お笑い

2017年11月14日 (火)

観る2018正月特番の一つ目が決定:『志村けん in 探偵左平』

あと一ヶ月半で2017年も終わりです。
つまり年末年始となるわけですが、次の年末年始もテレビに釘付けとなりそうな気がします。
そう思ったのは、早くも観る正月特番が決まったからです。その特番は1月2日にNHKで放送される『志村けん in 探偵左平』。文字通り、志村が探偵に扮する内容で、60分間にわたる長編コントとなっています。

詳細:
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/14/kiji/20171114s00041000213000c.html

もちろん笑えるシーンばかりでしょうが、放送局がNHKなのでいつも民放の冠番組でやっている下ネタは封印されるはずです。そこはこれまでNHKで不定期に放送されている『となりのシムラ』と同じでしょう。
また、共演者も普段とは異なります。上記記事に記載されているのは岸本加世子、伊藤沙莉、高橋恵子だけですが、彼女たちとはまず共演しません。これもNHKだからこその共演と言えるでしょうか。
何もなければ、リアルタイムで観れるはずです。

そういえば、これまでNHKの正月特番はほとんど観てなかったなー。1年ほど前からNHKの番組を時折観るようになりましたが、どうやらその影響もあるようです。

| | コメント (0)

2017年11月 8日 (水)

M-1グランプリ2017は12/3放送

今日、ABCテレビを観ていたら、毎年恒例のM-1グランプリのCMが放送されていました。
それによると、今年は12月3日に決勝戦が行われ、当然のごとくその模様は生放送されます。「今年もM-1の時期が来たか」と思いましたねー。

もちろん観るつもりですが、一つ懸念事項があります。それは12月3日は休日出勤が予定されていることです。
現時点で勤務時間帯は確定していませんが、おそらく平日の勤務時間帯と同じ、もしくは若干の残業が入るかなと予測しています。
定時で退社できれば、何とか間に合いますが、残業となるとまず間に合わないだろうなー。というわけで一応録画しておきます。

まだ決勝戦の出場者は確定していません。準決勝が行われてないためですが、一つ期待してるのは応援している若手コンビが準決勝に進出していること。仮に準決勝で敗退したとしても、敗者復活戦が行われるので、決勝に行くチャンスがあります。
もし決勝戦に行くことができれば、グンと知名度があがるでしょう。彼らは今は関西ローカルのみの活動ですが、これを機に全国区で活動できるようになるかもしれません。
ぜひとも12月3日の決勝戦に彼らが出場していてほしいですね。今のうちから祈っておきます!

M-1公式サイトは↓です。
https://www.m-1gp.com/

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

『芸能人格付けチェック』和の常識編の結果

本日放送された『芸能人格付けチェック』和の常識編(ABCテレビ)。
西岡德馬、梅沢富美男、小林幸子、陣内孝則、竹内力、三田寛子、堀内敬子、博多華丸・大吉、荒川静香、高橋みなみが一つのチームとして格付けチェックに挑むという内容でした。
結果は二流芸能人。1チーム制での格付けチェックでは、おそらく最高位でしょう。その証拠に結果発表の際に進行役のアナウンサーが「いつもなら"映す価値なし"か"そっくりさん"」と言ってましたからcoldsweats01
今回は女性陣(特に小林と荒川)がかなり頑張ってくれたと思います。その反面、男性陣が不甲斐なさを露呈しておりました。毎回非常識さを露呈してしまう梅沢と陣内は言わずもがなですが、初挑戦の竹内も散々でした。
まぁ、不甲斐ない人がいなければ、番組的には面白くないので、彼らの存在は必須なのですsmile

次回の『格付け常識編』は来年の春頃の放送になるでしょう。おそらく今回と同様に1チームでの挑戦となるはずです。
また楽しませてもらいますhappy01

| | コメント (0)

2017年10月 5日 (木)

10/10放送『芸能人格付けチェック』和の常識編

ABCテレビが誇る超人気特番『芸能人格付けチェック』の待望の新作が10月10日に放送されます。
今回、一流芸能人たちが挑むのは「和の常識」。和=日本文化であり、計6つの日本文化の常識をチェックしていくという内容です。
挑戦者は西岡德馬、梅沢富美男、小林幸子、陣内孝則、竹内力、三田寛子、堀内敬子、博多華丸・大吉、荒川静香、高橋みなみ。1つのチームとして挑むため、規定のラインに到達しなければ、どんどん格付けが下がっていきます。最後の最後まで下がってしまうと、「映す価値なし」になってしまい、画面が消えてしまいます。
1チームでの『格付けチェック』はこれまで数回行われていますが、ほとんどの結果は「映す価値なし」です。今度の結果はどうなるでしょうか。予告編を見る限り、どうやらまた梅沢が足を引っ張ってるような感じですがcoldsweats01
ともあれ、今回も笑えること、間違いなしでしょう。仕事終わりに『格付けチェック』で爆笑して、明日からの活力にしたいと思っています。

| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

貴重な全国ネット出演:吉本新喜劇勢

今月23日にフジテレビ系にて放送される『ENGEIグランドスラム』。
全30組の芸人が出演する演芸番組であり、出演者全員が誰もが面白いと認める(もちろん個人差はありますがcoldsweats01)芸人ばかりです。
私のお目当ては中川家、フットボールアワーなどですが、一番は吉本新喜劇勢でしょうか。出演する新喜劇座員は小籔千豊、すっちー、川畑泰史、島田一の介の4名、つまり3座長+ベテラン脇役という構成です。地元・関西ではなかなか見れない組み合わせなのは、やはり全国放送だからでしょうかsmile
とはいえ、貴重な機会であることは間違いありません。新喜劇の座員が全国ネットの番組に出演するのはほとんどないですから。
特に一の介師匠が全国ネットの番組に出るのはかなり久しぶりのはずです。果たして、どんなネタをやってくれるのかなー。

本格的にネタ見せ番組を見るのはお正月以来かな?せっかく放送されるのだから、とことん楽しませてもらいますhappy01

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

ひっそりと解散していた漫才コンビ

1990年代半ばから2000年代半ばまで、主に関西を中心に活動していた高井俊彦と中川貴志の漫才コンビ、ランディーズ。
テレビや舞台に数多く出演し、第21回(2000年)ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞、第31回(2001年)NHK上方漫才コンテスト最優秀賞を受賞するなど活躍していましたが、2007年に二人揃って吉本新喜劇に入団。その後はコンビとしての活動は全くされてない状態でした。
最近になって、ふと「ランディーズは今どうなってるのか?」と思い、検索してみました。そして知ったのが「すでに解散していた」という衝撃的な事実でした。

確かに高井のツイッターに↓のように書かれてました。

Takai
高井は現在も新喜劇で活躍中です。一方の中川は昨年に新喜劇を退団しています。同時に芸人も廃業したようです。
もうランディーズの漫才は観れないのかと思うと、少し寂しい気がします。かつて、毎月のように劇場に足を運んでいた時はよくランディーズの漫才を観ていましたので、尚更そう思います。
幸いにいくつかの漫才がDVD化されております。いざとなったら、そちらを観ればいいですね。

しかし、まさかひっそりと解散していたとは思わなかったなぁ。特に不仲とかトラブルとかがあったわけでないし、本当に自然消滅みたいな形でしたね。
解散する漫才コンビは沢山おりますが、自然消滅の状態で解散するコンビはあまりいないと思います。とても珍しい事例ですね。

| | コメント (0)

2017年7月29日 (土)

公演レポート:「オール阪神・巨人3夜連続漫才」第二夜

Df5jmufu0aaogu9
本日はYES THEATER(大阪市中央区)で開催中の「オール阪神・巨人3夜連続漫才」の第2夜を観てきました。
この公演は文字通り、漫才コンビのオール阪神・巨人が3夜連続で漫才を披露するという内容です。1日3本、つまり3日間で計9本の漫才を披露します。他、ゲストとのトークと他芸人の演芸も含まれています。
以下、本日の公演の内容です。

司会:近藤光史(元・毎日放送アナウンサー)
①オープニング:司会者のトークおよびオール阪神・巨人ヒストリー動画公開
②漫才「新婚旅行」
③演芸:もりやすバンバンビガロ
④漫才「カルチャーセンター」
⑤ゲスト・桂文枝を交えてのトークコーナー
⑥オール阪神・巨人プライベート映像公開
⑦漫才「カラオケ」
⑧オール巨人サプライズ歌唱「男の子守唄」
⑨エンディング

約2時間の公演でしたが、最初から最後まで笑いっぱなしでした。
メインの阪神・巨人のご両人は当然ですが、司会者・ゲストも非常に面白い。特にもりやすバンバンビガロの芸(ジャグリング)に自分も参加してしまった時は、戸惑いつつも貴重な機会を与えてもらったと感謝しておりますsmile
漫才3本共に好きなネタであったことが嬉しかったです。とりわけ「カラオケ」のネタは何回観ても飽きないですね。展開がわかっているのに笑ってしまう。本当に感服してしまいますね。

ご両人の漫才を生で観るのは1年3ヶ月ぶりでした。前回はショッピングモールでの鑑賞でしたので、きちんとした劇場で観るのは2年ぶり。ショッピングモールもいいけど、やはり劇場で観ることに醍醐味がありますね。

心から満足できる公演でありました。いずれ公演の模様はテレビ放送もしくはDVD化されそうなので、されたら絶対に観ることにします!

| | コメント (0)

2017年7月26日 (水)

吉本新喜劇の新たな歴史誕生へ

今日から始まっている『吉本新喜劇「酒井藍」新座長就任公演」。
新喜劇の開演前に、座長就任の口上が開かれました。これは新喜劇にとって新たな歴史の誕生の瞬間でした。
何と言っても今回は初の女座長ですから、多方面で注目を集めたと思います。これまでにも個性的な女優は沢山いたけど、座長に就任した人はいませんでした。
本当に新たな歴史の誕生だったといっていいはずです。

↓のように、複数のメディアで座長公演の模様がレポートされています。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/26/kiji/20170726s00041000142000c.html

この公演のテレビ放送が楽しみです。もしかしたら特番形式になるかも…。

| | コメント (0)

2017年7月12日 (水)

誰でも楽しめる古典落語「あくび指南」

唐突ですが、「古典落語=難しい」というイメージを持っている方は決して少なくはないと思います。
確かに難しい演目はあります。時間が長い、言葉遣いがわからないなどの理由から、古典落語を敬遠しているお笑いファンも多いでしょう。
しかし、中には誰でも楽しめる古典落語の演目も存在します。以下の動画で聴ける「あくび指南」です。

いかがでしょうか?
難しさは感じられなかったと思いますし、演者の6代目三遊亭円楽師匠の話術もあって
適度に笑えたのではないでしょうか。
この演目を初めて観たのはもう20年以上前。『笑点』(日本テレビ系)で立川志の輔師匠が演じられていました。これが結構面白かったんですよねhappy01

最近ふとそのことを思いだし、演目が知りたくて色々調べたところ、「あくび指南」であることがわかりました。
円楽師匠もいいけど、できればもう一度志の輔師匠が演じているところを観たいです。どなたか『笑点』出演時の映像をアップしてくれないかなー。

| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

オール阪神・巨人、三夜連続漫才イベント開催

毎日見ているブログの一つに、「オール巨人の一笑懸命・フルスイング!」があります。文字通り、オール巨人師匠のブログです。いつもこのブログを読んで、元気をもらっています。

今日、このブログにて嬉しいお知らせがありました。
7月28、29、30日の三日間、オール阪神・巨人が三夜連続で漫才ライブを開くことを通知されたのです。

詳細は以下の記事をお読みください。

阪神巨人からの、大切なお知らせです!
https://blogs.yahoo.co.jp/all_kyojin_blog/47486273.html

正式な発表は今月15日以降と書かれています。確かにこの公演の詳細については、今のところ巨人師匠のブログにしか書かれていません。チケットもまだ販売されていないようです。
もっともこれは非常に嬉しいお知らせですね。お二人ならではの正統派漫才を存分に堪能できるはずです。
本当は3日間全て行きたいところですが、さすがにそれは無理なので、1日だけ行こうと思っています。

これで一つ7月に行くイベントが決まりましたhappy01

| | コメント (0)

より以前の記事一覧