CM

2018年5月26日 (土)

【CM】日経サービスその2

定番のCMネタです。今回は前回のCMネタで取り上げた「日経サービス」のCM第二弾です。


出演者は島田一の介と金原早苗。共に吉本新喜劇の座員であり、親子という設定です。
すっかりだらけた一の介を早苗が叱咤して働かせます。そして、その職業が日経サービスが紹介する警備員やビルメンテナンスである…というのが大まかな内容です。
一の介師匠が新喜劇で見せる名バイプレーヤーがこちらのCMでも発揮されています。どんな役柄でもこなせるので、警備員やビルメンテナンスの制服もばっちりはまってますねー。

新喜劇座員による「日経サービス」のCMは、他にも制作されてよさそうなものですが、今のところ2パターンしかないようです。
もっとパターンが増えることを祈って(?)、当記事を執筆しました。この祈りが叶いますように…。

| | コメント (1)

2018年5月14日 (月)

【CM】日経サービスその1

定番のCMネタですが、今回は関西ローカルCMを取り上げます。

警備保障、ビルメンテナンス、人材派遣など様々な事業を手がける「日経サービス」のCMです。
出演者は未知やすえと金原早苗。二人とも吉本新喜劇の座員ということで、まさに関西ローカルならではのCMでしょうね。
二人は親子という設定です。確かに二人の年齢差(24歳)なら親子だとしても違和感がないです。
新喜劇の座員が出演しているものの、お笑いの要素はほとんどありません。唯一あるのはやすえの口と歯を鳴らすネタぐらいでしょうか。
関西ローカルのCMということで、在阪の民放各局で放送されていると思われますが、今のところ毎日放送の『よしもと新喜劇』以外では観たことがありません。もし他に観れる番組があったら、情報提供ください。

なお、同社のCMはもう1パターンあり、そちらには金原と島田一の介師匠が出演されています。次回のCMネタでは、そのCMを取り上げたいと思いますhappy01

| | コメント (0)

2018年4月30日 (月)

【CM】パチンコ ひまわり

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

北海道・東北にチェーン展開しているパチンコ店「ひまわり」のCMです。
米米クラブが歌う「でましたプルルンじーさん」をBGMに様々な人が踊ったり、歌ったりしています。とてもパチンコ店とは思えない内容ですね。というか、このCMに限らず、北海道ローカルCMは映像の内容と宣伝するものが一致してないCMが多いのですがcoldsweats01
CMの映像は変われど、CMソングは長く使われていたようです。もしかしたら、今も使われているかも?
映像・CMソング共に印象に残るものでしたので、紹介しました。

なお、1990年代の「ひまわり」のCMでは、円広志の代表曲「夢想花」がCMソングとして使われていました(歌唱は円本人ではなく別人)。その映像を探してみたのですが、見つからず。
もし見つけたら、紹介したいですねー。

| | コメント (0)

2018年4月17日 (火)

【CM】パチンコ GORILLA 朝市編

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

函館市のパチンコ店「GORILLA」のCMです。
内容は函館にある朝市「北海屋」の店員2名がゴリラをPRするというもの。北海屋は実在するものの、この2名が本物の店員かはわかりません。もしかしたらタレントかも?
一見、朝市をPRしているかに見えますが、セリフは完全にパチンコを指しています。「新鮮な出玉がいっぱいだよ」がその証明ですね。
YouTubeの動画の詳細にて、「2010/07/28に公開」となってるので、おそらくその頃に放送されたものでしょう。もう1本、同じ日に公開されているGORILLAのCMがあり、そちらも同時期に放送されたと思われます。
その時点ではもう故郷の北海道を離れてるので、実際のテレビ放送は観たことがありません。しかし故郷を離れてても、インターネットを使えばこうして観ることができます。また、一つ個性的でユニークな北海道のCMを発見することができましたねhappy01

GORILLAは函館のパチンコ店では老舗であり、パチンコファンには馴染みのあるお店のようです。が、今年3月に大手パチンコチェーンに買収されたという情報があります(詳細はこちら)。
ということは、もうGORILLAのCMは観れなくなるわけですね。貴重な動画になってしまったのか…。

| | コメント (0)

2018年3月27日 (火)

【CM】日清食品「うそ」

定番のCMネタです。今回はこちら。

かつて日清食品が販売していたカップラーメン「うそ」のCMです。
このカップラーメンの存在は全く知らないのですが、上記動画によると最低でも計4パターンのCMが制作されているため、それなりに人気があったのでしょうか。
もしかしたら私の故郷の北海道では販売されてなかったのかも?

4パターンの中で、特に注目すべきなのは0:30から始まる3パターン目。キャバクラ(?)で働く娘を、たまたま客として来ていた父親が一喝するという内容ですが、この父親役が何と吉本新喜劇のベテラン座員であるやなぎ浩二。ベテランだし、持ちネタもあるけれど、長年新喜劇を見ていてもその存在を知らない人も沢山いるのでないでしょうか。
ある新喜劇ファンのサイトにて、このCMのことに触れ、「誰が彼(やなぎ)をCMに起用したのでしょうか?」と疑問を投げかけていましたが、私も同感です。スタッフがよほどの新喜劇マニアだったか、あるいは所属会社(吉本興業)からの熱烈な売り込みがない限りは起用されないと思います。ご本人には申し訳ないけどcoldsweats01
ただ、ある意味では貴重なCMですね。これ以外に出演したCMはないでしょうからsmile

今日は非常にマニアックなネタの記事でしたsweat01

| | コメント (0)

2018年3月12日 (月)

【CM】パーラー 太陽 宮の沢店

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。



パチンコチェーン「パーラー太陽」のCMです。
故・春風亭柳昇師匠と外国人女性が落語で「太陽」をPRするという内容で、最後に新規にオープンする宮の沢店(札幌市西区)が紹介されて終わります。
いつ頃放送されていたのかは不明ですが、1980年代後半から90年代半ばと推測します。柳昇師匠が出られていたCMは何度か見かけた記憶があり、それは自分が小学生、中学生の頃でした。なので、80年代後半から90年代半ばと思ったのです。
北海道のパチンコ店のCMに落語家の大御所が出演するという、今では考えられない内容でした。バブル期の象徴と言えそうです。

紹介されている宮の沢店は現在も営業中です。パチンコをしないのでまず行くことはありませんが、もし店の前を通る機会があったら、「ここが柳昇師匠が宣伝していたお店か」と思うようにしますsmile

| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

PGSホームの最新CM

関西在住者ならば一度は目にしたことがあると思われる「PGSホーム」のCM。ダンスミュージック風のCMソングと実際にダンサーが踊るシーンでお馴染みです。
このたび、そのPGSホームのCMの最新版が公開されました。すでにテレビで流れておりますので、実際に見られた方もおられるでしょう。


前回は男性3人のシルエットが踊っている内容であったのに対し、今回は実写の女性3人が踊るものに変わっています(CMソングは変わっていない)。
ダンスを全面的に押し出しているのは良いのですが、その分会社のPRになってないような気がします。本来のPRであるべきはずの住宅が全く出てきませんしね。しかも、HPのアドレスや会社の電話番号すら表示されてない。よって、このCMを観てPGSホームに興味を持った方は、自分で検索しなければなりませんね。
それはそれでちょっと不親切なような気がします。

PGSホームがCMを放送するようになって、最低でも10年は経っていると思いますが、歴代のCM全てにダンサーが登場します。これが最大の特徴ですね。

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

【CM】耐雪ハウス

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

かつて存在した住宅会社、耐雪ハウスのCMです。こちらの会社は後に会社名を「木の城たいせつ」に変更しています。おそらく変更後の会社名の方が世間に浸透しているでしょう。
文字通り、雪に耐える住宅を販売していました。いかにも雪が降る北海道らしい会社名ですね。
耐雪ハウス時代から、同社の住宅は「木の城」と名づけられていました。これが後の企業名となるぐらいですから、会社の代名詞となっていたのは間違いないでしょうね。

残念ながら、私は木の城たいせつに改名した後しか知りません。よって耐雪ハウス時代のCMは見たことがありませんでした。
YouTubeで見つけなければ、一生知らないままだったでしょうね。今となっては本当に貴重なCMだと思います。

長年にわたり、北海道民に親しまれた耐雪ハウス→木の城たいせつですが、2008年にまさかの経営破たん、道民に衝撃を与えました。その後、大阪の住宅メーカーが救いの手を差し伸べ、見事再生しました。
今では破たん前の面影がほぼ消え去っているようですが、北海道を代表する住宅メーカーとしての地位は不動です。

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

【CM】1986年の北海道ローカルCM

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。


1986年に放送された北海道ローカルCMです。美容院、不動産会社、観光施設、コンサートなど様々なCMが含まれています。
その中で注目したのは1:58から流れる「ユーパロ・ミュージック・フェスティバル」のCM。今は閉鎖してしまった夕張市の「石炭の歴史村」野外ステージで行われるイベントのCMですが、「こんな人たちが夕張に来ていたとは」と驚きましたねぇ。なんせ、あのBOØWYが来ていたんですから。他にもRCサクセションやARBといった人気バンドの名前もありました。
当時、それらのアーティストが上がった野外ステージは、見事に寂れてしまっています…。

「石炭の歴史村」は閉鎖してしまいましたが、「常口アトム」や「つぼ八」といった現在も営業中の会社やお店もあります。どうしても時代の流れを感じてしまいますねcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年12月26日 (火)

【CM】日産・リーフ スリーアミーゴス編

昨日に続き、またも『踊る大捜査線』のスリーアミーゴスネタでいきます。
こんなCM動画を発見しました。


2012年に放送された日産・リーフのCMです。
同年公開された映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(劇場版最終作かつ『踊る~』の完結編)のプロモーションを兼ねて、制作されたものです。
CMでも変わらず、コミカルな演技を披露してくれています。この3人が出てきただけで、笑っちゃいますねhappy01最後は完全に車そっちのけとなっているのが実に面白い。

『踊る~』ではコミックリリーフの3人ですが、他の作品ではシリアスな演技も披露しています。ただ、神田署長役の北村総一郎は『踊る~』同様に完全にコミックリリーフとなっている出演作がありました。その作品は『踊る~』の後に制作されているので、間違いなく『踊る~』を意識しての配役だったんだろうなと思っていますsmile

『踊る~』が完結した今となっては、正式にスリーアミーゴスとして登場する機会はないと思われるので、これも貴重な映像の一つになるでしょうね。
なお、スリーアミーゴスが出演したCMは他にもあるので、そちらも見つけ次第、紹介します。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧