音楽

2017年11月15日 (水)

次に聴くジャズボーカルは美空ひばり

今年3月に購入した歌手・フランク永井のアルバム『ザ・カバーズ(ジャズ・スタンダード)』。
フランクの魅力である低音と流暢な英語で歌い上げられたジャズ・スタンダードに酔いしれました。それまでジャズはインストゥルメンタルしか聴いてませんでしたが、これを機にジャズボーカルにも興味を持つようになりました。

このアルバムを買ったことをある方に話したところ、「そういや、あの年代(つまりフランクが活躍した昭和30年代~40年代)の歌手はみんなジャズを歌ってたな」という返答がありました。
そこでフランクと同じ時代の歌手を色々調べてみました。確かにジャズを歌っているアーティストは多かったです。中でも美空ひばりの歌うジャズは、妖艶かつ流麗でした。英語の原文で歌うフランクと違い、美空のジャズは歌詞が日本語に訳されたものがほとんどとなってますが、それもまた魅力的でした。
というわけで次に聴くジャズボーカルは美空ひばりにしようと思っています。幸いにジャズのみ収めたCDがいくつかありますので、その中から1枚選ぶつもりです。

フランクも美空も全盛期は昭和30年代~40年代ということで、もう40~50年前の音楽です。しかし、現代でも十分通用する新鮮さがあります。
二人とも鬼籍に入って、かなりの年数が経ってますが、遺された音楽はいつまでも輝きを放っています。まさしくあっぱれ!です。

| | コメント (0)

2017年10月26日 (木)

「愛をとりもどせ!!」のマキシシングルでの再発売ないかなぁ

今年の夏からずっと観ているアニメ『北斗の拳』。
数多くの魅力的な要素を含んでおりますが、その一つにオープニングテーマが挙げられます。
テレビアニメ版のオープニングテーマは3曲ありますが、初代のオープニングテーマである「愛をとりもどせ!!」(歌唱・クリスタルキング)はアニメ終了後も、『北斗の拳』を題材としたゲームやパチスロなどでも使用されているため、特に知名度が高いと思われます。
人気の高い曲なので、クリスタルキングのベストや各種オムニバスにも多く収録されているのですが、可能であればマキシシングルで再発売してほしいなと思います。正直な話、これだけ聴きたいんですよcoldsweats01
で、カップリングはエンディングテーマだった「ユリア…永遠に」を希望します。実際、アニメ放送当時に発売されたシングルレコードはこの組み合わせでした。それをマキシシングルで再発売してくれたら、どんなに嬉しいことか。

その昔、『機動戦士ガンダム』の主題歌がマキシシングルで再発売された事例がありましたので、『北斗の拳』がそうなってもおかしくないでしょう。ぜひともレコード会社に考えて欲しいなぁ。「アニメ放送開始30周年記念」などとの名目でsmile

| | コメント (0)

2017年10月 4日 (水)

HOUND DOGの解散騒動は未だ尾を引いてるのか…

ここ数年の間にワーナーミュージック・ジャパンから発売されたアルバムの再発売が盛んに行われています。名作からコアな作品まで幅広く再発売されており、世の音楽ファンを大いに喜ばせているようです。
そんな中、同社に音源があるにも関わらず、2017年現在ほとんどの作品が封印状態となっているアーティストがいます。それはHOUND DOGです。
1980年代のバンドブーム時に人気を博し、ブームが去った後も第一線で活躍しているバンドでありましたが、2005年に起きた解散騒動ですっかり影を潜めてしまいました。現在も一応活動継続中ですが、新作の発売は全くなく、年に数本行われているライブが唯一の活動といえる状態です。
HOUND DOGが同社に在籍したのは1987年から95年まで(正確にはグループ会社のイーストウエスト・ジャパンに在籍。同社は2002年にワーナーに吸収合併されている)。この間、「AMBITIOUS」、「ONLY LOVE」、「BRIDGE~あの橋をわたるとき~」などがヒットしています。同社在籍時代がもっとも人気が高く、また勢いがあったと言って間違いないでしょう。
その時代の音源が現時点で全く聴くことができない状態になってるのは、なんとも悲しいことです。現時点で唯一入手できるアイテムは09年発売の『プレミアム・ベスト』のみです。

考えてみればHOUND DOGはワーナー時代に限らず、他のレコード会社在籍時の音源もほぼ封印状態です(前述の『プレミアム・ベスト』以外で今も入手できるのは、ソニーレコードから発売されている『ザ・ベスト~イノセントデイズ~』のみ)。これも解散騒動が尾を引いている結果かな?と思っています。
この騒動が終焉にならない限り、現状のままでしょうね。メンバー同士が和解し、再び結束する日までは…。

| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

CD鑑賞記 GREATEST HITS 20/柳ジョージ&レイニー・ウッド

音楽のジャンルの一つであるR&B。1970年代半ばまでは、日本の音楽ファンの間において「R&B=洋楽」という図式がほぼ定まっておりました。
それを覆したのがロックバンド、柳ジョージ&レイニー・ウッドです。77年にデビューし、81年に解散するまでわずか5年の活動期間でしたが、日本の音楽界に遺した功績は非常に大きいものでした。日本語におけるR&Bを普及させたのは間違いなく彼らでしょう。
今回紹介する『GREATEST HITS 20』は彼らが最初に在籍したレコード会社、徳間音楽工業(現・徳間ジャパン)時代の音源から20曲を厳選した収録した2枚組ベストアルバムです。
もともと80年にLPレコードで発売されたベストアルバム『軌跡』をCD化したものです。CD化にあたり、ジャケット写真が一新されたほか、タイトルも改題されています。最初のCD化は85年で、10年後の95年に再発売されています。レイニー・ウッドのベストアルバムで再発売されたのは、知っている限りでは本作と『ベストセレクション』(90年発売)のみです。
最大のヒット曲である「雨に泣いてる」をはじめとする、「酔って候」、「微笑の法則」、「"祭ばやしがきこえる"のテーマ」、「同じ時代に」などのシングル曲は完て収録されています。他にも、「FENCEの向こうのアメリカ」、「プリズナー」、「クロス・アイド・ウーマン」、「本牧綺談」などの人気の高いアルバム曲も収録されており、徳間時代の名曲はほぼこのアルバムで聴けると言っていいでしょう。

あえていうならカバー曲も数曲収録してほしかったなー。
徳間時代の唯一のライブアルバムである『ROAD SHOW』には、多くのカバー曲が収録されているので、そちらから数曲入れてくれれば、もっと質の高いベストアルバムになっていたと思います。『ROAD SHOW』の音源が収録されているベストアルバムは確か1枚しかないはずなので、そもそも収録の対象外となっているのでしょうね。これが惜しいところです。

80年代半ば以降に発売されたベストアルバムの大半が廃盤となっているのに対し、本作は現在も入手可能となっています。
とはいえ、いつ廃盤になってもおかしくないので、興味のある方は即座にご購入下さい!

| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

「東京ナイト・クラブ」カバー集

1959年にフランク永井と松尾和子が歌い、大ヒットした「東京ナイト・クラブ」。
発表から60年近くが経った現在も歌い継がれている、男女デュエットの名曲です。

名曲なので、多くのアーティストがこの歌をカバーしています。動画を探してみると、非常に多くの動画がヒットしました。
以下、それらの一部です。

石原裕次郎・八代亜紀版


藤田まこと・八代亜紀版

鳥羽一郎・林あさ美版

山川豊・藤あや子版

山本譲二・大月みやこ版


どのバージョンも、それぞれのアーティスト独自の味わいがありますねー。
ただ、やはりオリジナル版が一番かなと思います。何と言っても本家ですからね。

オリジナル版:



上記の動画では、作曲者の吉田正も、ちらっとですが映っています。歌う二人を優しく見守っているのが印象的です。

一度だけこの歌をラウンジで歌ったことがあります。
デュエットしていただいたのはそのお店のママでしたが、あれは感動しましたね。残念ながら音痴なので、この歌の良さを全く周囲に伝えられませんでしたがcoldsweats01

半年前にフランク永井のCDを買って、初めて「東京ナイト・クラブ」を聴きましたが、本当に名曲だなと思います。その証明が上記の動画群ですね。

| | コメント (0)

2017年8月26日 (土)

ショーケン、幻のオリジナルアルバムが再発売

今年9月にワーナーミュージック・ジャパンより発売される3枚のアルバム『惚れた』、『Straight Light』、『Shining With You』。いずれもショーケンこと萩原健一のオリジナルアルバムであり、最新リマスタリングを施された上での再発売となります。
このうち『惚れた』と『Straight Light』は過去にも再発売されていますが、『Shining With You』は今回が初めての再発売となります。1988年の本発売後、一度も再発売されていないため、こちらの再発売を喜んでいるファンは多いと思われます。
更には現時点でショーケンが発売した最後のオリジナルアルバムでもあります。アルバム自体はこれ以降も発売しているけれど、それはセルフカバーアルバムであり、正真正銘のオリジナルアルバムは『Shining~』が最後となっています。

今回の再発売により、ショーケンのオリジナルアルバムならびにライブアルバムはほぼ全てがCDとして入手できるようになりました。これを機に再評価されてほしいものですねー。
ちなみに私は3枚とも聴いたことがありますが、全て媒体はカセットテープでした。この機会にCDで買い直そうかと思い始めています。

| | コメント (0)

2017年8月21日 (月)

歌手・松山千春の神対応

こんなニュースを発見しました。

松山千春 出発遅れで申し出 機内で「大空と大地の中で」歌唱
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/21/kiji/20170821s00041000223000c.html

これぞ「神対応」でしょうね。
出発が遅れてイライラしている乗客をリラックスさせただけでなく、満足もさせたのですから。
乗り合わせたお客はとても幸運でしたね。なにしろ千春の歌声を生で聴くのは至難の業です。コンサートは常にチケットが売り切れてるし、歌番組の公開収録なども抽選で当たらない限り行けないし…。
本当に幸運だったと思いますね。

ああ、その場に居合わせたかったなー。いつかどこかで会える日を夢見て、この記事を書かせていただきました。

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

CD鑑賞記 JUNGLE JANE/高中正義

1986年7月に発売された高中正義のアルバム『JUNGLE JANE』。
ジャングルというタイトルからしてまさに夏向きのサウンド。ラテンやサンバを積極的に取り入れ、爽快感を全面的に押し出しています。
その象徴と言えるのが先行シングルとして発売された「SHAKE IT」。シーラ・Eのパーカッションを大々的にフィーチャーしています。この曲は現在に至るまで高中の代表曲として認知されており、コンサートでも演奏される機会が多いです。
他、後にシングルカットされる「WARM SUMMER WOMAN」、やはりパーカッションをフィーチャーしている「EXOTICA」、「BAY STREET FIX」、タイトル曲の「JUNGLE JANE」など、とにかくホットな楽曲が多く、聴く者を飽きさせない構成となっています。

同年12月には本作をひっさげて行われたコンサートの模様を収録したライブアルバムが発売されています(後にライブビデオも発売)。こう考えると、当時の高中はかなり勢いがあったことが伺えます。
前年(85年)にレコード会社を移籍し、移籍前と音楽性が変化した(フュージョン→ダンスミュージック)にも関わらず、ファンの支持は変わりませんでした。それどころか、更にファン層が拡大したのでしょう。

本作は86年の本発売後、計4回再発売されています。2017年現在で入手できるのは、13年に発売したSHM-CD版です。
気が付けば、高中の音楽活動歴は45年を超えました。これもファンからの支持が高い証明ですね。
このままずっと愛される存在でいてください!

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

柳ジョージのソロアルバム12枚一挙復刻

2011年に亡くなった歌手・柳ジョージさん。
亡くなってから生前に発売し、廃盤となっていた作品が次々に復刻されております。今年9月13日には、1982年から93年までに発売したアルバム全12作が復刻されることがわかりました。
柳さんはかつてバンド「柳ジョージ&レイニー・ウッド」として活動していました。レイニー・ウッドは81年に解散します。翌82年より柳さんはソロとして活動を始めます。つまり今回復刻される12作は全てソロ転向後のアルバムとなります。

レイニー・ウッド時代のアルバムは過去に何度も復刻されていますが、ソロ転向後のアルバムはまず復刻の機会がありませんでした。よって、本格的にソロアルバムが復刻されるのは今回が初ということになります。
復刻にあたり、当時アルバムに収録されなかったシングル曲ならびにカップリング曲がボーナス・トラックとして収録されています。復刻だけでも嬉しいことですが、"おまけ"がついていることがまたファンを喜ばせるでしょうね。
また、一枚の価格が1500円(+税)であることも魅力的でしょう。安価で買えるわけですから。

復刻されるアルバムの詳細は↓をご覧ください。
http://wmg.jp/artist/yanagi-george/discography.html

今回の復刻に伴い、80年代および90年代前半までの柳さんの軌跡を容易に辿ることができるようになりました。
あとは90年代半ば以降のアルバムも復刻してほしいですね。そうなれば、完全復刻ということになりますからhappy01

| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

DVD鑑賞記 SUBWAY EXPRESS LIVE IN BUDOKAN/矢沢永吉

1999年6月に発売された矢沢永吉のライブビデオ『SUBWAY EXPRESS LIVE IN BUDOKAN』。98年12月10日に日本武道館で行われたライブを収録しています。
98年に発売したアルバム『サブウェイ特急』(70年代に発表した自身の楽曲をセルフカバーしたもの)をひっさげてのコンサートで、披露された楽曲も70年代、80年代の曲が中心となっています。
矢沢にとって聖地とも言える武道館では、毎回エネルギッシュでロックスピリッツあふれるステージで観客を魅了していますが、このライブにおいても同様でした。オープニングの「夜間飛行」からエンジン全開、ファンの「永ちゃんコール」がそれを後押しします。
バックバンドはアルバム『サブウェイ特急』にも参加したイギリス人ミュージシャンたち。彼らの熱演もライブの見所の一つですね。
見所はなんといっても矢沢の歌声とパフォーマンスでしょうが、熱いMCもその一つです。ステージにおける意気込みを熱く語る様は、ファンの心も熱くさせてくれるでしょう。

本作にはクロージングテーマを含む全23曲が収められています。そのほとんどが自分の好きな曲です。だからこそ、このライブビデオを買ったと言えます。
ただ、発売から購入まで17年も経ってますがcoldsweats01

本作も以前から当ブログに書いている「"進化版”DVDキャンペーン 2017」の商品の一つです。
このキャンペーンは昨日に終わりました。終了ギリギリに何とか購入できました。
結果的にキャンペーンの商品は4作購入できました。できることなら、またやってほしいですねー。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧