お笑い

2018年7月 8日 (日)

4年ぶりの祇園花月

S_img_1401
3日前に「今月8日によしもと祇園花月(京都市東山区)に行くことを計画している」と書きました。今日、その計画を実行してきました。交通手段はいつも通り、阪急電車でした。

祇園花月に足を運ぶのは実に4年ぶりでした。祇園自体も2年半ぶりかな?それぐらいご無沙汰していたのですが、あまり風景が変わっていませんでした。相変わらず(といったら失礼だけどcoldsweats01)観光客で賑わっており、京都府内のみならず日本を代表する観光地であることを改めて実感しました。

本日のプログラムです↓

S_img_1402
ご覧の通り、今日は東京を本拠地としているコンビが3組出演していました。ペナルティを観たのは12、3年ぶりでしょうか。ほんの少しですが、ワッキーのキャラクター「変態おじさん」に触れられていたのが嬉しかったです。
とはいえ、やはりお目当てはトリのオール阪神・巨人のご両人です。このお二人が出ておられるからこそ、観に行くわけですからhappy01

うまくいけば近いうちにまた祇園花月に行けそうです。たまには京都に行って、京都ならではの風情ある街を歩かなければと思ったのでsmile

最後に一つ。
祇園花月に行く際に必ず見るのが鴨川です。いつもなら絶景なのですが、さすがに大量の雨が降った直後とあって、増水しております。また明らかに水が汚くなっています。
普段のおだやかな光景とは違っていたのが、別の意味で印象的でしたね。

S_img_1400

| | コメント (0)

2018年7月 5日 (木)

祇園花月への交通手段は京阪か阪急か…

今月8日に祇園花月(京都市東山区にある吉本興業の劇場)に行く予定を立てています。まだチケットは購入してませんので、あくまで予定です。

祇園花月に行くには阪急電車か京阪電車を使う必要がありますが、ご承知の通り今日の関西地方は大雨。一部の交通機関では運休や遅延が発生しています。雨は8日まで降るようなので、8日にもし祇園花月に行くとしたら、電車の運休・遅延を考慮する必要があります。
幸いに前述したように、祇園花月への移動手段は2つの交通機関が存在しますので、どちらかが運休していても、もう1つの機関を使えばいいことになります。
これまで祇園花月へは阪急電車でしか行ったことがありません。最寄り駅では京阪電車の方が近いのですが、運賃が阪急電車の方が安いので、いつもこちらを使っています。

果たして8日の祇園花月への移動手段はどちらになっているでしょうか。
いや、その前にまずはチケットを買わないといけないですねcoldsweats01肝心のチケットは前日に梅田に行くので、同じ吉本の劇場である西梅田劇場にて買おうと思っています。

チケットが買えた場合は、実に4年ぶりに祇園花月に行くことになります。先日、なんばグランド花月に行った際、劇場がだいぶ様変わりしていたことに驚きましたが、祇園花月もそうなってるかもしれませんね。

↓は前回行った時の出演者を知らせるポスターです。今となってはどんなネタを観たのか全く覚えてないsweat01

002

| | コメント (0)

2018年7月 2日 (月)

追悼・桂歌丸師匠

訃報が届きました。

桂歌丸さんが死去、81歳 「笑点」で頭角、2006年から司会務める

http://www.zakzak.co.jp/ent/news/180702/ent1807027406-n1.html

「遂に逝ってしまったか…」と思いました。
ここ数年、「病気で高座を休演」と繰り返し報道されていました。いつかはこの日が来るかもと思ってましたが、いざ本当にその日が来ると、とても悲しいです。
日曜日の夕方はこの方のおかげで沢山沢山笑わせてもらいましたので…。

おそらく次の『笑点』は追悼番組となるでしょう。とても30分では追悼しきれないと思います。
『笑点』の放送局である日本テレビにぜひ2時間の追悼特番を放送してほしいです(7/8追記:7/12に2時間特番放送決定)。なお、テレビ朝日の『徹子の部屋』では、すでに追悼特集を放送することが決定しています。
NHKも追悼番組を放送しそう。『日本の話芸』など、落語の映像がいっぱい残ってるでしょうから。

心からご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

いつのまにか改名していた新喜劇座員

吉本新喜劇座員の秋田くみ子。
かつてはなんばグランド花月などの吉本興業直営の劇場に出演していましたが、2012年に男児を出産して以降は育児を優先しているためか、新喜劇への出演は奈良健康ランドや地方営業のみとなっています。
いわばあまりテレビで顔を見かけなくなってしまっているために、いつのまにか芸名を変えていたことに気づきませんでした。以前は全て漢字の「秋田久美子」だったのに、つい先ほどプロフィールを見たら「秋田くみ子」になっていたので、「あれ?」と思いましたね。
いつ頃改名したのでしょうか。多分今年に入ってからでしょうが、本当に「いつのまに?」という感じでした。

確か初めて生で観た新喜劇(2002年頃)に秋田が出演していたことを覚えています。プライベートでも仲の良い伊賀健二とカップル役でした。
秋田と言えば、キュートな顔立ちとは正反対の毒舌が持ちネタです。今もあの毒舌は健在なのでしょうか。新喜劇のテレビ放送では観れないけど、地方営業では観れるのかもしれませんね。

先日の記事に書いたチャーリー浜同様、彼女の姿も相当観ておりませんので、またいつかはテレビ放送で観たいと思っています。

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土)

吉本新喜劇のテレビ放送で久々に見た座員

毎週土曜日午後0時54分から放送されている『よしもと新喜劇』(毎日放送)。文字通り、吉本新喜劇のテレビ放送です。
通常の放送時間は1時間ですが、今日の放送回は2時間スペシャルとなっていました。今年3月21日から今月3日まで開催されていた「吉本新喜劇全国ツアー2018」の最終地で、新喜劇のホームグラウンドであるなんばグランド花月(大阪市中央区:以下、NGK)での公演が放送されました。
全国ツアーの新喜劇ですから、通常よりも公演時間が長めです。それに加え、冒頭に全国ツアーのドキュメンタリーが挿入されたため、2時間スペシャルとなったのです。
特別公演とはいえ、特にゲストは出ておりません。出演者はあくまで新喜劇の座員のみでしたが、全国ツアーのメンバーではなかった座員が一人出演していました。
その座員とはチャーリー浜です(今日の放送回はゲスト扱いだった模様)。新喜劇の座員の中でも重鎮クラスとして扱われている彼ですが、ここ7~8年は新喜劇のテレビ放送で見かける機会がなくなっています。
なぜ見かける機会がないのか、それはテレビ放送される新喜劇に出演していないからです。テレビ放送される新喜劇はNGKで収録されるのですが、チャーリーはNGKに出演せず、他の劇場や地方営業に出演しています。
NGKに出なくなった理由は、NGKでの公演回数が多いために、拘束される時間が長いことに不満を抱いているからだそうです。例えば日曜日のNGKの公演回数は4回あります。ほぼ朝から晩まで拘束されます。一方、祇園花月(京都市東山区)の公演は日曜日でも2回です。そのために、チャーリーはNGKに出ないということを、某新喜劇座員がテレビ番組で暴露していました。

いわば、今日のテレビ放送で久々にNGKに出ているチャーリーを見れたことになります。これを機にNGKの新喜劇にも出るようになってほしいなと思いましたが、NGKの公演回数が減らない限り無理だと思われます。
過去、何度もNGKに足を運んで、彼のギャグを見たものです。NGKへ行く回数が減ったのと同時期にチャーリーがNGKに出演しなくなったので、必然的に彼のギャグを見なくなりました。
最後にギャグを見たのは5年前の祇園花月だったと記憶しています。実に5年ぶりに彼のギャグを見たのですが、まだまだ健在でしたね。
せっかく面白いギャグを沢山お持ちなのですから、もっと積極的にテレビで披露してほしいものです。さて、チャーリーが次に新喜劇のテレビ放送に登場するのはいつになるでしょうか?

| | コメント (0)

2018年5月30日 (水)

6/6放送:志村けんのバカ殿様みんな大集合スペシャル

6月6日に放送される『志村けんのバカ殿様みんな大集合スペシャル』(フジテレビ系)。人気バラエティ特番の最新作です。
今回もバカ殿がレギュラーおよびゲストたちと楽しいコントを繰り広げる内容です。意外にも初登場(のはず)となる出川哲朗、すっかり常連ゲストとなった壇蜜、お馴染みの柄本明に加え、高島礼子が初登場します。あまりバラエティに出ない高島がバカ殿に出る?と知って、かなり驚きましたが、それはそれで見所あるなーと思いました。おそらく高島の出演部分が一番の目玉となるでしょうね。
何より大好きな志村と柄本のコントがまた見れるのが嬉しいですね。この2人の息はいつもピッタリで、非常に笑えるコントを披露してくれます。今回も爆笑間違いなしのコントを披露してくれることでしょう。

早く大笑いしたいですhappy01

| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

コラアゲンはいごうまん LIVE in 十三 2018 春

S_img_1373
本日はシアターセブン(大阪市淀川区)において行われた「コラアゲンはいごうまん LIVE in 十三 2018 春」を観に行ってきました。
コラアゲンはいごうまんは私が敬愛するオール巨人師匠の2番弟子です。このライブに行った理由は単純に巨人師匠の弟子であるからだったのですが、いざ見始めると完全に彼の芸に引き込まれました。
コラアゲンはいごうまんの芸は、自身が経験したことを長時間にわたりたたみかける漫談です。時間が長い分、笑えるポイントが非常に多く、常に爆笑をさらっていました。そのほとんどが自虐ネタですが、とにかく笑えるんですね。
中でも癌の宣告後のエピソードが笑えました。宣告された日の夜、単独ライブを控えていたコラアゲン。宣告のショックが大きすぎたため、公演時間をいつもより短い1時間45分にしたいと主催者に言ったところ、即座にOKしてくれました。それは普段から公演時間が長いためでしたsweat01
ところがいざライブが始まると、漫談に熱が入ってしまい、結果公演時間は3時間半と倍になっていたのでした。何度も主催者側からカンペで「もうやめろ!」と指示されてもやめなかったために3時間半になってしまったのだそうです。このくだりだけでも笑えますねhappy01

とても面白い漫談をするにも関わらず、あまりテレビに出演しないのは前述したように漫談の時間が長いためです。要はテレビの尺ではできない芸なんですね。
それだけにライブでは全力投球するようで、終始汗をかきっぱなしでありました。真剣に芸に取り組んでいるということがよく分かりました。

漫談中のコラアゲン↓(撮影の許可を頂いています)

S_img_1374
大満足でしたので、次回もぜひ観に行きたいと思います。
できれば、次回は弟子修行中のエピソードを沢山語ってほしいです。弟子修行中の面白いエピソードがいっぱいありそうなのでsmile

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

ホット・ショット

1991年公開の『ホット・ショット』。チャーリー・シーン主演のコメディ映画です。
数日前に知人よりこちらの映画の存在を教えてもらい、興味が沸きましたので、昨日の記事に書いた『じゃりン子チエ』と一緒にDVDを借りてきました。
内容は『トップガン』を始めとする、名作洋画のパロディです。とにかく笑えるシーンが多いです。特にタッグ・ベンソン提督役のロイド・ブリッジスが面白い。こんなドジで非常識な提督がいるのか?と思うぐらいですから。飛行機から降りる際にタラップを使わないがためにそのままコンクリート下に落ちたり、葬式の場でいきなり拳銃をぶっ放したりしています。こんなのがどうやって提督になったんだろう?と不思議に思いながら観てましたhappy01
最初から最後まで笑いが絶えない実に楽しい映画でした。

この映画で海外のコメディ映画に興味を持ったので、次回作である『ホット・ショット2』と同じく名作コメディ映画として知られる『ギャラクシー・クエスト』も観るつもりです。特に『ホット・ショット2』は、『ランボー』のパロディなので、『ランボー』ファンの自分としては観なければならない映画でしょうsmile
これまで海外のコメディといえば、『Mr.ビーン』ぐらいしか観たことがなかったのですが、これを機にどんどん観ていこうと思いましたね。
果たして『ランボー』はどんなふうにパロディ化されてるのだろうか…?

| | コメント (0)

2018年4月16日 (月)

今回は観逃しません:志村けんのだいじょうぶだぁ

今月18日に放送される『志村けんのだいじょうぶだぁ 春!笑いのお祝いスペシャル』(フジテレビ系)。ご存知、志村けんの冠番組の最新スペシャルです。
『だいじょうぶだぁ』が放送されるのは昨年11月以来です。昨年は3回放送されてますが、うち2回を観逃しています。観逃してしまったのは、うち1回は本放送の日に関西地区のみ阪神タイガースの試合中継が優先され、別の日に振り返られたからです。もう1回は単純に番組表を見ていなかったのが原因です。というか、2回とも結局は番組表をきちんと見ていなかったのが原因ですねsweat01

今回は放送前にこうやってブログに書いているから、まず観逃すことはありません。レコーダーにも録画予約してるし、万全の体勢ですねsmile

今回も多彩なゲストが登場します。梅沢富美男とコント初共演するし(これは結構意外だったような?)、かまいたち、尼神インター、カミナリなどの若手芸人とも共演します。存分に楽しめるし、また大笑いできるのは確実でしょう。

2007年に特番として復活してから早11年が経過。今月18日の放送で通算27回目となります。
こちらの商品化はされないでしょうか。されたとしたら、それなりに売れると思うんですが、ゲストが多彩なため権利関係が厳しいのかもしれません。
いつかは商品化されることを願って、この記事を執筆しました。大げさすぎましたねcoldsweats01

| | コメント (0)

2018年2月 6日 (火)

9年ぶりの吉本新喜劇全国ツアー

今年、59年目を迎えた吉本新喜劇。
60周年が目前と迫る中、9年ぶりに全国ツアーを行うことが発表されました。
↓から詳細を見ることができます。

http://www.yoshimoto.co.jp/shinkigeki/shinkigekitour2018.html

日程を見ると、ほぼ毎週全国の都市で公演することがわかります。また、普段は新喜劇に馴染みのない東日本の地域も回ります。その中には、自分の地元である北海道も入っています。
出演者は現時点で座長クラスしか発表されていませんが、「ドリルすんのかーい」でお馴染みの吉田裕や、ギターネタの松浦真也、ゴリラのものまねを持ちネタとする森田まりこらも出演するだろうと予想しています。
もし、吉田が出演するのなら、東日本の人々は大喜びでしょう。生で「ドリルすんのかーい」を観れるのですからhappy01

9年ぶりとあって、全国各地で盛況すると思われます。最終日のなんばグランド花月の公演はぜひテレビ放送してほしいものです。

余談を一つ。
前回の全国ツアーでも地元北海道で公演されているのですが、この公演を自分の両親が観に行っています。あの時は父親がまだ存命で、今となっては観に行ってくれてよかったなーと思っています。
今回も都合がつけば、母および姉一家に観に行ってもらおうと考えています。ぜひ甥に「ドリルすんのかーい」を観てもらいたいsmile

| | コメント (0)

より以前の記事一覧