NHKのアナウンサーが司会進行するスタジオ部分、そしてメインであるドキュメント映像、全てが収録されています。これも有難いですね。

本作がとても面白かったので、他の回のDVDも買おうと思いました。次はどの回を見ようかなー?

| | コメント (0)