スポーツ

2017年9月 9日 (土)

ジャンボ鶴田伝説

今年11月22日に発売されるDVD-BOX『ジャンボ鶴田伝説』。全日本プロレスのエースとしてプロレス界に多大な功績を遺したジャンボ鶴田の軌跡を収めたDVD-BOXです。
これまでにも鶴田の試合は三沢光晴や天龍源一郎のDVD-BOXに収められていますが、鶴田自身を特集したDVDは初のリリースとなります。というか、なぜ今まで発売されていなかったのか?という感じですがcoldsweats01
全6枚のDVDに収められた試合の数は合計24にも及びます。収録されている試合は師匠・ジャイアント馬場との貴重な師弟対決や三沢、天龍、長州力ら大物日本人レスラーとのシングルマッチ、スタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディら強豪外国人との対決、いずれも名勝負ばかりとなっています。

私がプロレスを観始めた頃(1991年ぐらい)の試合も収められています。当時の鶴田は三沢ら超世代軍と激闘を繰り広げていました。中でも三沢とのシングルマッチは、天龍離脱後の全日本のドル箱カードだったと言えるでしょう。

ぜひ買って観たいところですが、定価19440円と高価なのがネック。ただ、他のプロレスのDVD-BOXと比べれば、まだ良心的な価格です。アマゾンのギフト券を利用すれば、もっと安く買えるはずです。
これを年末年始に観るDVDにしようかなーと思っています。

| | コメント (0)

2017年8月19日 (土)

2017年二度目のプロ野球観戦:オリックス対ロッテ

S_img_1159
今日は京セラドーム大阪で行われたプロ野球、オリックス・バファローズ対千葉ロッテマリーンズ戦を観てきました。
プロ野球観戦は今年2度目。前回同様、「大阪市交通局PiTaPa優待観戦デー」を利用しての観戦でした。
今朝の時点でオリックス4位、ロッテ最下位と完全に優勝争いから脱落しているためか、座席に余裕がありましたので、当日券販売開始と同時に購入することができました。

↓一回裏オリックス攻撃時の場面。打者はT-岡田、投手は涌井秀章です。

S_img_1161
↓5回表ロッテ攻撃時に暴投で1点を取られるアクシデントがありました。その直後の写真です。

S_img_1162
↓毎回、7回裏オリックスの攻撃直前に行われるラッキーセブンの様子。今日も沢山のロケット風船が飛び交いました。

S_img_1165
結果は7-3でオリックスの勝利となりました。
5回表に2点を先制されたものの、その裏で逆転。直後の6回表に同点に追いつかれましたが、再び引き離し、そのまま勝利をつかみました。
私が観戦する時は大概ホームチームの敗退となっていたので、貴重な機会と言えそうですcoldsweats01

今回は観戦に夢中になっていたため、写真は上記の4枚しかありません。
よって、詳しい試合経過はこちらをご覧ください。

今年の野球観戦は、おそらくこれで終わりでしょう。
もちろんまた観に行きたいので、来年も機会を見つけて観に行くつもりです。
やはり生で観る野球は面白いですからhappy01

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

日本記録達成できず…でも十分に評価できる記録

非常に残念なニュースです。

WBCバンタム級 山中慎介、防衛失敗…日本記録に並ぶ13連続防衛果たせず

http://www.sankei.com/west/news/170815/wst1708150077-n1.html

4回TKO負けということで、申し訳ないですが「完敗」だったわけですね。試合後の悔し涙が印象的でした。
山中は先日放送された『行列の出来る法律相談所』(日本テレビ系)にゲスト出演。今回の試合の意気込みを語った他、現在の日本記録保持者である具志堅用高からエールを送られていました。
結果的にそれが実らなかったということになりますが、日本記録を逃したとはいえ、12回も防衛を果たしたのは十分評価できるでしょう。ボクシングはいくら一方が優位に試合を進めていても、たった一発のパンチで試合が決することがいくらでもありえる格闘技です。そんな格闘技でタイトル戦を12回も勝ち続けられたわけですから。

負けたのは残念ですが、本当にお疲れ様でした!と声を掛けたいです。

| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

甲子園初勝利はならず…

つい先ほど行われた、全国高校野球大会一回戦・仙台育英(宮城)対滝川西(北北海道)の試合は、15-3で仙台育英の勝利となりました。
これで母校・滝西の甲子園初勝利はまたもお預けとなりました。振り返ると、実力の差を見せ付けられた試合であったと言えます。
初回からいきなり2点本塁打を打たれたのを皮切りにほぼめった打ち状態。9回中、相手方に点数を取られなかったのが2回のみ。結果、15-3という大差をつけられました。
このまま完封負けか?と思いましたが、7回に3点を取ることができました。滝西なりに意地を見せたと言えるでしょうね。

https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1871004.html

↑の総評にあったように、滝西は攻守共にミスが目立ちました。
思えば、私が20年前に地元の球場に応援に行った試合でもミスが目立ちました。まずはここを正さないといけないんじゃないでしょうか。
甲子園大会に出られただけでも大したものですが、どうせ出るのなら上を目指さないといけません。更なるレベル向上を期待します。

滝西の監督・選手はもちろんですが、彼らに関わった人たちに心から拍手を贈ります。地元に希望を与えてくれましたからhappy01

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

母校が19年ぶりに甲子園大会出場、選手宣誓も

今日から始まった夏の高校野球甲子園大会。
例年なら興味の対象外ですが、今年だけ違います。なぜなら自分の母校が19年ぶりに出場するからです。
その母校は滝川西高等学校(北海道滝川市)。19年前の出場時はちょうど在学中でした。当時はかなり盛り上がったと記憶してますが、肝心の順位は全く覚えてませんcoldsweats01
甲子園大会出場だけでなく、選手宣誓も母校が行ったので、OBとしては誇りに思いますねー。

選手宣誓を報じる新聞記事↓
http://www.asahi.com/articles/ASK8661V7K86IIPE01S.html

正直、在学中は誇りになんて全く思いませんでした。「蒸し暑い中、地元の球場に応援に行かされていい迷惑だよ」とか、「何で甲子園に出たことぐらいで大騒ぎするの?」などと思っていたぐらいです。
誇りに思えるようになったのは、歳を重ねたことによる心境の変化と言えるかな?在学中は嫌なことが沢山あった反面、いい思い出も沢山あったから。また、今の職業の基礎を学べたわけだし。
こういう変化の積み重ねから、母校への愛情が沸いてきたと言えます。

気になる滝西の試合は12日の午前9時半より開始します。テレビでしっかりと母校の勇姿を見届けさせていただきます!

| | コメント (0)

2017年5月13日 (土)

まだしゃしゃり出てくるクソジジイ

3日続けてニュースに関する記事ですが、今回はプロ野球に関係するニュースです。

FA3選手機能不全にナベツネ激怒 巨人に「鹿取GM」急浮上
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/205238

激怒の理由はともかくとして、「まだ出てくるか?このクソジジイが」と言葉は悪いですが、そう思いました。
ナベツネは御年90歳、元気なのはいいけれど、もういい加減プロ野球から離れてほしいです。どうせ野球のことは何もわからないだろうし、そもそも巨人に愛着があるのかすら怪しい。
所詮、金儲けの道具ぐらいにしか思ってないでしょう。

これまでにも数多くの暴言を吐き続けてきているナベツネですが、特に有名なのが2000年のシーズン中に言い放った「清原(和博)が2軍に落ちたことで(巨人の)勝利の要因が増えた」です。確かにそういう部分があったかもしれませんが、それを公の場で言っていいものでしょうか。
そのくせ、翌01年に清原が活躍すると、手のひらを返して賞賛していました。更に翌02年のオフ、松井秀喜がFAで大リーグに移籍し、4番が不在となった時は、「次の4番は清原君だ」と公言しました。これを聞いて「お前は監督か?」と思ったファン、関係者は沢山いると思います。
本当に自己中、自分勝手な発言ばかりしているんですよねー、このクソジジイ。

まぁ、ナベツネに限らず、プロ野球チームのオーナーは曲者が多い気がします。
何回もチームを優勝に導いている監督を全く評価しなかったオーナー(その理由は「勝っても金が儲からないから」)、いざとなればポケットマネーを出して外国人選手を獲得すると言いながら結局それをしなかったオーナー、長年のチームの低迷をずっと現場のせいにし続けたオーナーなど、結構実例は多いですから。
で、この手のオーナーは大概長生きしてます。「憎まれっ子世にはばかる」ということわざがありますが、その通りなんですよね。理不尽だけれど…。

もちろん長生きしている人がすべて憎まれっ子というわけではありませんので、誤解なさらぬようお願い致します!

| | コメント (0)

2017年5月 6日 (土)

2017年最初のプロ野球観戦:オリックス対日本ハム

S_img_1063
今日は京セラドーム大阪で行われたプロ野球、オリックス・バファローズ対北海道日本ハムファイターズ戦を観てきました。
先日、当ブログに書いた「大阪市交通局PiTaPa優待観戦デー」を利用しての観戦でした。おかげで内野指定席が3700円→2200円となりました。このキャンペーンでなければ、まず観に行きませんからsmile
何より地元の日本ハムの試合を観れるというのが嬉しかったですね。オリックスには申し訳ありませんがcoldsweats01

この試合は「KANSAI CLASSIC」というイベントの一環となっており、オリックスの監督・コーチ・選手たちが前身の球団のユニフォームを着用しております。今日、オリックスの選手たちが着たのは阪急ブレーブスのユニフォームでした。
試合前にはOBの福本豊氏によるセレモニーも行われました。

S_img_1065
午後1時プレイボール。1回表日本ハムの攻撃では、1番の西川遥輝が早くも出塁しましたが、この回は無得点に終わりました。

S_img_1068
1回から4番・中田翔の打席を見ることができました。今日は1本ヒットを打ってますが、打点にはならず。

S_img_1069
オリックスの4番・T-岡田の打席。この後、得点につながるヒットを放ちます。

S_img_1071_2
試合は序盤こそオリックス優位であったものの、徐々に日本ハムが盛り返していきました。
3回に逆転、5回に再逆転、そして8回にダメ押しの2点獲得。これが勝利を決定づけたと言えるでしょう。

最後は増井浩俊がビシッと抑えました。

S_img_1074
地元の日本ハムが勝利という、最高の結果に終わった今回の観戦。また年内に観に行きたいです。

| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

今年もやってました:「大阪市交通局PiTaPa優待観戦デー」

先日、大阪市営地下鉄に乗車した際、車内広告にて今年も「大阪市交通局PiTaPa優待観戦デー」が開催されていることを知りました。
「PiTaPa優待観戦デー」とは、京セラドーム大阪で行われるプロ野球、オリックス・バファローズの試合のチケットをOsaka PiTaPaカードで購入すれば、通常料金より安く購入できるというキャンペーンで、ほぼ毎年開催されています。いつもこのキャンペーンを利用して、プロ野球観戦をしています。
今年もやるのかなーと思っていた矢先、車内広告を発見しました。「よーし、これでゴールデンウィーク中の行事が一つ決まったぞー」と思いました。5月6日もしくは7日の北海道日本ハムファイターズ戦を観に行くつもりです。もしその2日がダメなら、その次の週(13日か14日)の埼玉西武ライオンズ戦にします。

やはりスポーツは生で観るのが一番ですね。仮にチケット売り切れなどで試合が観れなくても、すぐそばにあるイオンモールやスーパービバホーム(ホームセンター)に行けるし。
せっかくなので、この時にイオンモール内のジーユーに行って、例のコカ・コーラのシャツを買ってこようと思っています。

「大阪市交通局PiTaPa優待観戦デー」の詳細は↓をご覧ください。
http://www.buffaloes.co.jp/news/detail/00000114.html

| | コメント (0)

2017年4月 4日 (火)

シーズン開幕早々、大規模な乱闘騒ぎ発生

本日、京セラドームで行われたプロ野球、阪神対ヤクルト戦で乱闘騒ぎが発生しました。

詳細:
http://www.nikkansports.com/baseball/news/1802573.html

プロ野球における乱闘騒ぎの大半は死球が発端であることですが、今回の事例も同じです。阪神・藤浪晋太郎の投球がヤクルト・畠山和洋の頭部付近を直撃したことが原因でした。
畠山が藤浪に詰め寄ったのを皮切りに両チームが入り乱れました。この中で特に大暴れだったのがヤクルト・バレンティンと阪神・矢野燿大コーチ。完全につかみ合いとなっていました。バレンティン・矢野コーチ双方が退場処分、これにて一件落着(?)となりました。
結果は1-3でヤクルトの勝利。阪神にとって、とても苦い敗戦となったと思います。

プロ野球は先週開幕したばかりです。開幕早々に大規模な乱闘が発生したため、驚きを隠せませんねー。
それよりもまた阪神が負けたかーという思いです。この結果は阪神の公式Twitterで知りました。以前も書きましたが、自分が阪神のTwitterを見た時は大概敗戦です。勝利だった記憶がないんですcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

お得に買えるWRCの過去シーズンDVD その2

以下、先月に年末年始中に観るために購入した2枚のDVDです。


ご覧の通り、世界ラリー選手権(WRC)のDVDですが、この2枚は定価より大幅に安くなっています。ま、安いから買ったんですけどcoldsweats01

2枚とも今から10年以上前のシーズンですが、全然古臭さはなく、楽しく鑑賞できました。この2枚のおかげで、再びWRCへの情熱が甦りつつありますので、他にも安く買えるWRCのDVDはないかと探したところ、以下のDVDが見つかりました。


やはりこちらも10年以上前のシーズンですが、この時期はまだ日本の自動車メーカーが参戦していた頃で、それらの勇姿を観るにうってつけなんですよね。特にスバル・インプレッサの車体を観ると、感動すら覚えますhappy01

特に2003年は、そのスバルから参戦していたペター・ソルベルグがドライバーズ・チャンピオンになったシーズンで、彼の姿が一層輝いていたはずです。もっとも、これ以降のシーズンはペターにとって不遇になってしまうのですが…。

また近いうちに購入したいなー。DVDが生産中止になる前に…。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧