映画・テレビ

2022年3月 8日 (火)

帰郷後は観れなくなるプロレス番組

帰郷まで、約一か月半となりました。
先述したように在阪のテレビ局が制作している好きな番組のいくつかを、北海道のテレビ局でも放送しています。なので、観る番組には困らなさそうです。
ただし、観れなくなる番組がないわけではありません。中でも独立放送局であるサンテレビ(本社:兵庫県神戸市)にて放送されている番組は、ほぼ試聴不可能となります。特にプロレス番組である『This Week in WWE』が観れなくなるのが悲しい…。ケーブルテレビやネット配信を利用する気のない自分にとって、地上波で観れる貴重なWWEの番組ですから。

『This Week in WWE』は、文字通りアメリカのプロレス団体、WWEの情報番組で、WWEの一週間をダイジェストで紹介します。日本では、本国で放送された同番組をそのまま直輸入し、日本語字幕を付けて放送しています。
毎週欠かさず観ていますが、帰郷するとそれができなくなるんですね。

かつてはWWEのDVDが日本のビデオメーカーから発売されてましたが、それも数年前に停止。更にはケーブルテレビでの放送も昨年末で終わったとか。
となると、ネット配信しかWWEを観れないんですよねぇ。

何とかネット配信以外で観れる方法がないものか…と、ずっと思ってます。往生際が悪いけど💦

| | コメント (0)

2022年2月 9日 (水)

北海道で観れる在阪局制作の番組

何度も書いているように、私は今年5月に北海道へ帰郷します。
帰郷する=引っ越しするということで、引っ越しすることによる影響の範囲は広いです。その中の一つに「テレビ番組」があります。
今住んでいる大阪では、キー局および系列局(在阪局)制作の番組を観ています。帰郷すると、キー局および北海道の系列局の番組を観ることになります。
ただ、在阪局が制作している番組の中には、北海道の系列局でも放送されている番組がいくつかあります。わかっている限りでは、以下の3本がそれに該当します。
※()内の前者は在阪局、後者は北海道の系列局

よしもと新喜劇(毎日放送(MBS)/北海道放送(HBC))
そこまで言って委員会NP(読売テレビ(YTV)/札幌テレビ(STV))
探偵!ナイトスクープ(朝日放送(ABC)/北海道テレビ(HTB))

他、ABC制作の『錦鯉の泳いでいくゼ!』も、メイン出演者の錦鯉・長谷川雅紀が北海道出身であるため、不定期にHTBで放送されているようです。

このように大阪を離れることになりますが、引き続き在阪局制作の番組を観れるので、間接的ではあるけれど、大阪の空気を味わえることになります。それは救いですね😃

一方、同じ在阪局制作の『バラエティー生活笑百科』(NHK大阪)が3月で放送終了となることが残念です。この番組には敬愛するオール阪神・巨人師匠が定期的に出演されておられるので、帰郷してからもお二人をテレビで観れると思っていました。放送終了となると、それがなくなってしまうことになりますから。
これは本当に残念な話です…。

| | コメント (0)

2021年12月15日 (水)

次の年末年始映画枠は不発…

年末年始の特番といえば、バラエティを中心に、ドラマ・音楽・スポーツなど多彩ですが、もう一つ欠かせないのが映画です。主に深夜枠に放送されています。
今回の年末年始も多くの映画が放送されるのですが、観たいと思うものが全くなしで、「今度の年末年始は不発かー」と思いました。まぁ、空いた時間帯は海外ドラマのDVDを観ればいいので、困ることはないです。しかしながら、沢山映画が放送されるのに観たいものがないのはちょっと寂しい…。

一番映画を放送するのはテレビ大阪で、今月26日から来月4日まで連日『年忘れロードショー』と題して、計16本放送します。なのに1本も観たいものがないんですよね。数年前は『ラッシュアワー』シリーズを一気に観れて嬉しかったなー。

その次の年末年始は観たい映画が沢山放送されることを期待します。というか、気が早すぎですね💦

| | コメント (0)

2021年7月17日 (土)

昭和の大スターとレジェンドレスラーの命日

今日7月17日は、昭和を代表するスター・石原裕次郎さんの命日です。
1987年に52歳で亡くなった裕次郎さん。今年で34回目の命日ということになりますが、今も存在感は非常に大きく、生前を知らない世代にも知名度が高いです。
出演した映画・ドラマ、および歌唱した楽曲は現在も根強い人気があり、常に新規のファンを獲得しています。本当に凄い人だったんなぁと改めて思いますね。
終生、お酒をこよなく愛された方で、それが命取りになったと言えます。死因は肝細胞癌でした。明らかにお酒が原因とわかりますね。

そして、7月17日はもう一人の有名人の命日でもあります。
その有名人とは、プロレスラーのブルーザー・ブロディ。裕次郎さんの逝去からちょうど1年後、つまり1988年7月17日に亡くなりました。
本国アメリカはもとより、日本でも人気を博しました。日本のメジャー団体である全日本プロレス、新日本プロレス双方に参戦し、両団体の看板レスラー達を相手に名勝負を展開、今もプロレスファンの間では伝説となっています。
人気レスラーだった一方でトラブルメーカーでもあり、それが原因でレスラー仲間から疎まれました。そして、同僚だったレスラーに刃物で刺されて絶命するという衝撃的な最期を迎えました。
ずっと存命だったら、もっと多くの伝説を残していたと思います。

お二人の生涯からわかるように、昭和のスターは良くも悪くも個性的です。だからこそ多くの人の記憶に残る存在になれたんだろうなー。

改めてお二人のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

This Week in WWE

毎週水曜日深夜にサンテレビで放送されている『This Week in WWE』。アメリカのプロレス団体、WWEの情報番組です。
この番組の存在をつい最近サンテレビの番組表を観ていて知りました。「おっ。WWEの番組があるのか」と思い、試しに観ようと今月18日の放送分を録画しました。録画した理由は、深夜番組なのでリアルタイムでは観れないからです💦
早速観た『This Week in WWE』は、文字通り一週間に起きたWWEの出来事をダイジェストで紹介する番組です。アメリカで放送されているものに日本語字幕を付けただけで、ほぼ直輸入と言っていいでしょう。
内容としては面白いけど、ちょっと展開が速い。そのため、日本語字幕が表示されていても、全て読み終わる前に次の字幕が表示されてしまうことがたびたびありました。できれば、英語のセリフやナレーションは日本語吹き替えにしてほしいなぁ。
とはいえ、世界でもっとも有名なプロレス団体の番組を地上波で観れるのは貴重な機会なので、今後も観ていこうと思いました。

かつては日本でもWWEのDVDが発売されていたようですが、最近はされておらず、WWEの試合を観るならばケーブルテレビを契約するしかありません。となると、自分がWWEを観る機会は、この番組しかないですね。ケーブルテレビの契約はしない方針なので💦

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

「NEXT!700MHz」の影響があるかも?

今日、帰宅すると一枚の冊子が郵便受けに入ってました。
「NEXT!700MHz」と題された冊子で、「2019年8月22日以降、ご使用中のテレビの映像が乱れる可能性があります」と大きく書かれていました。ほぼ同様の文言が「NEXT!700MHz」の公式サイトにも書かれております。

Nextmg



もちろん、映像が乱れた場合のフォローはあるのですが、そうだとしても乱れたらイヤですねー。
他人に家に入られるのは抵抗がある方なので。まぁ、それは単に家の中が汚いからなんですけど💦

とにかく影響が出ないことを心から祈ります。8月22日以降も普通にテレビが観れれば、御の字だー!

| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

「NO MORE 映画泥棒」歴代動画

映画館に行ったことがある方ならば、誰もが観たことのある動画があります。それは「NO MORE 映画泥棒」です。
「NO MORE 映画泥棒」とは、一言で言えばマナームービーです。内容は「映画館で上映中の映画を録音・撮影すると、法律で罰せられるので絶対にしないように!」という注意喚起です。
これまでに4パターンの動画が制作されています。その全てを↓の動画で観ることができます。


一応全てのパターンを観たことがありますが、3本目が一番印象が薄かったかなー?製作者には申し訳ないですが

「NO MORE 映画泥棒」は2007年6月から上映されています。ということはすでに10年以上の歴史があるわけですね。
当初は2015年に終了する予定だったようですが、その後も続いています。ただ、そのためか15年以降は新作の動画が制作されてないようです。
ま、映像は違えど、訴える内容は同じでしょうからこのままでもいいでしょう。

年内にもう一回映画を見に行く予定なので、その時もまた「NO MORE 映画泥棒」を見ることになるなぁ

| | コメント (0)

2017年3月 7日 (火)

『土曜ワイド劇場』、『日曜洋画劇場』が完全終了

毎年4月は各テレビ局の番組改編の時期です。
今年も様々な改編が行われますが、かなり思い切ったことをやるなーと思ったのがテレビ朝日。実に40年の歴史を持つ『土曜ワイド劇場』を終了させるのです。
更には2013年より毎週放送から不定期放送に切り替えていた『日曜洋画劇場』も完全に終了させます。

詳細:
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1788904.html

これまで数多くの名作2時間ドラマを生み出し、現在も継続中のシリーズが沢山ある『土ワイ』。今後、それらの新作が完全に放送されなくなるのかというとそうではなく、新たに開始される『日曜ワイド』(日曜午前10時~)枠での放送となるようです。ただ、この影響で事実上の打ち切りとなるシリーズもありそうですね…。
『日曜~』に関しては、あまり影響はないでしょう。不定期放送となってからは、決まった洋画(大概『バイオハザード』か『ワイルドスピード』)しか放送されなくなってましたから。毎回同じ洋画ばかりのラインナップを見て、「こりゃ完全終了も近いかな?」と思ってましたが現実になりましたね。こちらは50年の歴史を持つ番組でしたが、最後の数年間は今ひとつだった感が否めません。

この思い切った改編がどのような結果となるのか、密かに注目しております。

| | コメント (0)

2015年1月27日 (火)

今年は松田龍平も来る「ゆうばり映画祭」

毎年2月に開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」。北海道夕張市を代表するイベントで、今年で25回目となります。
毎年、豪華なゲストが来場するこの映画祭、今年は俳優の松田龍平が来場し、自身の主演作『ジヌよさらば~かむろば村へ~』をPRすると、今日のスポニチ↓が報じております。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/27/kiji/K20150127009700750.html

これは少なくとも悪いニュースではありません。知名度のある俳優が来るわけですから、観客動員に多少なりとも影響があるでしょうしね。
この映画祭、現時点では数少ない夕張の観光資源の一つです。このイベントが赤字になれば、市の財政状況がまた悪化することになります。それだけに何としてでも黒字にしようと躍起になるのではないでしょうか。
市の奮闘ぶりに注目したいと思っています。

| | コメント (0)

2014年11月19日 (水)

続々放送・健さんの追悼番組

昨日に訃報が公表された俳優・高倉健さんの主演作が追悼番組として続々放送されることになりました。
以下に把握している分だけ書きます。

20日 網走番外地・吹雪の斗争(テレビ大阪/1:05~3:00)
21日 特別追悼番組 高倉健さん83歳逝く・・・不器用な男の銀幕伝説(19:00~19:57)/高倉健さん追悼特別番組映画『南極物語』(19:57~22:54)(共にフジテレビ系)
23日 網走番外地 北海篇(テレビ大阪/11:00~12:54)
    高倉健さん追悼特別企画「あなたへ」(テレビ朝日系/21:00~23:10)
    NHKスペシャル「高倉健という生き方~人生を語った10時間~」(NHK/21:00~21:50)

全ては無理かもしれないけど、可能な限り観ようと思います。特に『網走番外地』と『南極物語』は絶対見逃せないですね。
おそらくこれ以外にも追悼番組があるのではないでしょうか。それだけ偉大な存在だったから。
毎週日曜日に行っているレンタルDVDのゲオにおいても、追悼コーナーがあると思われます。それを見たら、涙しちゃうかも?

本当に惜しい人を亡くしました…。

| | コメント (0)