ゲーム

2018年3月15日 (木)

【ゲーム】聖闘士星矢 黄金伝説

定番のなつかしのゲームネタです。今回はこちら。

1987年にファミコン用ゲームソフトとして発売された『聖闘士星矢 黄金伝説』です。
同名アニメのゲーム化で、実際にソフトを買って遊びました。が、今となっては肝心のストーリーを全く覚えておりませんでしたcoldsweats01
ジャンルとしてはアクションゲームとなるのでしょうが、RPGやシミュレーションの要素も含まれています。
とにかく敵を倒すことばかり考えてプレイしていたと思います。そのせいで、ストーリーを覚えていなかったのでしたsweat01

『聖闘士星矢』については、アニメは多少観ていたはずです。そうでなければ、このソフトを買っていなかったと思います。
一方、原作はほとんど読んだことがありません。というか、アニメもストーリーを覚えていませんけどねcoldsweats01
今考えてみると、幼少期に触れたアニメやゲームで肝心のストーリーを全く覚えていない作品が結構あるんです。一体、何を観ていたのでしょうかねぇ。本当、不思議…。

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

早く買った方が良さそうなDVD『タイムコップ』

1994年に公開された『タイムコップ』。ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演のSFアクション映画です。
大ヒットした映画ですが、他の洋画と比べて扱いが悪く、DVDが発売されてもすぐに廃盤になっていました。よって、DVD購入が困難な映画でありました。
そんな中、昨年9月に再度廉価版DVDが発売されました。これでようやく購入が容易になったと喜びたいところですが、置いているお店は少ないです。どうやら今のうちに購入しておいた方がよさそうですね。いつ廃盤になるかわからないから…。

この映画は一度観たことがあります。15年ぐらい前でしょうか。まだ、レンタルビデオ店がビデオカセットを置いていた時代です。ビデオカセット版を借りて観た記憶があるのですが、肝心の映画の内容は全く覚えていませんcoldsweats01当時はまだ映画を観る習慣がなかったので、あまり熱心に観ていなかったのでしょうね。

もともと『タイムコップ』に興味を持ったのは、この映画を題材にしたゲームソフトの存在を知ったからです。
『タイムコップ』は1995年にスーパーファミコン用ゲームソフトとして、ゲーム化されています。ヒットした映画のゲーム化とあって、大々的に宣伝されていましたが、リアルさにこだわり過ぎた点が裏目に出てしまったことや操作性が悪かったことからヒットに繋がりませんでした。が、そのリアルさが印象に残ったんですね。実際にプレイすることはありませんでしたが、雑誌の紹介記事やネット上にあるプレイ動画を観ているので多少はそのゲームの知識を持っています。

ゲーム動画:

そういう経緯から、原作の映画版も観たのですが、先に書いたように内容を全く覚えていません。おさらいするためにも(?)、ここでDVDを買った方がよいでしょうね。
前述のように、買うからには早くした方がよさそう。廃盤になったら、ショックですからね…。
とりあえず早いうちに買っておくつもりです。

| | コメント (0)

2018年1月30日 (火)

脱出ゲーム ハッピーエスケープ(ベッドルーム)

今月8日に新作が公開された無料ネットゲームの「MILD ESCAPE」ですが、早くも最新作が公開されています。
最新作はベッドルームからの脱出を試みます。キーとなるアイテムは「ココア」となっています。

ゲーム画面:

Bed
一部攻略サイトに頼りましたが、ほぼ自力で難関を突破し、クリアに結び付けました。やっぱり自力でクリアできると嬉しいものですねhappy01
印象に残ったのは熱湯の中にある鍵をピンセットで取り出すシーン。もし実生活でそんなシーンに遭遇したら、水を入れて冷やそうとするだろうなーと、考えなくていいことを考えてしまいましたcoldsweats01

毎回「MILD ESCAPE」のゲームを記事にするたびに、「新作の公開が不定期すぎる」と書いてます。本当にその通りなので、書かずにはいられないのですsweat01
冒頭に書いたように今月は2作公開されました。そんな時もあれば、数ヶ月間公開なしの時もあります。
ある意味、そのような体制が面白い脱出ゲームを次々に生み出しているとも言えるのでは?と思ってます。

「脱出ゲーム ハッピーエスケープ(ベッドルーム)」をプレイしたい方は、↓をご覧ください。
http://www.mildescape.com/game_1.html

| | コメント (0)

2018年1月24日 (水)

辻よしなりアナウンサーの貴重なプロ野球実況

以下は2002年に発売されたプレイステーション2用ゲームソフト『実況パワフルプロ野球9』の動画です。

ご存知、コナミが発売する人気シリーズの中の1作で、当然のことながら劇中に実況が挿入されています。
実況を担当しているのは辻よしなりアナウンサー(元テレビ朝日、現在はフリー)です。辻アナといえばプロレス実況で有名ですが、野球の実況もプロレスほどの頻度ではないとはいえ、担当しているのです。上記の動画はその証明ですね。
これはゲームの中の実況ですが、実際のプロ野球の実況も行っています。例を挙げれば、1992年と93年の日本シリーズ中継(対戦カードは両年ともヤクルト対西武)を実況しています。
辻アナの場合、どうしてもプロレスのイメージが強いのですが、こうして見ていると野球の実況も違和感なくこなしているのがわかります。要は実況能力が高いということですね。
フリーになった今となっては、もはや辻アナが野球の実況をする機会はほぼないといっていいでしょう。そういう部分では、かなり貴重な動画と言えそうです。

なお、辻アナは本職(?)であるプロレスのゲームの実況も担当しています。同じくコナミが発売元であるスーパーファミコン用ゲームソフト『実況パワープロレスリング'96』(1996年発売)がそれです。
以下はそちらの動画です。


野球もいいけど、やっぱりプロレスの方がしっくりきますね。これは仕方ないですsmile

| | コメント (0)

2018年1月10日 (水)

脱出ゲーム エスケープホテル(露天風呂)

無料ネットゲームのサイト「MILD ESCAPE」にて、最新作が公開されました。
2018年に入ってからの公開はこれが最初。タイトルは「脱出ゲーム エスケープホテル(露天風呂)」。文字通り、露天風呂からの脱出を試みる内容です。

Onsen
前作の「脱出ゲーム K氏の部屋」同様、難易度は低めでした。今回もノーヒントでクリアできたからです。
幾度か攻略法に頼ろうとしましたが、その都度こらえました。結果、ノーヒントでクリアできたので、大満足ですhappy01

昨年は4作公開された「MILD ESCAPE」。今年は何作公開されるでしょうか。
最低でも昨年と同数にしてほしいなぁ。質の高い脱出ゲームを楽しみたいから。

「脱出ゲーム エスケープホテル(露天風呂)」をプレイしたい方は、↓をご覧ください。
http://www.mildescape.com/game_1.html

| | コメント (0)

2017年12月23日 (土)

ゲームミュージックの動画:『NBAオールスターチャレンジ』編

1993年にスーパーファミコン用ゲームソフトとして発売された『NBAオールスターチャレンジ』。文字通り、アメリカのプロバスケットボールリーグ・NBAを題材としたゲームソフトです。
バスケットボールといえば団体競技ですが、本作は試合形式が全て"1on1"(つまり1対1)となっていることが特徴です。1on1の試合だけでなく、フリースローやスリーポイントを競うなど多彩なゲームモードが搭載されているのも特徴でした。
ゲームの内容はもちろんですが、個人的にゲーム中に流れるBGMが秀逸だったと思っています。どうやら私と同じことを思っているゲームユーザーがいたらしく、以下のような動画が公開されていることを知りました。
その動画とは本ゲーム中に流れるBGMだけを抜粋したものです。全8曲中、3曲を紹介します。

オープニングテーマ:

フリースローモードのBGM:

トーナメントモードのBGM:


特にトーナメントモードのBGMは、シリアスさが漂っているのがいいですね。フリースローモードのBGMはタイトな感じがして、こちらもGood!です。

動画を見つけて以来、暇があるたびに再生しています。耳に心地よく響くんですよhappy01
できればCDで聴きたいけど、本ゲームのサントラは発売されてないので無理です。というか、今更サントラが出るとはまず思えないけどcoldsweats01ヒットしたゲームならともかく、それほどヒットしてませんから…。
というわけで動画で代替しています。

どうやら上記のようにゲームのBGMだけ抜粋した動画が他にも存在するようです。
またいいものが見つかったら、紹介していきます。

| | コメント (0)

2017年11月27日 (月)

脱出ゲーム K氏の部屋

無料ネットゲームのサイト「MILD ESCAPE」にて、最新作が公開されました。
今回の新作のタイトルは「脱出ゲーム K氏の部屋」。これまで「Y氏」や「N氏」の部屋からの脱出はありましたが、「K氏」は初めてです。

Kshino
難易度は低めでした。なんせ、全くノーヒントでクリアできましたから。ほぼ毎回、攻略サイトに頼らないとクリアできない自分が言うんだから間違いないですsmile
ただ、2パターンあるクリア条件の1パターンがわからなかったため、そこだけは攻略サイトに頼りました。これも自力で解ければ完璧だったのに。

この作品が公開されたのは2日前です。もう年内の新作公開はないと思います。
毎回書いてますが、「MILD ESCAPE」の新作公開は完全に不定期なのです。だいたい前作から新作公開までのスパンは3ヶ月前後でしょうか。となると、明らかに年内の新作公開がないわけです。
とりあえず次の新作公開は来年に期待することにします。

「脱出ゲーム K氏の部屋」をプレイしたい方は、↓をご覧ください。
http://www.mildescape.com/game_1.html

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

遂に観ることができた『モータル・コンバット: レガシー』

昨日、久々にディスクピア日本橋店(大阪市浪速区)を訪れました。
4Fの海外ドラマ・洋画のコーナーに足を運んだところ、一部のブルーレイのソフトが1枚1080円で売られていました。
その中に以前から興味を持っていたソフトがありました。それが『モータル・コンバット: レガシー』です。見つけた時は、「おっ。これは買っておかないと」と思い、すぐにレジに持っていきました。

『モータル・コンバット: レガシー』とは、アメリカで絶大な人気を誇る対戦型格闘ゲーム『モータル・コンバット』の実写版ウェブドラマです。計9つのエピソードがあり、それらを全て収録しています。
以前から存在を知っていましたが、この作品はDVDでは販売されておらず、ブルーレイのみだったことが購入を躊躇していた理由です。ブルーレイだとDVDより高価だし、大概のお店では「ブルーレイ2枚2980円」で販売されてるので、それで買うとなるともう1枚買わなければならないし…というのがあって、ずっと購入しておりませんでした。
しかし、ディスクピアが「1枚1080円」のキャンペーンを実施してくれたので、ようやく購入できる運びとなりました。これがなければ、まだまだ買うのは先だったでしょう。

各エピソードの内容は物語の舞台である格闘技の大会「モータル・コンバット」に、主要登場人物たちが参戦した経緯を描くというものです。
格闘ゲームが題材となっているとあって、どのエピソードにも格闘のシーンがありますが、どれも迫力に満ちています。ウェブドラマとは思えないクオリティの高さでした。特に良かったのは第一話と二話の「ジャックス・ソニアとカノウ」ですね。格闘だけでなく、銃撃戦も繰り広げられていたのがVery Good!です。
作品としての完成度は高いのですが、ブルーレイに日本語吹き替えが収録されてないのが残念。これがあれば、完璧だったのに。

なお、『モータル・コンバット: レガシー』は第二弾も制作・公開済みとのこと。現時点では日本での商品化はされていません。
『モータル・コンバット: レガシー』はウェブドラマなので、今すぐにネット上で観ることが可能です。ただ、日本語字幕がないので、観ても会話の意味がわからないでしょうcoldsweats01
ぜひとも日本でも商品化されてほしいと願います。で、今度は日本語吹き替えを収録してねと付け加えておきますsmile

| | コメント (0)

2017年11月 2日 (木)

【ゲーム】アルカノイド

懐かしのゲーム紹介ネタです。今回はこちら。

1986年にファミコン用ゲームソフトとして発売された『アルカノイド』です。いわゆるブロック崩しであり、このジャンルの先駆けとなったゲームソフトでありました。今も人気が高く、新作も発売され続けています。
上記は全ステージをクリアする動画ですが、全くミスなく鮮やかにクリアしていく様が爽快ですね。というか、凄いテクニシャンだなーと感嘆してしまいますsmile
自分もこのゲームで遊んだことがありますが、クリアには程遠い有様でしたcoldsweats01どこまで行けたのかなー。おそらく5ステージぐらいまででしょう。とても36ステージ目まで行けなかったです。

ただ、これは間違いなく"はまる"ゲームですね。熱中したゲーマーも数多いことでしょう。
スマホ向けとして移殖されてるそうなので、一度探してみようと思います。

| | コメント (0)

2017年10月19日 (木)

『タッグチームプロレスリング』のCM

定番のCMネタです。今回は懐かしのテレビゲームのCMを取り上げます。

1986年に発売されたファミコン用ゲームソフト『タッグチームプロレスリング』のCMです。
ゲームに熱中している少女と実際のゲーム動画が交互に流れ、そこに小林清志(と、思われる)によるナレーションが挿入されるという構図になっています。
『タッグチーム~』といえばプロレスゲーム草創期を代表するゲームソフトとして知られていますが、まさかCMがあったとは思いませんでした。CMが制作されるということは、開発者側としてはかなり力を入れていたということでしょうね。
現時点で復刻版は出てないものの、ファミコンにおけるプロレスゲームの名作として今も語り継がれる存在となっています。

色々調べてみると、昔遊んだことのあるテレビゲームのCMが数多く放送されていたことを知りました。今後も発掘次第、紹介していきます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧