心と体

2017年7月20日 (木)

スポーツドリンクの支給が有難い時季

連日、ニュースで「猛暑」と報道されるこの時季。
この言葉とほぼ同時に出るのが「水分補給をこまめに」です。
私の今の職場ではその一環として、スポーツドリンクが支給されています。支給されるスポーツドリンクはいくつか種類があるようですが、私の職場では「ポカリスエットイオンウォーター」(大塚製薬と「H2O」(アサヒ飲料)の2種類が支給されています。
ここ3週間ほど、ほぼ毎日外に出て仕事をしているため、外からオフィスに帰ってきた時はこれらを飲むのが日課となっています。汗びっしょりの中、喉に心地よく落ちていくスポーツドリンクの味わいはたまらないですねhappy01

私は家でもスポーツドリンクを飲んでいますが、トップバリュ(イオンのプライベートブランド)かアクエリアス(コカ・コーラ)がほとんどです。よって、イオンウォーターやH2Oを家で飲むことはありません。特にイオンウォーターは、他のスポーツドリンクより価格が若干高めなので、尚更飲むことがないんですよねcoldsweats01
そのイオンウォーターが職場で支給されてるわけですから、必然的にそちらを優先的に飲んでいます。普段飲めないものが飲めるいい機会なのでsmile
ただ、今週から外に出る機会が減少になるので、スポーツドリンクを飲むことが少なくなりそうですsweat02

これも外に出ることがある職場だからこその配慮でしょう。ずっとオフィスに閉じこもってる職場なら、まず支給はないんじゃないかな?

この厚意は有難く受け取っておきますhappy01

| | コメント (0)

2017年7月 4日 (火)

健診結果・2017年度

先月に受けた健康診断の結果が今日届きました。
結果は昨年同様「異常なし」。正確に言えば、1項目だけ基準値を上回っていたものがありましたが、再検査をするほどのものではなかったです。というか、わずか0.1%だけ上回っていたに過ぎませんがcoldsweats01

毎回受診して結果が届くまでに、「何か異常があったらどうしよう」とビクビクしています。
それだけでなく、「異常があった場合、再検査はどこで受けようか?」、「再検査で病気が見つかったら、医療保険はどう請求しようか?」なども考えてしまうほどです。どれだけ臆病なんだかsweat01

結果はよかったけど、受診した病院のバリウム検査の技師が気に食わなかったです。
指示がわかりづらく、イライラしました。また技師の風貌が過去に因縁のあった人物に似ていたこともイライラに拍車をかけたといえます。まぁ、これは完全に個人的な恨みですがbleah

そういうわけで来年は別の病院に変えようと思います。
今の会社は受診機関を複数の病院から選べるので、次回はもう少し家に近いところにします。

| | コメント (0)

2017年6月27日 (火)

ヘッドホンで聴くと、より効果的なASMR

昨年から観る機会が増えているASMR動画。
ASMRとは視覚、聴覚を刺激し、脳に心地よい感覚を与えてくれることを指します(残念ながら正式な日本語訳がないため、このように表現しています)。

見るだけでも効果があるASMR動画ですが、ヘッドホンを装着すると、より効果的であると言われています。
これまでずっとヘッドホンなしで、パソコンやスマートフォンのスピーカーから流れる音声を聴いていたのですが、以下の動画を見るにあたり、初めてヘッドホンを使いました。


確かにヘッドホンで聴くと、効果が倍増したように感じました。というか、上記の動画はヘッドホンなしでは、音声がほとんど聞こえませんけどねcoldsweats01
出演しているのは日本におけるASMR動画制作の第一人者である弓熟ユキノ。これまでに見たASMRは数多くありますが、弓熟が制作した動画が一番効果的でしたね。

徐々に浸透しているとはいえ、まだまだ日本におけるASMRの知名度は低いです。
ASMRで癒される人が増えていってほしいと密かに願っている今日この頃です。

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

3ヶ月ぶりの歯科定期検診

昨日の話になりますが、かかりつけの歯科医に赴きました。3ヶ月ぶりの定期検診のためです。
予約していた時間より5分前に到着しました。予約時間ちょうどにすぐに呼ばれました。
早速診てもらった結果、歯茎の色が正常に戻りつつあるとのお墨付きをいただきました。毎日の糸ようじでの歯垢除去の効果が出ている証拠でした。
ただ、残念なことに虫歯が2本見つかりました。これがなければ完璧だったのですがsweat02
幸いに初期のものとのことで、治療は短期間で済むそうです。それだけが救いですね。
というわけで、次の日曜日にまた同じ時間帯で予約しました。

今のかかりつけ歯科医に行くようになって、今月でちょうど1年が経過したことになります。
大概歯科医に行くタイミングは歯が痛くなってからでしょうが、私の場合は口内炎の治療のためでした。二週間近く経っても、口内炎が治らなかったので不安になって行ってきたのです。
不思議なことに診察の予約を取った直後に治り始め、診察当日にはほぼ完治しておりました。そのため、全く治療はせずじまいでした。
その時の診察は予約した時間から約30分後に始まりました。そのため、医師もスタッフも「遅くなって申し訳ありません」と何度もこちらに謝罪されました。この対応に好感を持ったので、以後歯科医のかかりつけをそこの医院にしたのでした。

よほどのことがない限りは、当分そこの歯科医に通い続けることになるはずです。これからもよろしくお願い致します!

| | コメント (0)

2017年4月 2日 (日)

急遽、受診した地元の整形外科

全く公表してませんでしたが、実は3月29日から今日まで帰省しておりました。
別に後ろめたいからとかそんな理由ではなく、たまたま公表してなかっただけでございます(昨日の記事にちらっと書いてますが…)。
帰省した理由は昨年に父親が亡くなったために、実家が母一人だけとなりましたので、親孝行をしにです。といっても、特に何もしてないんですけどねcoldsweats01
自分の帰省に合わせて、姉一家も帰省してくれました。また一段と成長した甥っ子の姿を見れたのが一番嬉しかった出来事ですね。

さて、今回の帰省で一つアクシデントがありました。急遽、地元の整形外科を受診したことです。受診した理由は腰痛治療のためでした。
実は帰省初日から腰が痛かったのです。まだこの頃は、ちょっと痛いなーと思う程度でしたが、時間が経つにつれ、痛みがどんどん増していきました。2日目の夜は布団に入るのも一苦労するぐらい痛かったのです。
そして3日目に入り、ズボンを履くのも苦労するぐらい痛みが増し、もうこの痛みに耐え切れない!というところまで来たので、地元の整形外科を受診しました。
結果、軽い腰痛症と診断され、痛みを抑える注射を一本打ちました。それに加えて、経口薬とコルセットももらいました。まだまだ薬は残っておりますが、もう痛みはだいぶ消えております。ああ、病院に行って良かったと思ったのは言うまでもありません。

しかし、まさか地元の病院に行くはめになるとは…。
本当は大阪に戻った後にかかりつけの整形外科に行くつもりでしたが、とても我慢できる状態ではなくなりましたし、何よりこのままでは仕事ができないと思ったから、受診しました。
行って正解だったのは間違いないでしょうhappy01

あ、ちなみに腰痛になった原因は色々ありますが、一番の原因は姿勢の悪さです。これも間違いないと思いますcoldsweats01

| | コメント (2)

2017年3月21日 (火)

少し時期外れのインフルエンザ検査

ちょうど一週間前、38度の熱を出してしまいました。
前日の夜から身体のだるさを覚えており、布団の中でも悪寒に震えておりました。何とか出勤はできたものの、悪寒と関節痛と息苦しさで仕事がはかどらない状態でした。
退社後、すぐにかかりつけの内科に行きました。すでに3月の半ばですが、もしかしたらちょっと時期外れのインフルエンザ感染の可能性がありますので、念のため検査を行いました。
結果は「陰性」。単なる風邪であったことがわかり、ほっとしました。風邪薬をもらい、帰宅しました。
薬を服用した結果、翌朝には熱が下がっていました。おかげで休むことはありませんでした。

風邪による発熱は3年ぶりでしょうか。ほぼ状況は一緒でしたね。前日から発熱→勤務中は風邪の症状にひたすら耐える→退社後、即座に病院に直行→処方してもらった薬を服用→翌朝には体調が戻る、という流れでした。

かかりつけの内科といっても、風邪の症状を診てもらったのは初めてでした。それまでは全て胃腸の症状で受診してました。
今後もその病院で診てもらいます!せっかくかかりつけにしたんだからhappy01

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

糸ようじの効果

今日、かかりつけの歯科に定期検診に行ってきました。
文字通り、歯や歯茎の状態を診てもらうのですが、それ以外に歯のクリーニングも実施してもらいます。
前回(昨年12月)の検診時、クリーニングの最中に歯茎から出血が見られました。結果、医師から「糸ようじを毎日使って、歯垢を取った方がよい」と勧められました。
その言葉通り、すぐに糸ようじを買って毎日歯垢を取っておりました。最初は検診時と同じように歯茎から出血が見られましたが、徐々にそれが見られなくなったのです。
そして、今日の検診で医師に診てもらった結果、「確かに前回より血が出なくなっている。歯茎も引き締まってる」とのお墨付きをもらいました。おかげで次回の検診は3か月後になりました。
もし医師の言うことを無視していたら、今日のクリーニングの時も歯茎から出血していたでしょう。更には来月も検診のために歯科医に足を運ぶことになっただろうなぁ。

それにしても、糸ようじがこれだけの効果を発揮するとは思いませんでした。何故今までやらなかったのだろう?という思いです。
今後も毎日糸ようじを使い続けます!

ちなみに愛用している糸ようじは、小林製薬の「細いなめらか4本糸」です。最初は同じ小林製薬の「しっかり取れる6本糸」を使ってましたが、歯の隙間に入りづらいため、4本糸に変えました。結果的に入りやすくなったので、変えたのは正解でしたね。
まだ、糸ようじを使ったことがない方にお勧めするとしたら、間違いなくこれですね。

| | コメント (0)

2017年1月17日 (火)

【ASMR】本をめくる、ささやく

数ヶ月前に当ブログにて取り上げた「ASMR」。
ASMRとは「頭がぼーっとして気持ち良くなる現象」のことで、視覚・聴覚を刺激することにより、実感できます。
ネット上には、そのASMRを感じることのできる動画が数多く公開されています。入門編としては、以下の動画が最適です。


そして、ASMRを更に深く追求したのが↓です。辞書をめくる音、辞書に載っている用語をささやく声が脳に刺激を与えてくれます。


これらの動画、癒されるのはもちろんですが、安眠の効果もあるそうです。ストレスや不眠に悩まされている方は、ぜひ一度お試しください。

ちなみに私は仕事を終えて帰宅した後に、ASMR動画を見るのが日課になってしまいました。見て数分経つと眠気を催し、いつのまにか眠っております。もっとも寝るのは10分程度で、本格的な眠りではありませんが、身体がほんの少しラクな感じになります。

ASMRという言葉がどんどん世の中に普及していってほしいですねー。

| | コメント (2)

2016年12月10日 (土)

大腸カメラ初体験

つい先ほどまで、かかりつけの内科に行っていました。大腸の内視鏡検査(いわゆる大腸カメラですね)を受診するためです。
実は二週間前、排便をしてお尻を拭いた際に血がついていたのです。つまり血便ですね。
血便となると、大腸の病気にかかっている可能性がありますので、急いで内科に行ってきました。

医師の見解では、「おそらく大腸の病気ではない。単なる痔だろう」とのことでしたが、念のために大腸カメラを受けることにしました。もしそのまま放っておいて大きな病気になったら嫌ですから。
また、私の場合はもともと胃腸が弱いので、この機会に診てもらおうというのもありました。

そして今日、検査当日を迎えました。
朝8時半に病院に到着。すぐに下剤を飲み始めました。
下剤を3杯ほど飲んだあたりから、お腹がゴロゴロ。それからは、ほぼ5~10分置きに排便を繰り返しました。おかげで一時間半後に水様便(=検査ができる状態)となっていたため、下剤を全て飲まなくてもよくなりました(2リットル中、実際に飲んだのは1.5リットルぐらい?)。種類にもよるようですが、私の飲んだ下剤はまずかったです…。
それから3時間ほど待って、ようやく検査の時間となりました。検査開始までちょっと時間がかかったのは、私の前の検査が長引いたためです。
待っている間、「ポリープがいくつかあるねー」などという話し声が聞こえたので、「自分もポリープがあるかな…」とドキドキしましたね。

いざ検査台に横たわると、心臓のドキドキが最高潮となってしまいました。
ありとあらゆる機械が室内にあるし、それを見るだけでも緊張してしまいますsweat01
そして、遂にカメラが大腸に挿入されました。思ったより痛みはありませんでしたが、絶えずガスが出そうになるのが苦しかったです。カメラが中に入った状態だと、うまく出せませんから。
そうこうしているうちに検査は終わりました。所要時間は10分ぐらいだったと思います。

で、検査結果は「異常なし」。一番いい結果となりました。
まぁ、検査時間が短かったので、何もないと思ってましたが、実際に医師から結果を聞くまでは安堵できなかったですねcoldsweats01

思えば2年半前には胃カメラも経験しています。この時は胃痛が二ヶ月ほど続いたので、念のため検査したのですが、やはりこちらも今日と同じで「異常なし」の結果でした。

今後、また大腸カメラ・胃カメラを受けるときは、共に今日受診した病院でやろうと思っています。ここなら、以前胃カメラを受けた病院より設備が新しいし、以前の時よりも楽に受けれそうなので。

でも、できれば受けたくないですね。なんやかんや言っても苦しいのは嫌だからsweat02

| | コメント (2)

2016年11月26日 (土)

体調不良、即座に病院へ

今月23日は祝日でした。運の悪いことに、その日に腸炎になってしまいました。
かかりつけの内科は当然お休み…。祝日でも診てもらえる病院を探したところ、近所の総合病院が診てくれるとのことで、早速行ってきました。
簡単な診察のみで後は薬を処方してもらい、帰宅。祝日だったので、薬は二日分しかもらえませんでしたが、それで十分に回復できました。
やっぱり病院に行くと、回復が速いですね。病院に行っていなかったら、翌日(つまり24日)は欠勤していたかもしれません。
祝日に体調不良になったのはツイてませんでしたが、すぐに診てもらえる病院が近くにあったということは非常に幸運でしたねhappy01

私の場合、ちょっと体調がおかしいとなると、すぐに病院に行くタイプです。
この習慣が身についたのは10年ほど前でしょうか。今回と同じように腸炎にかかったのですが、市販薬で対処しておりました。しかし、なかなか治らないので仕方なく病院に行きました。結果、すぐに治りました。何でもっと早く行かなかったのかと自分を責めましたね。
以来、ちょっとでも体調不良を感じると病院に直行という習慣が身につきました。そのおかげで高熱を出した時でも、すぐに回復して欠勤することなく仕事に行けてるのです。

過去を振り返りますと、「あの時、すぐに病院に行っておけば…」と後悔することがあります。
もう12、3年前でしょうか。高熱で3日ほどダウン、1日のみでしたが、欠勤して職場に迷惑をかけました。あの時、すぐに病院に行っていれば欠勤することはなかったと思います。
まぁ、欠勤の連絡をしたにも関わらず、「心配だから」という理由で電話をかけてきたリーダーの対応に若干不信感を抱きましたね。今思えば、「本当に体調不良なのか」と疑ってたのではないか?とも思ってしまいますがsweat01
更に余談ですが、10年前の腸炎の時も一日欠勤しております。その際の上司の対応に不快感でいっぱいでしたね。欠勤の連絡をして、開口一番に言ったセリフが「明日から出勤できるか?」でしたから。こちらの身体を気遣うセリフは一切出てこなかったですね。
今もこいつが上司だったら、今年9月の忌引の時も似たセリフを言ってきたかもしれません。「葬儀終わったら、すぐに業務に復帰できるか?」とか聞いてきそう…。で、一言もお悔やみの言葉は述べないでしょうね。

最後は過去の上司たちの悪口になってしまいましたが、とにかく体調を崩したら病院に行くのが最善!と言いたかったのです。病院嫌いの方には余計なお世話でしょうけどcoldsweats01

| | コメント (0)

より以前の記事一覧