ニュース

2018年7月20日 (金)

旧態依然の学校がまだまだ多い

連日の猛暑で、各メディアでは「熱中症予防のためにこまめに水分補給を」と呼びかけられています。
それとほぼ同じぐらい、熱中症による救急搬送のニュースが盛んに報じられています。大半が小学校や中学校といった学校で起きています。
起きる原因のほとんどが炎天下の中で体育の授業をした、学校が水分補給を許可しなかったなどであり、「なんでこれだけ熱中症予防!水分補給!と言われてるのに、熱中症になるのか?」と不思議に思ってました。
どうやら学校で熱中症が起きるのは、まだまだ旧態依然の考えを持った学校が多いからみたいですね。
以下の記事にそう書いてあります。

水筒もエアコンもプール授業の上着も禁止、外遊び強要…熱中症軽視する小学校の過酷な夏ルール

https://www.businessinsider.jp/post-171607

学校における熱中症被害、なぜ続く? 「子どもに我慢を強要する”根性論”がまだ残っている」
https://news.careerconnection.jp/?p=56890

こういう学校は、実際に熱中症となった教員や生徒がいても考えを変えなさそうと思いました。「熱中症となったのは根性が足りないからだ」と決め付けそうだなぁ。
今の猛暑はもう根性で何とかなるレベルではありません。まだ根性で何とかなる!と思ってる教員がいたら、それは殺人者レベルの思考だと言っていいでしょう。

つい最近、熱中症で亡くなった生徒がいたと報じられました。ご両親はさぞかし無念の思いでしょう。
このような事例が今後なくなればいいのにと切実に願います。

| | コメント (0)

2018年7月17日 (火)

獄門鬼が逝く

また昭和の名プロレスラーが逝ってしまいました。

マサ斎藤さん死去、支えだった東京五輪の願い届かず
https://www.nikkansports.com/battle/news/201807170000181.html

強面とヒールなファイトスタイルから"獄門鬼"とも呼ばれたマサさん。巌流島決戦を始めとするアントニオ猪木との抗争や長州力との名コンビによるタッグマッチなど、多くのプロレスファンを唸らせました。また、ビッグバン・ベイダーやスコット・ノートンら外国人レスラーを発掘し、彼らを新日本プロレスのリングでスターにした功績も大きいです。
ヒールレスラーとして知られる一方、解説者を務めた際に見せた天然ボケっぷりもプロレスファンに愛されました。例を挙げると、アナウンサーの「受身の取れないバックドロップ!」の実況に、「いや、取ってます」と返したり、非公開である覆面レスラーの本名を連呼したりなどエピソードが沢山あります。これらのエピソードを、あるプロレスファンが自身のサイトに「マサ斎藤珍言集」として載せていたこともありましたね。

個人的に印象に残っている試合は、1988年の「長州軍対藤波軍5対5イリミネーションマッチ」です。この試合は3カウントフォール、ギブアップ、リングアウトのいずれかになると、退場しなければならないルールであり、最後に残ったのが藤波辰爾(藤波軍)とマサさん(長州軍)でした。藤波の鉄柱攻撃にて大流血に追い込まれ、もはや長州軍の負けが確実視されていた中、執念で藤波をリング下に突き落とし、大逆転勝利をもたらしたのです。
この試合はテレビ放送され、後にビデオソフトとして商品化もされていますが、おそらくDVDには収録されていないでしょう。マサさんが亡くなった今、ぜひともこの試合をDVDで観られるようにしてほしいですね。

長年にわたり、活躍されていただけに、多方面から哀悼の声が寄せられています。
マサさんの最後の所属事務所の創立者で、マサさんの愛弟子であった佐々木健介はまだコメントを発していませんが、今後なんらかのコメントを発するでしょう。
また、コンビを組んだ長州力からもコメントがあるでしょうか。長州とは晩年は関係が断絶されていたようなので、むしろ長州からのコメントの方が興味深いかもしれません。

ご冥福をお祈りします。合掌

| | コメント (0)

2018年7月 2日 (月)

追悼・桂歌丸師匠

訃報が届きました。

桂歌丸さんが死去、81歳 「笑点」で頭角、2006年から司会務める

http://www.zakzak.co.jp/ent/news/180702/ent1807027406-n1.html

「遂に逝ってしまったか…」と思いました。
ここ数年、「病気で高座を休演」と繰り返し報道されていました。いつかはこの日が来るかもと思ってましたが、いざ本当にその日が来ると、とても悲しいです。
日曜日の夕方はこの方のおかげで沢山沢山笑わせてもらいましたので…。

おそらく次の『笑点』は追悼番組となるでしょう。とても30分では追悼しきれないと思います。
『笑点』の放送局である日本テレビにぜひ2時間の追悼特番を放送してほしいです(7/8追記:7/12に2時間特番放送決定)。なお、テレビ朝日の『徹子の部屋』では、すでに追悼特集を放送することが決定しています。
NHKも追悼番組を放送しそう。『日本の話芸』など、落語の映像がいっぱい残ってるでしょうから。

心からご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

拉致問題に関する世論調査に厳しい結果が…

毎日新聞が北朝鮮の拉致問題に関する世論調査を実施したところ、非常に厳しい結果となりました。

毎日世論調査 拉致解決期待できず66%
https://mainichi.jp/articles/20180625/k00/00m/010/029000c

確かに今後日朝首脳会談が行われたとしても、解決するのは難しいでしょうね。北朝鮮はずっと「解決済み」と主張しています。つい最近も同じ主張をしたばかりだし、これから主張を覆すとは思えないし…。
このような経緯から、多くの人々は「解決は期待できない」との答えを出したのでしょう。

解決済みと主張するなら、北朝鮮はきちんとした証拠を示すべきでしょう。拉致被害者の多くは「すでに死亡」と北朝鮮は報告してますが、死因が曖昧であることや、遺体が存在しないことなど不自然な点が多いため、日本政府および拉致被害者の家族は納得していないのです。
なんせ亡くなったとされる拉致被害者のほとんどが「遺体は洪水で流出してしまった」と説明されています。自然災害があったとはいえ、「全部の遺体がそんな都合よく流出するのか?」と疑問に思うのは当然のことでしょう。

この世論調査の結果と、実際の日本政府が出した結果が合致しなければいいと願っています。世論の予想を覆す、とてもいい結果が出れば、世論も政府を見直すでしょう。
多くの方がご存知のように拉致被害者の家族はみな高齢化してきています。残念ながら亡くなってしまった方もおられます。
もう時間の余裕はありません。何とか年内にいい結果が出てくれれば…と思っています。

| | コメント (0)

2018年6月12日 (火)

拉致問題が前進なるか?米朝首脳会談

今日のニュースはほぼ米朝首脳会談一色です。世界的に注目を集めている中、日本では拉致問題への前進が期待されています。
公言通り、米国側が北朝鮮側に拉致問題について提起してくれました。

トランプ大統領「拉致問題、提起した」
https://mainichi.jp/articles/20180613/k00/00m/030/029000c

この提起で問題が完全に解決するわけでありませんが、少なくとも北朝鮮側に問題を意識させるきっかけになるはずです。ただ、北朝鮮側はかねてから「すでに拉致問題は解決している」との姿勢ですから、それが覆るかは未知数です。
最終的には当事国の日本が何とかしないといけません。そもそも他国に頼る時点でアウトですからね。あくまでも米国には提起をしてもらうだけであって、解決してもらうわけではありませんから。

お次はぜひとも16年ぶりの日朝首脳会談を!と思いますが、こちらは米朝首脳会談より実現が難しそうです。少なくとも今の北朝鮮を見る限りは…。

| | コメント (0)

2018年5月29日 (火)

自分が住んでいたところも建築基準法違反だったかも?

こんなニュースを発見しました。

レオパレス、アパート38棟で建築基準法違反の疑い
https://www.asahi.com/articles/ASL5Y5TCNL5YULFA02M.html

特定の期間に建てられたレオパレスにて、建築基準法を違反している疑いの物件があるとのニュースです。かつてレオパレスに住んでいたために興味深く読ませてもらいました。
最初の会社に在籍していた4年間で4棟のレオパレスに住みましたので、もしかしたら自分が住んでたところも違反していたかも?と思いましたね。
もうレオパレスに住んでませんから、今となってはどうでもいいんだけど、「やっぱりレオパレスは問題のある会社だ」と思っちゃいますね。住んでいた間にイヤな目に合わされたからでしょうcoldsweats01
まぁ、レオパレスというより当時の会社がそもそもの原因ですけどね。入社したらほぼ強制的にレオパレスに住まわされるので。

今もあの会社はレオパレスと深い関係のはずです。上層部はこちらのニュースをどんな思いで見ているでしょうか。
「俺はレオパレスに住んでないから関係ないや」とか思ってたら最悪ですね。そう思いそうな上層部が複数いますから、あの会社は…。

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

女子レスラー逮捕

昨日に各スポーツ紙で報じられた、女子プロレスラー・浜田文子の逮捕騒動。プロレス界に衝撃が走りました。

2世女子レスラー浜田文子逮捕…覚醒剤使用「自宅で吸った」

https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/05/16/kiji/20180516s00003000067000c.html?feature=related

2世と書かれているように、彼女は往年の名レスラー・グラン浜田の娘です。
大きく報じられている割に父親のコメントがないなーと思っていたのですが、1紙だけ談話を載せているところがありました。

父・グラン浜田は困惑…女子レスラー浜田文子 覚せい剤使用容疑で逮捕

https://www.daily.co.jp/ring/2018/05/17/0011263078.shtml

談話と言っても「何にも聞いてない」の一言だけ。おそらくその通りなのでしょうが、マスコミとしてはもっと詳しく話してほしいところでしょう。
今後きちんとしたコメントを発表すると思われます。

女子レスラーが覚せい剤で逮捕されるのは、少なくとも自分の中ではこれまでに聞いたことがなかったです。覚せい剤に手を染めたのは何かしらプレッシャーがあったのでしょうか。
どんな理由があるにしても、覚せい剤を使うのは違法です。リングに復帰する気があるのかは不明ですが、もし復帰したいのであれば今はただ猛省するしかないでしょうね。
なお、所属団体はすでに契約を解除しているので、その団体で復帰することはまず無理だろうと思われます。

久々にプロレス関係で気になるニュースを見つけました。しばらくスポーツ紙の格闘技の欄の確認が欠かせなくなりそう…。

| | コメント (0)

2018年5月16日 (水)

やはり中止?米朝首脳会談

来月に行われる米朝首脳会談ですが、北朝鮮側を中止を示唆したと報じられています。

北朝鮮 米朝会談の「再考」示唆 訓練に反発
https://mainichi.jp/articles/20180517/k00/00m/030/145000c

何となく中止を示唆しそうだなという予感はありました。すんなり会談を受け入れるとは到底思えなかったし。
思惑があるにせよ、これで会談が中止となったら北朝鮮の立場がより一層ひどくなることは確実です。果たして、そのことに気づいてるんでしょうか。それでも自分たちが優位に立つことを最優先するんでしょうか。

やっぱり理解に苦しむ国ですね、北朝鮮は。「つべこべ言わずに会談しろよ!」と思っている人は数多いことでしょうし、北朝鮮の国民もそう思ってるのではないでしょうか。
とにかく無事会談が実現することを祈ります。

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

misono台湾進出に冷ややかな声続出

歌手・misonoが活動の拠点を台湾にすると発表しました。そのことに世間から冷ややかな声が続出しています。

misonoの“台湾進出発表”にも、世間は冷ややか目線……「狼少年」状態のワケとは
http://www.cyzo.com/2018/05/post_161205_entry.html

misono 台湾進出に賛否両論「一貫性がない」との指摘も
https://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/34350

上記2つ共に、misonoの"前科"を細かく報じています。
「芸能界を引退すると発表しておいて、すぐに撤回する」、「過去に交際していた芸能人を実名告白する」、「"一人でも多くの人に祝ってもらいたい"と7回も挙式する(にも関わらず未だ入籍していない)」などなど。
それだけに今回の台湾進出発表も「本当に台湾で活動するのか?」と疑問の声が投げかけられています。中には「もう離婚決定的だな」とか、「第二の泰葉か?」といったような声も。
私も「misonoは第二の泰葉」だと思いました。これだけ話題を振りまいているんだから。

misonoはそのキャラクター性を活かして、一時期はバラエティ番組によく出ておりましたが、それもすっかり過去の話となりました。
かといって本業の歌手も今一つ。というより、今はCDが出せない状況です。なんせ、4年前に発売したアルバムの売上げ枚数が一万枚を超えなければ、次のCDが出せないわけですからね。

果たして台湾でどれだけ活動できるのかはかなり疑問ですが、どうせ行くのなら世間の冷ややかな声を一蹴させられるぐらいの活躍をしてほしいものですね。

| | コメント (0)

2018年4月24日 (火)

鉄人が逝く

またも球界のスターの訃報が届きました。

「鉄人」衣笠祥雄氏が死去、71歳 2215試合連続出場 国民栄誉賞も受賞
http://www.zakzak.co.jp/spo/news/180424/spo1804240011-n1.html

山本浩二と並ぶ広島東洋カープのスター選手だった衣笠さん。広島黄金期を支えたのは言うまでもありません。
突然の訃報に球界はもちろん、多方面から追悼のコメントが寄せられています。広島の放送局では急遽追悼特番が放送されたそうです。もしかしたら全国ネットで放送される追悼番組もあるかもしれません。
今月19日まで野球解説の仕事をされていたとのことですが、明らかに体調を崩している様が見受けられていました。視聴者が気づくぐらいの体調不良であるにも関わらず、最後まで解説をこなしました。このエピソードもまた"鉄人"と呼ばれる所以になりそうですね。

今年1月に元中日の選手で、中日・阪神・楽天で監督を務めた星野仙一さんが亡くなっています(享年70歳)。相次ぐ球界のスターの訃報に、残念としか言いようがありません。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧