CM

2017年7月13日 (木)

【CM】雑誌「クォリティ」

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

北海道内のみで発行されている月刊誌「クォリティ」のCMです。
「クォリティ」は道内の経済や政治を扱う雑誌です。主に掲載されているのはノンフィクションやエッセイですが、小説も連載されています。独自の文学賞も主催しています。
上記は「クォリティ」の創刊50周年を記念して制作されたCMです。道内在住時から存在は知ってましたが、正直そんなに歴史があるとは思いませんでしたねー。

上記CMを見て、「クォリティ」の公式サイトをのぞいたところ、なかなか興味深そうな記事が沢山載っていることに気付きました。
次回の帰省時に買って読んでみようかなーと思っています。

なお、北海道にはもう一つ道内のみで発行されている月刊誌があります。
それは「財界さっぽろ」で、「クォリティ」と同じく道内の政治や経済を扱っています。こちらも面白そうなので、あわせて読んでみようかな?

| | コメント (0)

2017年6月30日 (金)

【CM】ギャッツビーフェイシャルウォッシュ

定番のCMネタです。今回はこちら。

2009年に放送された洗顔料「ギャッツビー フェイシャルウォッシュ」(マンダム)のCMです。
フットボールアワー・岩尾望が洗顔すると、突如木村拓哉に変身するという内容。要はこの洗顔料を使うと、いい男になるよということですねhappy01
私も「フェイシャルウォッシュ」を愛用しています。にも関わらず、キムタクになれなかったです!というか、それは当然ですがcoldsweats01

このCMが放送された頃がちょうど「フェイシャルウォッシュ」を使い始めた時期でした。気付けば、8年近く経過しています。
幾度か他の洗顔料を使いましたが、やはりこれが一番だと思っています。

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

【CM】関西電力「関電ガス 切替簡単」編

定番のCMネタですが、今回は珍しく関西ローカルのCMを取り上げます。

関西電力の「関電ガス 切替簡単」編です。
今年の4月より放送されているこちらのCMは、吉本新喜劇の中條健一が出演していることで話題となっています。
中條が演じているのは新喜劇と全く同じキャラクターです。トサカ頭に緑一色の服装、新喜劇を観ている人ならば、すぐにわかるスタイルですね。
どういう経緯で彼がCMキャラクターに起用されたのかは不明ですが、うまくCMに溶け込んでいますsmileいい意味で、記憶に残るCMとなったように思います。

初めて観た時は、「え?何で中條が出てるのか?」と疑問でしたけど、何回も観ていくうちにいつのまにか違和感を感じなくなりました。
今ではテレビで観る機会があるごとに喜びを感じているぐらいです。ただ、タイミングがなかなか合いませんcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年5月24日 (水)

【CM】芦別スターライトホテル

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

芦別市の温泉旅館「芦別スターライトホテル」のCMです。
少なくとも現時点で存在する芦別のホテルでは最高峰の設備を保っていると言えそうです。芦別のキャッチフレーズである「星のふる里」を象徴する観光施設でもあります。
いつ頃オープンしたのかは不明ですが、20年以上前にはすでにオープンしていたはずです。その証拠として、1993年に放送されたCM「星のふるさと・芦別」にて紹介されております(そちらの動画はこちら)。

上記は2010年に放送されたCMです。星占いにてスターライトホテルのどのプランがよいかを紹介するというもので、合計2パターンが存在します。
今もCMは放送されているのでしょうか。されていたとしても、頻度は高くなさそう…。

かつて芦別は炭鉱の町として栄えました。それが壊滅したため、観光産業に力を入れるようになりました。
一時は繁栄した観光産業ですが、バブル崩壊の煽りを受け、徐々に衰退。今ではほとんどの観光施設が閉鎖されている状態です。
スターライトホテルはその中で生き残った数少ない観光施設の一つです。今後も存在感をアピールしてほしいです。

| | コメント (0)

2017年5月10日 (水)

【CM】味の素 ほんだし 1992

定番のCMネタです。今回はこちら。

1992年に放送された味の素「ほんだし」のCMです。
CMキャラクターは三田佳子。当時、味の素以外にも数多くのCMに出演し、好感度No.1女優の地位を確立しておりました(後に息子の不祥事でその地位を明け渡すことに…)。上記のCMが放送されていた時は、まさにその地位にありました。
調味料のCMということで、ほのぼのとした雰囲気が漂っています。登場する一家も幸せな一般家庭そのものです。CMソングである松山千春の「INTENTIONAL」もほのぼのとしています。

このCMは自ら検索して見つけました。検索ワードは「松山千春 CM」で、それに見事に引っかかったんですね。
千春本人は出演していないけど、彼の曲がCMに使われています。その関係で検索に引っかかったというわけです。

この曲は同年発売のシングル曲ですが、現在も所属している日本コロムビア移籍第一弾のシングルです。そうした意味では、千春にとって重要な位置づけとなったCMと言えるかもしれません。

「ほんだし」は現在も販売され続けているベストセラーの調味料です。ただ、自分は料理をしないので使ったことは一切ないですcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

【CM】パチンコドンキー

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

札幌市のパチンコ店「ドンキー」のCMです。
最初はバスケットボールの選手がドリブル、シュートをしているだけ。一見、何のCMかはわからないですが、中盤に選手の持つボールがパチンコ玉に変身します。そして、パチンコ店の名前が大きくテロップで表示されることにより、パチンコ店のCMであることが判明するという内容です。最後にはドンキーのオリジナルCMソング(♪Welcome donkey~)が流れます。
もっとも、よく見ると選手のユニフォームに「DONKEY」のロゴマークがありますね。ドンキーを知る人ならば、すぐ気付けるでしょうhappy01

ドンキーのCMはいくつか見ましたが、上記のCMは記憶になかったです。覚えているのはドンキーのお店の外観が映るもの、そして前述のCMソングです。CMの内容は覚えてなくても、曲だけは覚えている道内在住者もいるのではないかと思います。覚えやすいメロディーでしたから。

パチンコ「ドンキー」は、上記のCMのテロップにもあるように道内に複数の店舗が存在しましたが、今は1店舗しか存在しません。
更には唯一の店舗も別のパチンコ店となっており、ドンキー自体は消滅してしまいました。よって、もうドンキーのCMを見ることはできないのです。
もはや再放送の機会もないでしょうから、今となってはCM動画を所持している方がネット上にアップしてくれるのを待つしか見る方法はないですねー。
「北海道ローカルCM全集」みたいなDVDが出ないかなー?

| | コメント (0)

2017年4月10日 (月)

【CM】コカ・コーラ 渡辺貞夫&松山千春編

定番のCMネタです。今回はこちら。

清涼飲料水の定番、コカ・コーラのCMです。
上記動画には計2種類のCMが収録されていますが、いずれも著名なアーティストが出演しています。
最初のCMの出演者はサックス奏者のナベサダこと渡辺貞夫。日本を代表するサックス奏者が軽やかに爽やかにサックスを奏でています。バックに映る派手なコカ・コーラのロゴのセットも印象的です。
2つめのCMの出演者は歌手の松山千春。雪が出てくるところから、彼の故郷である北海道で撮影されたと思われます。その後、暖炉のある部屋でコカ・コーラを満足そうに飲み干します。
2つとも1980年代に放送されたものと推測します。千春のCMは83年頃でしょう。なぜならBGMが83年に発売したシングル「Sing a Song」だからです。
一方のナベサダのCMはネットの情報によると82年ごろだそうです。

千春がコカ・コーラのCMに出ていたことは昔から知ってましたが、ナベサダは知りませんでした。
二人とも若くかっこいいですね。千春はもはや別人のような風貌になってしまいましたがcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日)

夕張の数少ない生き残り観光施設のCMを発見

こんな動画を発見しました。

1977~79年に放送された北海道ローカルCM集です。
70年代ということは、自分はまだ生まれていません。よって、全て観たことのないCMです。さすがに古臭いですねcoldsweats01
中にはローカルCMでありながら、超大物俳優を起用しているCMもあります。ただし、それは東京に本社のある企業の札幌支店をPRしているものであり、見方を変えればローカルCMではありません。よって、超大物俳優を起用したとしても不思議ではないんですね。
わずか10分弱の間に沢山のCMが収められていますが、特に注目したのは8:24より始まるレースイ国際スキー場のCM。このスキー場は夕張市に存在します。ただし、現在は名称から"国際"が外されています。
夕張は2006年に財政破たんしました。この影響で市内にあった観光施設のほとんどは閉鎖されましたが、レースイスキー場は現在も営業中(注:冬の時季のみ)です。
つまり40年前から現在に至るまで存在している、夕張の数少ない観光施設の生き残りなのです。もっとも、ここも財政破たんの要因の一つになりましたが…。
白い想い出」のキャッチフレーズも今となっては皮肉に聞こえてしまいますsweat01

またまた貴重なCMを発見しました。
このネタだけは、いつまでも記事を書いていけそうですhappy01

| | コメント (0)

2017年3月13日 (月)

【CM】サッポロクラシック 1993年

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

1993年に放送された「サッポロクラシック」のCMです。
「サッポロクラシック」とは、サッポロビール社が製造販売している北海道限定のビールです。コクのある辛口の味が特徴で、普段はチューハイばかりでほとんどビールを飲まない自分が好きと言える数少ないビールの一つです。
CMキャラクターは森本レオ。上記動画には2パターンのCMが収められていますが、前者はスーツ姿なので、どことなく森本自身がレギュラー出演している『土曜ワイド劇場・西村京太郎トラベルミステリー』(テレビ朝日系)で演じている西本刑事のように見えてしまいますsmile撮影地がJR札幌駅ということで、そこに捜査をしに来ているとしても不思議でないし。ただ、本当に捜査に来ていたら、ビールは買わないでしょうけどcoldsweats01

サッポロクラシックは、1985年に販売開始。ご当地ビールの先駆けとして知られています。
原則販売は北海道限定となっていますが、通販や北海道物産展で取り扱われているため、道外でも容易に入手可能です。
今月末に帰省した時にまた飲みたいなーと思っていますbeer

| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

【CM】平成館 「オープン」編B

定番の北海道ローカルCMネタですが、今回は前回と同じ函館市のホテル「平成館」のCMです。

前回紹介したオープン編・C同様、CMキャラクターは大滝秀治さん(故人)が務めています。やはり大滝さんの語りは旅の良さを伝えるだけで、平成館には一切触れないし、また映像の中に平成館らしき建物は映りません。最後に平成館のオープンを告知するナレーションとテロップがなければ、何のCMかわかりませんねcoldsweats01
あと、大滝さんと一緒に居る女性も気になります。女優なのか、エキストラなのかわかりませんが、結構若い女性です。そのために、下手すれば祖父と孫娘が旅行しているみたいに見えてしまうかも?

本CMは、平成館を運営するトーホウリゾートの公式チャンネルにアップロードされています。トーホウリゾートの公式サイトにもアップされており、そこに「1990年5月(に放送)」と表記されています。これがなければ、いつ放送されたのかが分からないままでした。
北海道ローカルのCMでありながら、誰もが知っている大物俳優が起用されています。しかし、本CMに関する情報はほとんどネット上にないです。あまり話題にならなかったのか…。

CMネタは当ブログにおける定番記事です。もう相当前から書いてますが、ネタは尽きないですねー。
最初に書いた時は、まさかここまで続くとは思いませんでした。今後も当ブログの看板(?)としていきますsmile

| | コメント (0)

より以前の記事一覧