アニメ・コミック

2018年5月23日 (水)

単行本化を望む『ねえ、ぴよちゃん』

今年3月に帰省した際、地元の新聞に載っていた4コマ漫画『ねえ、ぴよちゃん』(青沼貴子作)。
9歳の少女、ぴよちゃんを主人公に、ぴよちゃんの家族や同級生などが登場します。ジャンルはホームコメディでしょうか。自分が読んだ4コマは、「朝から大喜びするぴよちゃん、その理由は今日は祝日だから、しかし本当は平日だったので、落ち込んでどんよりしてしまうオチ」という内容でした。これが実に微笑ましく、ほのぼのとした内容だったので、一目で気に入りました。
ぜひ他の4コマも読みたいと思ったのですが、連載開始から1年ちょっとしか経っておらず、まだ単行本が発売されていません。現時点では連載されている地方紙を購読するしか読む方法がない状態です。
早く単行本化を希望しています!

『ねえ、ぴよちゃん』がどんな漫画なのかを知りたい方は、公式サイトをご覧ください。漫画本編は掲載されていませんが、登場人物の紹介が載っているので、何となく内容がわかるのではないかと思います。

公式サイト:
http://ne-piyo.jp/

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

劇場版『じゃりン子チエ』

ゴールデンウィーク中ということで、また数枚のDVDを借りてきました。
そのうちの1枚が劇場版『じゃりン子チエ』(1981年4月公開)です。昨年にテレビ第一シリーズを全て観ましたが、劇場版は観ていなかったため、これを借りることにしました。
劇場版とテレビ版の違いは声優です。劇場版は、名の知れたお笑い芸人が多数声優として出演しています。横山やすし、西川きよし、笑福亭仁鶴、桂三枝(現・6代目桂文枝)、島田紳助、松本竜介、ザ・ぼんち、鳳啓助、京唄子などなど堂々たる顔触れとなっています。
劇場版のストーリーですが、実はテレビ第一シリーズの第1話~10話とほぼ同じです。よって、すでに第1話~10話を観ている自分にとっては、まるで復習をしているかのような感覚で観てしまいましたcoldsweats01もっともストーリーが同じとはいえ、声優が違いますから、そこは別物として観ることができましたね。

特に面白かったのはお好み焼き屋のおっちゃんこと百合根が、焼いているお好み焼きに涙と鼻水をたらしまくるところ。そのお好み焼きを食べたカルメラ兄が「塩味がきいててうまい」と言うシーンが笑えました。もっともその後にカルメラ兄はお腹をこわすのですがcoldsweats01なお、劇場版におけるカルメラ兄の声優はザ・ぼんちのおさむ師匠で、それがまた笑える要素になっていました。

前述したように劇場版とテレビ版の声優は異なっていますが、主人公・チエとチエの父親・テツ、そしてテツの幼馴染・ミツルは同一キャストとなっています。特にテツの声優を務めた西川のりお師匠ははまり役でしたね。
『じゃりン子チエ』がまたアニメ化される時は、間違いなくのりお師匠がテツを演じるでしょう。そうでなかったら、クレームが殺到しそうですsweat01

これでひとまず近所のレンタルビデオ店にある、『じゃりン子チエ』のDVDは全て観たことになります。後は、まだ未視聴のテレビ第二シリーズをネットレンタルで借りて観るかなーと思っています。
こちらはあまり店頭に置いてないようなので、ネットレンタルしか借りる方法がなさそう…。

| | コメント (0)

2018年3月26日 (月)

全巻購入達成:『男はつらいよ』コミック版

S_img_1336
今月23日に発売されたコンビニコミック『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』を編を購入しました。映画版第25作目が原作であり、コミック版としては第9弾目そして最終作にあたります。
マドンナは過去2回登場したドサ回りの歌手・リリー。旅先の沖縄で倒れて入院したリリーは、寅さんの実家に「会いたい」と手紙を送ります。その手紙を読んで、沖縄に駆けつけた寅さんはリリーを懸命に看病します。看病の甲斐あって、リリーは元気を取り戻し、寅さんと同棲生活を送るようになります。まさに夫婦同然の二人ですが、些細なことから大喧嘩となり、再び離れ離れになります。しかし、またも寅さんの地元・柴又で再会し仲直り、そして寅さんは「俺と所帯持つか」とリリーにプロポーズするのですが、なんやかんやで結婚に至らない。そんな二人を見て寅さんの妹・さくらがとても悲しい表情を浮かべるのですが、それが非常に印象深いものとなっています。

『寅次郎ハイビスカスの花』は全48作ある『男はつらいよ』の中でも、特に名作として知られています。それだけにコミック版の発売を楽しみにしていました。
今回も前回、前々回と同じコンビニでの購入でした。今のところそのコンビニ以外では売ってるところを見かけていないため、少なくとも大阪での流通は少ないんでしょうね。
まぁ、何やかんや言いながらも全巻購入することができました。今後も暇を見つけては読み返したいです。それぐらい面白い漫画ですからhappy01

| | コメント (0)

2018年3月15日 (木)

【ゲーム】聖闘士星矢 黄金伝説

定番のなつかしのゲームネタです。今回はこちら。

1987年にファミコン用ゲームソフトとして発売された『聖闘士星矢 黄金伝説』です。
同名アニメのゲーム化で、実際にソフトを買って遊びました。が、今となっては肝心のストーリーを全く覚えておりませんでしたcoldsweats01
ジャンルとしてはアクションゲームとなるのでしょうが、RPGやシミュレーションの要素も含まれています。
とにかく敵を倒すことばかり考えてプレイしていたと思います。そのせいで、ストーリーを覚えていなかったのでしたsweat01

『聖闘士星矢』については、アニメは多少観ていたはずです。そうでなければ、このソフトを買っていなかったと思います。
一方、原作はほとんど読んだことがありません。というか、アニメもストーリーを覚えていませんけどねcoldsweats01
今考えてみると、幼少期に触れたアニメやゲームで肝心のストーリーを全く覚えていない作品が結構あるんです。一体、何を観ていたのでしょうかねぇ。本当、不思議…。

| | コメント (0)

2018年2月24日 (土)

コミック版第8弾は『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』編

001
今月23日に発売されたばかりのコンビニコミック『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』編を購入しました。映画版第15作目が原作であり、コミック版としては第8弾目にあたります。
北海道を旅していた主人公・寅さんは、何やら訳アリのサラリーマン・兵頭と出会います。寅さんを慕うようになった兵頭に振り回されながらも旅を続ける中、数年前に出会ったドサ回りの歌手・リリーと再会。3人での旅路となります。
もともと相思相愛の仲だった寅さんとリリーは、この旅で関係を深めるのですが、些細なことで喧嘩をして離れ離れになります。しかしその後、寅さんの地元・柴又で再会。仲直りをしたと思ったら、再び喧嘩別れ。そして、また仲直り。そんなことを繰り返しながら、二人の関係はどんどん深まっていきます。そんな二人を見た寅さんの妹・さくらは、二人が一緒になってほしいと願い、リリーにそのことを話します。はぐらかされると思ったさくらですが、リリーの答えは何と「YES」。さて、肝心の寅さんの返事は…?というストーリーです。ちょっと長ったらしいですねcoldsweats01
前作である『寅次郎忘れな草』(映画版第11作・コミック版第6弾)では、まだ寅さんとリリーはそれほど深い関係にありませんでした。どちらかというとリリーの片思いのような感じでしたが、今作ではお互いに思い合っているのがよくわかります。それなのに結婚に至らないんですね。まぁ、寅さんが結婚したらこのシリーズは終わりですから、なんとしてでも阻止しないといけないんだけどsweat01

原作である映画版同様に、コミック版においてもやはりリリーが登場する回は格段に面白いですね。『男はつらいよ』はリリーが登場する回が特に人気が高いと言われますが、それは実際に観てみれば納得できるはずです。

次回のコミック版は映画版第25作目が原作の『寅次郎ハイビスカスの花』です。これにてコミック版は完結(のはず)です。
『ハイビスカスの花』もリリーが登場する回です。この回は全48作ある映画版の中でも人気の高さが突出していますので、コミック版も面白いのは間違いなし!ですね。

| | コメント (0)

2018年1月29日 (月)

コミック版第7弾は『男はつらいよ 寅次郎子守唄』編

S_img_1280
今月26日に発売されたばかりのコンビニコミック『男はつらいよ 寅次郎子守唄』編を購入しました。劇場版第14作目が原作であり、コミック版としては第7弾目にあたります。
佐賀県を旅していた寅さんは、現地で出会った女房に逃げられた男に赤ん坊を押し付けられてしまいます。仕方なく赤ん坊を連れて柴又に帰ってきた寅さんですが、家族や周囲はその赤ん坊が寅さんの子供だと思い込みます。そのために大騒動が…という展開です。そんな中でも寅さんが一目惚れをするマドンナが現れるのです。しかし、同じくそのマドンナに一目惚れをしている男のことを知った寅さんは自ら身を引き、キューピット役に徹するのです。めでたく男とマドンナがカップルになったことを知った寅さんが、再びテキヤ稼業の旅に出るところで物語は幕を閉じます。
コミック版は原則映画版と同じストーリーを踏襲していますが、一部の場面はコミック版オリジナルとなっています。本作においては、冒頭の寅さんと赤ん坊が初めて遭遇する場所がストリップ劇場となっています(映画版では旅館)。場面の相違を比較しながら見ると、より一層楽しめますねhappy01

先月発売された前作は発売日から少し経ってから買おうとしたために、なかなか購入できず苦労しました。その反省から、今月の新作は発売後すぐに買おうと思いました。
実際、買ったのは発売日の翌日でした。それでも若干苦労しましたね。どうやら流通量が少ないようで…。

気が付けば、コミック版『男はつらいよ』の発売もあと2冊で終わりです。
残り2冊とも発売後即時購入は間違いなし!ですねsmile

| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

また深夜帯の放送になる?『ルパン三世』新シリーズ

国民的アニメ『ルパン三世』の最新シリーズが今年4月から放送されることになりました。

「ルパン三世」アニメ5期、4月から放送!コードギアス脚本家が執筆
https://www.cinematoday.jp/news/N0097657

『ルパン』のテレビシリーズが放送されるのは2年半ぶり。通算5シリーズ目となります。
嬉しいことだけど、多分深夜帯に放送されるだろうから、まずリアルタイムで観れません。また、関西の放送局である読売テレビは放送時間帯が一定してないので、録画予約も大変そうです。そのため、前のシリーズは途中で観るのを止めちゃいましたcoldsweats01
放送時間帯はゴールデンタイムが一番望ましいけど、おそらくそれは無理でしょう。なら、せめて日曜の昼間とかにやってくれればなぁ…と思います。
ま、いざとなったらDVD借ります。ほぼ確実にDVD化はされるでしょうから。

ともあれ、また好きなアニメの最新作が観れるのは嬉しいです。観るからには瞼に焼き付けるぐらい真剣に観たいです。

| | コメント (0)

2018年1月 4日 (木)

ようやく購入できたコミック版『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』編

昨年8月よりコンビニコミックがアンコール発売されている『男はつらいよ』。山田洋次が監督した同名映画を高井研一郎が漫画化したものです。
すでに第6弾目までが発売されています。発売される都度購入してきましたが、先月発売の第6弾『寅次郎忘れな草』編がなかなか購入できず四苦八苦しておりました。なんせ、どこのコンビニに行っても置いてないので、「もう購入は無理か…」と諦めかけていました。
そんな矢先、いつも乗っているバス停のそばにあるコンビニに行ってみたところ、遂に発見したのです。すぐさまレジに持っていたのは言うまでもありませんsmile

購入した『寅次郎忘れな草』編↓

S_dssnrafu8aartbu

本書は同名タイトルの映画版第11作目が原作となっています。
この作品は主人公の寅さんが唯一相思相愛になれたと言えるマドンナ、リリーが初登場することで知られています。若干原作と異なる描写がありますが、寅さんとリリーが実際に交わしたセリフはそのままです。原作の世界が十分に再現されていると言っていいでしょう。ただ、最初に二人が語り合う場所が混浴温泉になってしまってるのは残念でしたね(原作は波止場)。ここだけは変えてほしくなかったなぁ。
個人的に冒頭の寅さんの父親の27回忌の場面にて、「おいちゃん(寅さんの叔父)、とうとう逝っちまったのかい」のセリフが笑えましたhappy01「勝手に殺すなよー」と誰もが思うでしょうね。

リリーが登場する作品は計4作あり、そのうちの3作は漫画化されているようです。リリーが出てくる回は全部名作なので、それらを漫画でも楽しめるのはとてもいいことですねhappy01
今月も発売されるので、即座に購入してしまおうと思っています。今回みたいにコンビニを何軒もはしごするのは避けたいからsweat01

| | コメント (0)

2017年12月19日 (火)

次回も人気アニメとコラボする『逃走中』

フジテレビ系で不定期に放送されるバラエティ特番『run for money 逃走中』。次回は来年1月6日に放送されることがわかりました。
前回(今年8月6日放送)は同局の人気アニメ『ワンピース』とのコラボレーションによるものでしたが、次回もアニメとのコラボとなります。そのアニメは『ドラゴンボール超』。同アニメの悪役・フリーザのたくらみを逃走者たちが阻止するという内容だそうです。
この番組の特徴と言えば、逃走者が毎回一新されること。次回は計16名中、14名が初参戦となります。そして、その初参戦となるのが今年ブレイクした有名人ばかり(ブルゾンちえみ、サンシャイン池崎、尼神インター・渚など)。これも『逃走中』の特徴ですね。

私が『逃走中』という番組を知ったのは3年前でした。ちょうど正月の時期に放送されていたのをたまたま見て、「これ結構面白いなー」と思ったのです。
以降、新作が放送されるたびに見ていましたし、過去の放送回もDVDを借りて見ていました。完全に『逃走中』フリークとなったのでした。
また『逃走中』を楽しめると思うと、嬉しいですねー。

ま、これに限らず見たい番組が目白押しでまたレコーダーの容量を気にしないといけないのが若干辛いところですcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年11月22日 (水)

正式決定:東芝が『サザエさん』のスポンサー降板

かねてから噂されていた東芝の『サザエさん』スポンサー降板が現実のものとなりました。

東芝、「サザエさん」「日曜劇場」降板を正式決定 「役割果たした」

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1711/22/news106.html

『サザエさん』は放送が始まった頃から、東芝と共にあったと言っても過言ではありません。ずっとスポンサーを務めてきました。実に48年間もです。かつては一社提供でした。『サザエさん』を観れば、東芝の最新機器もわかる(つまりCMが流される)ぐらい、親密な関係だったのです。
こんなニュースが報じられる時が来るとは誰もが予想できなかったでしょう。

気になる後継のスポンサーですが、現時点で放送局のフジテレビからはコメントなしです。国民的アニメだから、東芝が降板したとしても続くと思ってますが、どうなのかなぁ。
これで打ち切りになったら、抗議が殺到しそうですね。そう予測できるほど、大きな存在ですから。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧